ドラマ『レンアイ漫画家』主題歌、佐藤千亜妃「カタワレ」歌詞の意味(解釈)とは?

歌詞考察

佐藤千亜妃さんの「カタワレ」は、ドラマ『レンアイ漫画家』の主題歌です。

佐藤千亜妃さんの「カタワレ」はどのような曲なのでしょうか。

佐藤千亜妃さんの「カタワレ」の歌詞の意味を考えていきます。

佐藤千亜妃「カタワレ」歌詞

作詞・作曲:佐藤千亜妃

君は僕の何ですか?
もしかして もしかして
僕は君の何ですか?
もしかして もしかして

赤い糸で絡まってゆく
2つで1つのカタワレ

自分勝手に運命は
進んでくと思ってた
孤独なんて蹴散らして
生きてきたはずなのに

片方の胸が痛んで
何かが足りないと気付いた

さあ、始めよう
運命は君と僕とで手作り
ああ、ちぐはぐな感情が
呼び覚ましてゆくラブストーリー

君は僕の何ですか?
愛してもいいんですか
僕は君の何ですか?
愛してくれますか

赤い糸は心の血管
互いに知らず知らず生かし合う

ああ、僕は君に出逢うために
生まれてきたのかもしれない
ねえ、勘違いだとしてもいい
君は世界でたった1人だけのカタワレ

鏡の中で見つめ合う2人は
いびつで凸凹な心の形をしてる

「ああ、夢見てた王子様じゃないけど
君が好きなの
ねえ、へたくそなエスコートしてよ
エンドロールの続きも」

さあ、始めよう
運命は君と僕とで手作り
ああ、新しい感動で
生まれ変わってゆくラブストーリー

佐藤千亜妃「カタワレ」歌詞の意味(解釈)とは?

佐藤千亜妃の「カタワレ」は、切ない恋心を描いた曲です。

佐藤千亜妃の「カタワレ」は、具体的にどのようなことを伝えているんでしょうか。

歌詞考察歴3年の私が、佐藤千亜妃の「カタワレ」の歌詞の意味を考えていきます。

君は僕の何ですか?
もしかして もしかして
僕は君の何ですか?
もしかして もしかして

赤い糸で絡まってゆく
2つで1つのカタワレ

僕は君の何かであってほしい。

僕が君に影響を与える人であってほしい。

僕が君と何かで関係する人であってほしいと願います。

僕らは運命で結ばれているんだ。

そう思える人ができたんです。

自分勝手に運命は
進んでくと思ってた
孤独なんて蹴散らして
生きてきたはずなのに

片方の胸が痛んで
何かが足りないと気付いた

今まではただ流されて生きてきました。

日々の出来事に対応していくだけ。

孤独を感じても耐えることができました。

それほど孤独が辛いものではなかったんです。

でも君と出会ってから自分でやりたいと思うことができました。

運命を変えたいと思うようになりました。

孤独だって耐えられなくなったんです。

さあ、始めよう
運命は君と僕とで手作り
ああ、ちぐはぐな感情が
呼び覚ましてゆくラブストーリー

これからは君の幸せを考えて運命を選びたいんです。

周りに流されていたら君を幸せになんてできない。

自分1人だけだったらなんだって良いけれど、君が関係してるから、もうちゃんと道を選ばないといけない。

自分たちの幸せを考えないといけないんだ。

君は僕の何ですか?
愛してもいいんですか
僕は君の何ですか?
愛してくれますか

赤い糸は心の血管
互いに知らず知らず生かし合う

僕は君のために何かできているんでしょうか。

僕は君に影響を与えて良いんでしょうか。

僕は君と関係のある人になって良いんでしょうか。

僕はすでに君に影響されているんです。

ああ、僕は君に出逢うために
生まれてきたのかもしれない
ねえ、勘違いだとしてもいい
君は世界でたった1人だけのカタワレ

僕は先に君のことを好きになってしまいました。

僕は勝手に君に影響を受けています。

そうやって思ってしまうほど、僕は君を好きになってしまいました。

鏡の中で見つめ合う2人は
いびつで凸凹な心の形をしてる

僕が君を好きになった時、僕の心が乱れているのがわかりました。

嬉しかったり悲しかったり自分ではコントロールできなくなったんです。

僕の心を乱しているのは君なんです。

「ああ、夢見てた王子様じゃないけど
君が好きなの
ねえ、へたくそなエスコートしてよ
エンドロールの続きも」

なんだか君が気になって仕方がありません。

君はタイプではないけれどなんだか気になってしまうんです。

君の不器用なところもなんだか可愛く思えてしまいます。

君とはもう一度会いたいと思うです。

さあ、始めよう
運命は君と僕とで手作り
ああ、新しい感動で
生まれ変わってゆくラブストーリー

これからどんどん2人で楽しいことをしたいんです。

2人なら楽しい恋ができそうです。

これからは2人にとって幸せな道を選んでいくんです。

佐藤千亜妃「カタワレ」MVの意味(解釈)とは?

僕は君に勝手に恋をしています。

まだ君から応答はありません。

君は僕のことをどう思っているんでしょう。

僕は君のことを考えるとボロボロになってしまいます。

ずっと君のことを考えて疲れてしまうんです。

疲れているのにまた考えたい。

こんなことは初めてなんです。

会うたびに結ばれそうなのに、結ばれない。

最後まで繋がってくれません。

ヤキモキしちゃいます。

君はどうしてこっちに来ないんでしょう。

この状況を僕は誰に相談したら良いんでしょう。

話を聞いてほしい、誰かがそばにいてほしい。

それほど浮ついているんです。

でもこんな状況に僕はワクワクしてるんです。

君に恋するのはなんだか幸せなんです。

僕は君が好きだって気づいたから。

もう人生が色づき始めたんです。

ドラマ『レンアイ漫画家』とは?

ドラマ『レンアイ漫画家』は恋愛が下手同士の恋を描いたラブコメディです。

主演は鈴木亮平さん、ヒロインは吉岡里帆さんです。

鈴木さん演じる刈部清一郎は人気少女漫画を連載するコミュ障な天才漫画家(ペンネームは女性の名前)です。

清一郎はヒロインのあいこに漫画のネタのため自分と疑似恋愛するよう頼みます。

原作は山崎紗也夏さんの同名漫画『レンアイ漫画家』です。