YOASOBI「アンコール」歌詞の意味(解釈)とは?〜大切な人との時間を大事にしよう〜

YOASOBI

YOASOBIの「アンコール」は、アルバム『THE BOOK』に収録されています。

created by Rinker
¥7,600 (2021/04/16 13:43:35時点 Amazon調べ-詳細)

YOASOBIの「アンコール」はどのような曲なのでしょうか。

YOASOBIの「アンコール」の歌詞の意味(解釈)を考えていきます。

YOASOBI「アンコール」歌詞

作詞・作曲:Ayase

明日世界は終わるんだって
君にはもう会えないんだって
またいつかって手を振ったって
叶わないんだよ
仕方ないね
明日世界は終わるんだって
それならもう
その時まで何度でもずっと
好きな音を鳴らそう

薄暗闇に包まれた
見覚えのない場所、目を覚ます
ここは夜のない世界
今日で終わる世界
そんな日にあなたに出会った

好きにしていいと
それだけ残して
何処かへゆく
あなたの音が遠ざかってく
そしてまたひとり
淀んだ空気の中で

ありふれたあの日々をただ思い返す
終わりが来ることを待つ世界で
辛い過去も嫌な記憶も
忘れられないメロディーも
今日でさよなら

ひとり車を走らせる
営みの消えた街の中を
明日にはもう終わる今日に
何を願う
何を祈る

何処かから不意に
微かに聞こえてきたのは
ピアノの音
遠い日の音

誘われるままに
呼吸を合わせるように
重ねた音
心地良くて
懐かしくて
幾つも溢れてくる

いつしか蓋をして閉じ込めていた記憶
奏でる音が連れてきた思い出
気が付けば止まったピアノ
いつの間にか流れた涙
続きを鳴らそう

ありふれたあの日々をただ思い返す
終わりが来ることを待つ世界で
辛い過去も嫌な記憶も
忘れられないメロディーも
さよならなんだ

今ここで好きなようにただ音を鳴らす
最後の日に二人きりの街で
ありふれたあの日々をただ想い奏でる音が
重なり響く

明日世界は終わるんだって
明日世界は終わるんだって
もしも世界が終わらなくって
明日がやってきたなら
ねえ、その時は二人一緒に
なんて

YOASOBI「アンコール」歌詞の意味(解釈)とは?

YOASOBIの「アンコール」は、大切な人との時間を大事にしようと伝えた曲です。

YOASOBIの「アンコール」は、具体的にどのようなことを伝えているんでしょうか。

YOASOBIの「アンコール」の歌詞の意味を、歌詞考察歴3年の私が考えていきます。

明日世界は終わるんだって
君にはもう会えないんだって
またいつかって手を振ったって
叶わないんだよ
仕方ないね
明日世界は終わるんだって
それならもう
その時まで何度でもずっと
好きな音を鳴らそう

