RADWINPS「鋼の羽根」歌詞の意味(解釈)とは?〜やるべきことを見つける前にすること〜

RADWIMPS

RADWINPSの「鋼の羽根」は、カロリーメイト新CM「この世界で考えつづける人へ」篇で使用されています。

RADWINPSの「鋼の羽根」は、どのような曲なのでしょうか。

RADWINPSの「鋼の羽根」の歌詞の意味を考えていきます。

RADWINPS「鋼の羽根」歌詞

作詞・作曲:野田洋次郎

一人だけで生きていける強さを早く 手に入れる訓練の最中にあなたは
物音ひとつなく現れて 今までの成果台無しにした

「可」も「不可」もなく 「○」でも「×」でもない日々が
得体の知れない誰かの思うツボみたいで
どうせなら頭にデカイ「大」の つく「革命」か「惨敗」 をしよう

怖くないとでも思ったかよバカ そんなわけ
でも怖さでは止められないこの胸の 高鳴りは

揺るぎないものがほしかった 壊れない意志がほしかった
容易い言葉はいつだって 賞味期限は持って3日

枯れない夢がほしかった 「僕」という意味がほしかった
宇宙にぽつンと咲いている 静かな理由がほしかった

それを君と探せるなら 遠回りでもいいと思えた

一番大事なものは手に入らないよう できてることを知ってしまった僕たちが
それでも夢を見られる場所は この旅の先に待ってるのかな

何回入れたって自販機に跳ね返される 100円玉がまるで自分を見てるようで
弾かれてるの? それとも君は 頑なに入るのを拒んでいるの?

行方知れず住所不定 そんな魂でも
「△」で生きる日々に誰よりも高く手を 振るよ

揺るぎないものがほしかった 奪えない「今」がほしかった
半端な言葉で埋まんのは 心のコップのせいぜい2%
零れるくらいに満たすため 僕は僕を越えに行くんだ

彼方に投げた願いでも あなたの目蓋に
数えきれない足跡を今も残しているの

溢れる人の中で僕とあなただけが 振り返って見たあの景色が何よりの
答えなんだと僕は思うんだ 違うとはもう言わせないから

揺るぎないものがほしかった 壊れない意志がほしかった
容易い言葉はいつだって 賞味期限は持って3日

枯れない夢がほしかった 「僕」という意味がほしかった
宇宙にぽつンと咲いている 静かな理由がほしかった

それを君と二人ならば 見つけられる気がしたんだ
僕は君のを 君は僕のを 見つけられる気がしたんだ

RADWINPS「鋼の羽根」歌詞の意味(解釈)とは?

