JALとコカ・コーラのコラボCMソング、ケツメイシ「青空」歌詞の意味(解釈)とは?〜どんな時も空が見守ってくれる〜

ケツメイシ

ケツメイシの「青空」は、JALとコカ・コーラのコラボCMソングです。

ケツメイシの「青空」はどのような曲なのでしょうか。

ケツメイシの「青空」の歌詞の意味を考えていきます。

ケツメイシ「青空」歌詞

作詞:ケツメイシ
作曲:ケツメイシ・tasuku

いつからか空見上げなくなった
追われる日々が嫌でダルかった
籠りきりの部屋 窓から覗いた
抜ける青空が 心ほどいた

見上げればなぜか 穏やかな気持ち
心も晴れる 朗らかな人に
空が青いうちは生きていける
大丈夫 君は君でいれる

世の中は変わらずバタバタしてる
正直に生きて またバカ見てるが
青空は変わらずそこにあって
生きる勇気の源になってる

見上げれば悩みも ちっぽけだって
背中押してくれる 「いっとけば?」って
恐れ、葛藤、不安に迷うな
見上げればホラ そこに青空

ただ空は青に染まって 僕らの未来を引き立てた
まだ空は青く染まって 弱気な心掻き立てた
愛を… 愛を… 惜しみない愛を 未来へと届け続けて
夢よ… 夢よ… 限りない夢を 未来へと繋ぎ合わせて行こう

世の中 常に変わってくが
いつも空は青く笑ってる
辛い時は窓から問いかけて
流れる白い雲追いかけて

僕らは未来へ旅の途中
何かがあれば深く呼吸
また今日も少し大人になって
青空はどこでも君を待ってる

東の空から蒼い明かり
「おはよう」「おやすみ」みんなに優しい
生かされて やりたいように
満たされても 恥じないように

広い空の下 みんな迷子
でも信じて背中押す風 愛を
あの重たい雲もいつか去ってく
青空が笑顔でいつも待ってる

ただ空は青に染まって 僕らの未来を引き立てた
まだ空は青く染まって 弱気な心掻き立てた
愛を… 愛を… 惜しみない愛を 未来へと届け続けて
夢よ… 夢よ… 限りない夢を 未来へと繋ぎ合わせて行こう

青空の真下 浴びる太陽は
夢見る明日への開放感
手を広げ光合成
目を閉じて創造性
きっと良いことがあるはずだから…
もっと良いことがあるはずだから…

ただ空は青に染まって 僕らの未来を引き立てた
まだ空は青く染まって 弱気な心掻き立てた

ただ空は青に染まって 僕らの未来を引き立てた
まだ空は青く染まって 弱気な心掻き立てた
愛を… 愛を… 惜しみない愛を 未来へと届け続けて
夢よ… 夢よ… 限りない夢を 未来へと繋ぎ合わせて行こう

世の中は変わらずバタバタしてる
正直に生きて またバカ見てるが
青空は変わらずそこにあって
生きる勇気の源になってる

見上げれば悩みも ちっぽけだって
背中押してくれる 「いっとけば?」って
恐れ、葛藤、不安に迷うな
見上げればホラ そこに青空

ケツメイシ「青空」歌詞の意味(解釈)とは?

ケツメイシの「青空」は、どんなことがあっても空が変わらずあると伝えていくれている曲です。

ケツメイシの「青空」は、具体的にどのようなことを伝えているんでしょうか。

ケツメイシの「青空」の歌詞の意味を考えてきます。

いつからか空見上げなくなった
追われる日々が嫌でダルかった
籠りきりの部屋 窓から覗いた
抜ける青空が 心ほどいた

慌ただしい生活の片隅に自然があります。

忙しくて覗けなくなっても自然はそこにあるんです。

いつも何億年もそこに青空はあります。

見上げればなぜか 穏やかな気持ち
心も晴れる 朗らかな人に
空が青いうちは生きていける
大丈夫 君は君でいれる

どんなことがあっても変わらず空は青く澄み渡っています。

その綺麗な空を見ると心まで洗われるんです。

必ずいてくれる空があれば何が起きても挫けずにいられます。

世の中は変わらずバタバタしてる
正直に生きて またバカ見てるが
青空は変わらずそこにあって
生きる勇気の源になってる

世の中がどんなに激変しても自然は必ずそこにあります。

どんなことがあっても変わらないものがあるんです。

それが勇気に変わります。

見上げれば悩みも ちっぽけだって
背中押してくれる 「いっとけば?」って
恐れ、葛藤、不安に迷うな
見上げればホラ そこに青空

大きく広い空が語りかけてくれます。

ちっぽけな私の世界を見守ってくれているんです。

何があったとしても、空の大きさが包んでくれるんです。

ただ空は青に染まって 僕らの未来を引き立てた
まだ空は青く染まって 弱気な心掻き立てた
愛を… 愛を… 惜しみない愛を 未来へと届け続けて
夢よ… 夢よ… 限りない夢を 未来へと繋ぎ合わせて行こう

