ドラマ『珈琲いかがでしょう』エンディングテーマ、Nulbarich「CHAIN」歌詞の意味(解釈)とは?

Nulbarich

Nulbarichの「CHAIN」は、ドラマ『珈琲いかがでしょう』のエンディングテーマです。

Nulbarichの「CHAIN」は、どのような曲なのでしょうか。

Nulbarichの「CHAIN」の歌詞の意味(解釈)を考えていきます。

Nulbarich「CHAIN」歌詞

作詞:Jeremy Quartus・Ryan Octaviano
作曲:Jeremy Quartus・Kentaro Kanno

It’s all I got
I gave all I have
I can’t walk anymore
もうこれ以上はno

まぁいつも通りっちゃいつも通り
ネオンで霞んでたmy dream
この小さな世界も
僕にとっちゃ広すぎて

The darker the world
The brighter the light
You found me here
消えてなかったmy light

Above the clouds
The chain went far away
See it sparkling like fireworks
誰もが飛べない以外は
それぞれ別々のdrama
また話の続きをしよう someday

The day I met you
out in the parking lot
You were like a crying clown
表情だけのsmile
でも話せば話すほどに
何かが解けていくようで
君の小さな世界を
僕はきっと覗いたんだ

The darker the world
The brighter the light
I found you now
消えてなかったyour light

Above the clouds
The chain went far away
See it sparkling like fireworks
誰もが飛べない以外は
それぞれ別々のdrama
また話の続きをしよう someday

We pray for grace
The joy in faith
We’re not the same
but we’re blessed
We still have a long long way to go

Above the clouds
The chain went far away
See it sparkling like fireworks
誰もが飛べない以外は
それぞれ別々のdrama
また話の続きをしよう

Above the clouds
The chain went far away
See it sparkling like fireworks
誰もが飛べない以外は
それぞれ別々のdrama
もう終わらないようにまたこの場所で
I hope we can talk about the rest someday

Nulbarich「CHAIN」歌詞の意味(解釈)とは?

Nulbarichの「CHAIN」は、誰もが祝福されているんだ、生きてていんだと伝えた曲です。

Nulbarichの「CHAIN」は、具体的にどのようなことを伝えているんでしょうか。

歌詞考察歴3年、毎日英語を勉強している私が、Nulbarichの「CHAIN」の歌詞の意味を考えていきます。

It’s all I got
I gave all I have
I can’t walk anymore
もうこれ以上はno

英語部分訳:
僕が手に入れた全てのもの
僕が持ってる全てのものを出し尽くした
もう歩けない

何かをやり尽くしたんでしょうか。

この部分ではまだ意味がわかりません。

まぁいつも通りっちゃいつも通り
ネオンで霞んでたmy dream
この小さな世界も
僕にとっちゃ広すぎて

誰かの輝きで自分の夢が霞んでしまいます。

すでに成功している人に圧倒されて自分のペースを取り乱してしまうんです。

上には上がいます。

レベルは果てしなく高いんです。

そうやってやる気を失ってしまいます。

The darker the world
The brighter the light
You found me here
消えてなかったmy light

英語部分訳:
世界は深まる
光はより輝き出す
ここで君が僕を見つけたから

辛い世界で君と出会った時、僕の世界は変わりました。

世界はより深くなり、光はもっと輝き出したんです。

君が僕の世界を変えてくれました。

そしてもう一度夢を見ようと思えるようになったんです。

Above the clouds
The chain went far away
See it sparkling like fireworks
誰もが飛べない以外は
それぞれ別々のdrama
また話の続きをしよう someday

英語部分訳:
雲の上
鎖は遥かもっと上へ行った
花火のように弾けるのを見て

しがらみは遠くの方へ行ってしまいます。

辛かったことがなかったもののように弾けるんです。

辛いことにも感謝する時がやってきます。

不可能なことは置いておいて、日々をきちんと生きたいんです。

何があったのか、どうしていたのか君と話せば悪ことは消えてくれます。

良い思い出は共有し、悪いことは2人で解決します。

The day I met you
out in the parking lot
You were like a crying clown
表情だけのsmile
でも話せば話すほどに
何かが解けていくようで
君の小さな世界を
僕はきっと覗いたんだ

英語部分訳:
君に会った日
駐車場の外で
君は泣いたピエロのようだった

誰もが悲しみを隠しながら生きています。

孤独は辛いものです。

僕は君のそれに気づきました。

そうして共通するものを感じたんです。

だから一緒になりたいと思いました。

The darker the world
The brighter the light
I found you now
消えてなかったyour light

君に出会って全てが解放されました。

辛さは溶け去り、再び世界が灯を取り戻したんです。

君が僕に光を届けてくれました。

君が僕の世界を変えたんです。

そしてもう一度夢を見ることができるようになったんです。

Above the clouds
The chain went far away
See it sparkling like fireworks
誰もが飛べない以外は
それぞれ別々のdrama
また話の続きをしよう someday

どんなことがあっても、君と共有すれば全て癒されていきます。

辛いことは遥か彼方に飛んでいくんです。

そして「あれも良い思い出だったな」と思えるようになります。

We pray for grace
The joy in faith
We’re not the same
but we’re blessed
We still have a long long way to go

英語部分訳:
僕らは恵みのために祈ります
信仰の中の喜び
みんな違ってて良い
でもみんな祝福されている
まだまだ人生は長いんだ

誰もが生まれてきたことを祝福されています。

誰もが幸せを願うんです。

みんなそれぞれに考え方や生き方が違います。

でもみんな生きることを祝福されています。

それは平等に注がれているんです。

君は生きてて良いんです。

幸せになっていいんです。

Above the clouds
The chain went far away
See it sparkling like fireworks
誰もが飛べない以外は
それぞれ別々のdrama
また話の続きをしよう

君と一緒なら世界を超えられる。

1人ではできないことも君と一緒ならできるんだ。

Above the clouds
The chain went far away
See it sparkling like fireworks
誰もが飛べない以外は
それぞれ別々のdrama
もう終わらないようにまたこの場所で
I hope we can talk about the rest someday

英語部分訳:
いつかまた話をしよう

どんなに辛いことがあったとしても、君と話すことができると思うとやる気がみなぎってきます。

癒される何かがあれば、頑張ることができるんです。

そういうものがもう君にはあるんだ。

Nulbarich「CHAIN」を聴いた感想

うん、良いですね。

辛い世界にも君という存在があれば、それを浄化してくれる。

別に恋人がいなくても、辛さを浄化してくれる物を見つければ、生きていけるんです。

そして誰もが祝福されている。

誰もが変わらず愛されているんだと言ってくれています。

それぞれに考え方や立場は違うけれど、みんな生きることを尊重されています。

死ぬ時まで誰もが幸せになることを求められているんです。

だから焦る必要はありません。

自分の思うままにやりましょう!

Nulbarich「CHAIN」MVの意味(解釈)とは?

どんなに辛いことがあってもそれが高く登り消え去る時がきっとやってきます。

誰もが辛いことを経験しています。

みんなそれぞれにdramaがあるんです。

みんな同じ。

みんなその痛みを持っています。

1人で悲しんでいる君がいて、誰もそれに気づいていないとしても

どこかに君と同じように寂しさを噛み締めている人がいます。

1人じゃないんだ。

みんなが一緒なんだ。

誰もが孤独を経験し、辛さの中で生きています。

でも風が吹き、世界は祝福してくれています。

君という存在。

どんなに辛い状況の中にも光が灯ります。

その光はそれぞれの胸の中にあります。

その胸の光で輝き続けるんです。