RADWINPSの「鋼の羽根」は、自分のやるべきことが見つかっていないなら、大切な人を探そうと教えてくれている曲です。

RADWINPSの「鋼の羽根」は、具体的にどのようなことを伝えようとしているんでしょうか。

歌詞考察歴3年の私が、RADWINPSの「鋼の羽根」の歌詞の意味を考えていきます。

一人だけで生きていける強さを早く 手に入れる訓練の最中にあなたは
物音ひとつなく現れて 今までの成果台無しにした

僕は恋に落ちました。

寂しさを隠して必死で生きていこうと思っていました。

でも、君に出会ってからそんなもの本当にどうでも良くなったんです。

「可」も「不可」もなく 「○」でも「×」でもない日々が
得体の知れない誰かの思うツボみたいで
どうせなら頭にデカイ「大」の つく「革命」か「惨敗」 をしよう

大半の人は、「普通の人」を過ごしています。

普通に会社へ行って、普通にご飯を食べて普通に寝る。

そんな日々の中でも些細な幸せを経験するのですが、有名になった誰かのニュースを見ていつも「へえ」と思っているんです。

でも彼らも自分と同じ人間です。

彼らと自分とで何が違うんでしょうか。

どうせ生きているんなら何か意味のあることをしたいと思います。

それがたとえ大失敗に終わったとしても、その経験が生きるという意味につながるんじゃないでしょうか。

怖くないとでも思ったかよバカ そんなわけ
でも怖さでは止められないこの胸の 高鳴りは

やりたいと思うことが見つからないこともあります。

自分がなぜ生きているのかわからないんです。

「そんな人生なら捨てちゃえば」

そう思うこともありました。

でも一人一人やるべきことがあるはずです。

同じ人間、頭に詰まっているものはあの複雑なことを理解できる人と全く同じなんです。

やりたいことをやれるようになるために、まずやるべきことをやるんです。

そして本当にやりたいことができるようになったら、その世界は本当に楽しくなるんです。

揺るぎないものがほしかった 壊れない意志がほしかった
容易い言葉はいつだって 賞味期限は持って3日

枯れない夢がほしかった 「僕」という意味がほしかった
宇宙にぽつンと咲いている 静かな理由がほしかった

何をやっても続きません。

あの人みたいになりたい、そう思っても次の日にはその情熱が消えています。

自分がやりたいことはなんなのでしょうか。

それは自分がやるべきことではないのでしょうか。

自分がやるべきことはなんなのか。

それがわからなければ、生きることが本当に怖くなるんです。

それを君と探せるなら 遠回りでもいいと思えた

でも大切な誰かと一緒にいられたら、そんな恐怖も少しは和らいでくれます。

一番大事なものは手に入らないよう できてることを知ってしまった僕たちが
それでも夢を見られる場所は この旅の先に待ってるのかな

何をやってもうまくいきません。

僕にはそんな大それたことができないようにプログラミングされている。

僕は選ばれしものではない。

いつも失敗に終わる。

そういう風にできているんだと諦めてしまうことがあります。

そうしてやる気をも失ってしまうんです。

何回入れたって自販機に跳ね返される 100円玉がまるで自分を見てるようで
弾かれてるの? それとも君は 頑なに入るのを拒んでいるの?

何度もチャレンジしようと言われて、何度もチャレンジしたけれどうまくいくことはありません。

心が折れることは何回目なんだろう。

でもこうやってまだ生きています。

飲みたいものはすぐ目の前にあります。

でもそれをなす術が僕には見つかりません。

普通にできている人があんなに輝いているのに、なんで僕にはできないんでしょうか。

行方知れず住所不定 そんな魂でも
「△」で生きる日々に誰よりも高く手を 振るよ

たとえ未来に何も成し遂げられない弱い存在だとしても、僕は微妙な日々から抜け出したいんです。

何をやってもうまくいかないとしても、何かができる人間になりたいんです。

それがたとえ意味を成さなくても僕は走りたいんです。

揺るぎないものがほしかった 奪えない「今」がほしかった
半端な言葉で埋まんのは 心のコップのせいぜい2%
零れるくらいに満たすため 僕は僕を越えに行くんだ

今が物足りないと感じているのであれば、自分の心を超えるほど楽しまなければなりません。

楽しいことはすぐ目の前に溢れています。

でも僕はそれに手を延ばせていないだけなんです。

やるべきことはすぐ目の前にあるんです。

それに手を延ばせばいいんです。

彼方に投げた願いでも あなたの目蓋に
数えきれない足跡を今も残しているの

たとえうまくいかなかったとしてもやることで、誰かの勇気になることがあります。

挑戦することで人の心を動かす可能性があるんです。

何もしなければ何も起きません。

何かするから何かが起きるんです。

溢れる人の中で僕とあなただけが 振り返って見たあの景色が何よりの
答えなんだと僕は思うんだ 違うとはもう言わせないから

僕と君が出会ったことは奇跡に近いことです。

こんなにたくさんの人がいる中で出会ったことは奇跡なんです。

そこには新たな奇跡を生む希望が含まれています。

その奇跡に出会うことができたなら、次への道を進む時なんです。

揺るぎないものがほしかった 壊れない意志がほしかった
容易い言葉はいつだって 賞味期限は持って3日

枯れない夢がほしかった 「僕」という意味がほしかった
宇宙にぽつンと咲いている 静かな理由がほしかった

僕はなんのために生きているんでしょうか。

普通を生きるために生まれてきたんでしょうか。

大切な人と出会うことができたのであれば、次は大切なことを見つけたいんです。

それを君と二人ならば 見つけられる気がしたんだ
僕は君のを 君は僕のを 見つけられる気がしたんだ

大切な人と一緒に新しい希望を探したいです。

僕は君のために、君は僕のために未来にやるべきことを探しにいきます。

君と一緒ならきっとできるんです。

RADWINPS「鋼の羽根」を聴いた感想

コロナ禍で2020年を私は意味なく過ごしました。

本当に何をやってたんだと思う日々を過ごしていました。

それは今まで経験したことのない生活の変化に動揺していたからです。

でも今はその状況にも慣れて新しい希望ができた時、世界がまた輝き出しました。

今は自分が人生においてやるべきことが見つかりました。

人はやるべきこと、人生の目的がわからなければ、怖くなるんです。

でも自分がやるべきことが明確にわかっていれば、怖いものなどありません。

たとえ今が満足いかない状況だとしても、その未来への道筋がはっきりと目に写っているなら何も怖くなくなるんです。

今はまだその人生の目的が見つかっていないとしたら、まず大切な人を探して、その人と一緒に考えてみようと言ってくれている気がいます。

人はこの世界にたくさんいます。

そして大切な人を見つけるには、誰かを大切に思う気持ちがあればできるんです。

いろんな人に出会い、いろんな人と話しをして、大切な人を見つけてほしんです。