自分だけじゃない。

世界はあらゆるものと繋がっています。

世界は多くの生物が共に生きています。

そしてそれは時空をも超えていくんです。

自分たちだけじゃない。
周りの人も、何千年も先の未来の人のことも考えさせてくれるんです。

空はとても大きな存在なんです。

世の中 常に変わってくが
いつも空は青く笑ってる
辛い時は窓から問いかけて
流れる白い雲追いかけて

どんなに時が移ろっても空だけは変わらず存在しています。

何億年前も空は同じように存在していたんです。

空はどんなことをも経験しています。

僕らの大先輩なんです。

僕らは未来へ旅の途中
何かがあれば深く呼吸
また今日も少し大人になって
青空はどこでも君を待ってる

どんなことが起きてもいつも空があります。

大きな空の空気を吸い込んでパワーに変えるんです。

空が力を与えてくれます。

東の空から蒼い明かり
「おはよう」「おやすみ」みんなに優しい
生かされて やりたいように
満たされても 恥じないように

空がいつも見守ってくれています。

空はいつも寛大なんです。

僕らも空のようにありたいんです。

ただただ雄大に、誰も傷付けず。

広い空の下 みんな迷子
でも信じて背中押す風 愛を
あの重たい雲もいつか去ってく
青空が笑顔でいつも待ってる

辛いこともあります。

どうしたらいいことだってあります。

でも雨の後は必ず晴れがやってきます。

空は巡る巡る人生を教えてくれているんです。

ただ空は青に染まって 僕らの未来を引き立てた
まだ空は青く染まって 弱気な心掻き立てた
愛を… 愛を… 惜しみない愛を 未来へと届け続けて
夢よ… 夢よ… 限りない夢を 未来へと繋ぎ合わせて行こう

いつも空が応援ていくれています。

後世につなぐ勇気を与えてくれます。

全てはみんなのために、全ては未来のために。

青空の真下 浴びる太陽は
夢見る明日への開放感
手を広げ光合成
目を閉じて創造性
きっと良いことがあるはずだから…
もっと良いことがあるはずだから…

自然の大きさが希望を与えてくれます。

世の中の悩みなどちっぽけなものなんです。

自然はそんなこと関係なしに営んでいます。

周りの生物たちを見て、想像するんです。

僕らにだって同じことができることを。

明日は必ずあり、今は明日に繋がっています。

ただ空は青に染まって 僕らの未来を引き立てた
まだ空は青く染まって 弱気な心掻き立てた

ただ空は青に染まって 僕らの未来を引き立てた
まだ空は青く染まって 弱気な心掻き立てた
愛を… 愛を… 惜しみない愛を 未来へと届け続けて
夢よ… 夢よ… 限りない夢を 未来へと繋ぎ合わせて行こう

いつも変わらないものがあるんです。

何が起きても変わらないものがあります。

それは生きる勇気につながるんです。

何かは必ず元に戻る。

必ず帰ってくるんです。

世の中は変わらずバタバタしてる
正直に生きて またバカ見てるが
青空は変わらずそこにあって
生きる勇気の源になってる

慌ただしい日常の中に大きく寛大な自然があります。

人間の生活は忙しないんです。

それでも自然は惑わされずに大きく存在しているんです。

どんなことがあろうとも変わらないものがあります。

それが自然の摂理なんです。

見上げれば悩みも ちっぽけだって
背中押してくれる 「いっとけば?」って
恐れ、葛藤、不安に迷うな
見上げればホラ そこに青空

どんな問題があろうともいつも変わらないものがあります。

何が起きても空は僕らを出迎えてくれるんです。

空はいつも同じようにそこにあるんです。

そこには変わらないものがちゃんとあるんです。

それが勇気に変わります。

ケツメイシ「青空」を聴いた感想

木の写真

木は何千年も生きます。

何千年前にも空があり、空気があったんです。

私たちは何億年も前と同じ空気を吸っています。

木や空は江戸時代、弥生時代の人間たちを見てきたんです。

何千年も何億年も続いているものがあります。

私たちの人生はそのほんの1ページなんです。

そこで起きた悩みなど取るに足らないものなんです。

だからこそ私たちはがむしゃらに精一杯、やりたいように生きればいいんです。

そしてレは未来につながるんです。