浜崎あゆみ「23rd Monster」歌詞の意味(解釈)とは?〜変化に摘要しよう〜

浜崎あゆみ

浜崎あゆみの「23rd Monster」は、デビュー23周年を記念したシングルです。

浜崎あゆみの「23rd Monster」はどのような曲なのでしょうか。

浜崎あゆみの「23rd Monster」の歌詞の意味(解釈)を考えていきます。

浜崎あゆみ「23rd Monster」歌詞

words : ayumi hamasaki
music : Kazuhiro Hara
arrangement : Takehito Shimizu & Atsushi Sato

Try 穏やかな さざ波のような
なんて勘違いの夢の夢見た
行手を全て塞がれるのは
良く考えてみなくても慣れっこ

どう考えたって正気の沙汰じゃない
It’s called A ‘Monster’

ノーマルは書き換えられて
悲観してる時間ももう過ぎた
受け止める? 牙を剥く?
見据えるのは終わりか始まりか

選択肢は減ったようで
ある意味無限になったのかもね
見知らぬ人よ
君のジャッジに興味はない
結末はボクシダイだ

Fly 疲弊して 擦り減った心
全てを失くした訳じゃまだない
右にならえなんてクソ喰らえだと
瞳の奥がハッキリ言ってる

やるだけやって玉砕のがマシね
You’re also A ‘Monster’

不確かな時代になって
確かなものに白黒がついた
守り抜く? 何捨てる?
その未来に今来た過去がある

貫くだけが強さじゃない
手放すのは楽なんて事はない
愛しい人よ 誰のせいにもしないで
結末はキミシダイだ

ノーマルは書き換えられて
悲観してる時間ももう過ぎた
受け止める? 牙を剥く?
見据えるのは終わりか始まりか

選択肢は減ったようで
ある意味無限になったのかもね
見知らぬ人よ
君のジャッジに興味はない

不確かな時代になって
確かなものに白黒がついた
守り抜く? 何捨てる?
その未来に今来た過去がある

貫くだけが強さじゃない
手放すのは楽なんて事はない
愛しい人よ 誰のせいにもしないで
結末はキミシダイだ
-結末はボクシダイだ-

浜崎あゆみ「23rd Monster」歌詞の意味(解釈)とは?

浜崎あゆみさんの「23rd Monster」は、変化を見極め自分の力で考えようと伝えた曲です。

浜崎あゆみさんの「23rd Monster」は、具体的にどのようなことを伝えようとしているんでしょうか。

浜崎あゆみさんの「23rd Monster」の歌詞の意味を、歌詞考察歴3年の私が考えていきます。

Try 穏やかな さざ波のような
なんて勘違いの夢の夢見た
行手を全て塞がれるのは
良く考えてみなくても慣れっこ

人生は常に荒波です。

いつもうまくいかなくて、困難に満ちているんです。

それが人生です。

それを受け入れなければなりません。

どう考えたって正気の沙汰じゃない
It’s called A ‘Monster’

人生は怪物です。

私たちは人生という怪物と戦っているのかもしれません。

ノーマルは書き換えられて
悲観してる時間ももう過ぎた
受け止める? 牙を剥く?
見据えるのは終わりか始まりか

今までの普通は通用しなくなっています。

今まで通りにやっていても、安定した暮らしは手に入れられないんです。

その事実に狼狽えている暇はありません。

じゃあ暴走するのが良いんでしょうか。

それとも柔軟に適応していくのが良いのでしょうか。

大事なことは未来を予測し、今何をするかです。

選択肢は減ったようで
ある意味無限になったのかもね
見知らぬ人よ
君のジャッジに興味はない
結末はボクシダイだ

今までの常識は通用しなくなりました。

新しいものが増えてきたんです。

そこには新たなチャンスがあります。

大事なことは自分の頭で考え行動することです。

いろんな人の意見を取り入れ、自分で考えるんです。

Fly 疲弊して 擦り減った心
全てを失くした訳じゃまだない
右にならえなんてクソ喰らえだと
瞳の奥がハッキリ言ってる

誰かの真似をしてはいけません。

自分で考えるんです。

たとえそれが苦しくても、少し休憩してまた挑むんです。

やるだけやって玉砕のがマシね
You’re also A ‘Monster’

この狂気に満ちた時代で、挑戦を繰り返すんです。

どちらが怪物かわからなくなります。

こんな時代だからこそ、こちらも思いつくことを行動に移しましょう。

不確かな時代になって
確かなものに白黒がついた
守り抜く? 何捨てる?
その未来に今来た過去がある

時代は変化に富んでいます。

どんどん新しいものが生まれ世界の変化が加速しています。

未来に残らないものが明確になり今何を捨てるべきかもわかっています。

だからこそ今まで以上に今のこの瞬間の選択が重要になっています。

貫くだけが強さじゃない
手放すのは楽なんて事はない
愛しい人よ 誰のせいにもしないで
結末はキミシダイだ

誰かが言っている今までの常識は間違えになってしまうかもしれません。

変化が早いこの世界では今まで良かったことが悪くなることもあるんです。

そんな状況でも不平ばかり言わずに、自分の頭で考えて選択するんです。

その選択次第で、どんな未来にも変えられます。

ノーマルは書き換えられて
悲観してる時間ももう過ぎた
受け止める? 牙を剥く?
見据えるのは終わりか始まりか

今までの常識は通用しなくなりました。

さまざまなことが変化しています。

今まで良かったと思うことも悪くなることがあるんです。

だからこそ日々考え方を更新していく必要があります。

選択肢は減ったようで
ある意味無限になったのかもね
見知らぬ人よ
君のジャッジに興味はない

変化するということはそこには誰も気づかないアイデアがあるということです。

その選択肢は無限大になったんです。

これからは自分の頭で考えなければなりません。

誰も正解を持っていないんです。

不確かな時代になって
確かなものに白黒がついた
守り抜く? 何捨てる?
その未来に今来た過去がある

どうすればわからないことがたくさんあります。

でも同時にいらないものは明確になったんです。

取捨選択が重要です。

今ここで大切な選択を繰り返すんです。

貫くだけが強さじゃない
手放すのは楽なんて事はない
愛しい人よ 誰のせいにもしないで
結末はキミシダイだ
-結末はボクシダイだ-

誰かが言っていることを鵜呑みにしてはいけません。

全ては自分の行動の果てにあります。

全ては自分の責任なんです。

誰のせいにしてもいけません。

自分で選択するんです。

浜崎あゆみ「23rd Monster」MVの意味(解釈)とは?

誰の目も気にせず自分が思うことをするんです。

気を遣っていてはいけません。

自分がやりたいことをするんです。

どんどん新しいものは自分で作っていくんです。

時間は皆同じだけ与えられています。

その前で何をするのかは自由です。

その先の未来は今何をするかで決まります。

浜崎あゆみ「23rd Monster」を聴いた感想

今2021年、これからの文明の発展は今までの比じゃないくらいに加速します。

これからあらゆるものが変化していき、数日前まで通用していた攻略法が意味を成さないことがあるかもしれません。

スマホだって新しいものに塗り替えられるかもしれないんです。

プログラマーが稼げない時代がやってくるかもしれません。

そんな時代で生きるためには、常に情報を受け取りその先にある未来を予測し続ける必要があります。

そして新しい物をすぐに受け入れ学ぶことが出来る柔軟性が必要です。

今までのやり方を捨てる必要も出てくるかもしれません。

「これはまだ捨てるのが早いのか?」と常に大きな決断をする必要があるんです。

時代を読む力。

そんな時代なら、考え方は多種多様となります。

正しいことを言っていた人の意見が時間の経過とともに、間違えに変わる可能性だってあるんです。

だからこそ自分の選択がもっとも重要となります。

知り合いが言っていたから、そうしようではもう遅いかもしれません。

いかに自分で考え、自分で選択するかが重要です。

責任は自分にあるんです。