君がいなくなることで世界が終わったような感覚になると言っています。

僕にとっては君はかけがえのない人だったんです。

きっと明日君が出ていくんじゃないでしょうか。

何度も引き留めたけれど、聞いてくれませんでした。

明日からは君と一緒の日々が終わります。

それは世界の終わりに等しいことなのです。

薄暗闇に包まれた
見覚えのない場所、目を覚ます
ここは夜のない世界
今日で終わる世界
そんな日にあなたに出会った

君がいなくなった場所はなんだか生きづらく苦しい場所となっていました。

君と一緒に過ごす夜はとても快適でしたが、もうそんな夜もなくなります。

君に出会うまでは苦しい日々を過ごしていました。

君に出会ってから僕は晴れわたる世界を生きてきました。

でも明日君が出て行ってしまうから、また元の陰鬱な世界に戻ってしまうんです。

好きにしていいと
それだけ残して
何処かへゆく
あなたの音が遠ざかってく
そしてまたひとり
淀んだ空気の中で

君は僕を諦めてしまったのかもしれません。

もう僕のことなど気にもとめないんです。

勝手にしてくれ、それだけ言われていなくなりました。

あんなに心地よかった君の音が遠ざかります。

それはまさに孤独の始まりなのです。

ありふれたあの日々をただ思い返す
終わりが来ることを待つ世界で
辛い過去も嫌な記憶も
忘れられないメロディーも
今日でさよなら

君に出会った時、まさかまたひとりぼっちになるなんて思いもしませんでした。
このままずっと一緒にいられると思っていたんです。

まさか君はこうなることを初めから知っていたんでしょうか。

最後の日、君がいた最後の日。

それはまるでこの日のために2人幸せに過ごした、そんなふうに考えてしまうんです。

私たちは不幸になるために楽しい日々を過ごしていたと。

ひとり車を走らせる
営みの消えた街の中を
明日にはもう終わる今日に
何を願う
何を祈る

明日になったら君には会うことができません。

想像するだけで怖くなります。

今までは夜も2人で歩くことができました。

君の存在がどれだけ僕に力を与えていたかわかりません。

これからはこの寂しい世界で1人で暮らしていかなければならないんです。

何処かから不意に
微かに聞こえてきたのは
ピアノの音
遠い日の音

君はピアノをよく聴いていたのかもしません。

ピアノだけではありません。

君と行ったあらゆる場所で君との思い出を思い出してしまいます。

その度もう君がいないことを悲しく思うんです。

誘われるままに
呼吸を合わせるように
重ねた音
心地良くて
懐かしくて
幾つも溢れてくる

君との時間はとても心地よい日々でした。

2人だけの空間で様々なことをしたんです。

君という存在は僕にとってかけがえのないものだったんです。

明日からそれが全てなくなってしまいます。

いつしか蓋をして閉じ込めていた記憶
奏でる音が連れてきた思い出
気が付けば止まったピアノ
いつの間にか流れた涙
続きを鳴らそう

君がいなくなった後も世界は続きます。

今はもう何もやる気になれないんです。

ただ淡々と君のいない世界を過ごします。

なんの彩もない世界。

でも本当はもう一度歩き出したいと思っています。

ありふれたあの日々をただ思い返す
終わりが来ることを待つ世界で
辛い過去も嫌な記憶も
忘れられないメロディーも
さよならなんだ

何度も君と話し合いました。

なんとか君が残る術はないものかと。

でも君はもう離れていくことを決心していました。

別れの前日訪れてほしくなかった日が現実のものとなります。

今ここで好きなようにただ音を鳴らす
最後の日に二人きりの街で
ありふれたあの日々をただ想い奏でる音が
重なり響く

僕は最後の日にもう一度お願いをしたかったのかもしれません。

君といることがこんなに素敵で楽しいことなんだと伝えたかったんです。

この気持ちは君に伝わっているんでしょうか。

伝わっていたらいいなとそう思うんです。

明日世界は終わるんだって
明日世界は終わるんだって
もしも世界が終わらなくって
明日がやってきたなら
ねえ、その時は二人一緒に
なんて

僕はこの最後の日でも君の気が変わってくれることを願っています。

君がここに残るなんてことはないんだろうけれど、最後の日までそんな妄想を膨らましているんです。

それほど君という存在は僕にとって大切なものでした。

僕は明日から本当に辛い日々に飛び込みます。

YOASOBI「アンコール」を聴いた感想

私は3年間一緒にいた人と2019年の9月に別れました。

その人は海外へ旅立ってしまいました。

3年間本当にいつも一緒にいました。

いつしか私もその人を煙たく感じることもありました。

でもいなくなることを知った時、私はなんとか思いとどまってくれないかとお願いをしました。

その願いは叶いませんでした。

3年間の幸せな日々は終わりました。

急に1人になり、1年間、2年間はとても辛かったことを覚えています。

どこに行ってもその人との記憶が蘇ります。

明らかに自分の幸福度は下がったと思いました。

辛くて死のうとしたこともありました。

でも今やっと1人を満喫できるようになりました。

あの人がいなくても普通に暮らせるようになりました。

寂しくもない。

寂しくなったら会ってくれる友達も増えました。

失った時2年間は本当に辛かったんです。

でもいつかそれの寂しさも薄れる日がやってきます。

だから狂いそうな寂しさも我慢すると終わりがくるんだと思いたいです。

ただ私はもう恋をしないと決めました。

なぜならこの曲が言っているように、大好きな人と過ごしてしまったら、別れた時に本当に苦しくなるんですから。

もちろんこんなことは間違えていると思いますが、それほど恋とは苦しいものなんです。

YOASOBI「アンコール」MVの意味(解釈)とは?

私の世界は本当に辛い世界でした。

周りの環境が本当に劣悪だったんです。

でも君という優しさが私の世界に光を与えてくれました。

私にとってすごく大切な存在。

私は今日それすらも失ってしまうんです。

離れて行った君にも私と同じように寂しさはあるんでしょうか。

辛いのは私だけなんでしょうか。

あの楽しかった日々を君は思い返すことがあるんでしょうか。
もしも君が私と同じようにもう一度会いたいなんて思ってくれているならとても嬉しいんです。
あの楽しかった日々は嘘ではないはずです。
あの君の笑顔は嘘ではないはずなんです。

じゃあ君はあの日々をどう感じているんでしょうか。

そんなこと、聞くことすらできません。

最後の方は辛いことが多かったかもしれません。

でも2人で楽しかったこともあったんです。

一緒に買い物をしたこと、一緒に出かけたこと、一緒にご飯を食べたこと。

そのどれもがとても幸せな時間だったはずなんです。

YOASOBI「アンコール」タイトルの意味(解釈)とは?

created by Rinker
¥250 (2021/04/17 11:12:28時点 Amazon調べ-詳細)

タイトルのアンコールはどういう意味なんでしょうか。

これは幸せな時間をもう一度奏でさせてということだと思います。

つまり君よいなくならないでと

ライブの最後にアンコールで曲を歌ってくれます。

でもその後にアーティストは消えてしまいます。

あの夢のような時間。

そして最後の3曲。

それが終わったら本当にこの空間はなくなります。

その最後をこの曲は買ったっているんじゃないでしょうか。

最後の幸せ。

そこにはなんとも言えない哀愁が漂っています。

恋はどんなに長くても必ず終わりがやってきます。

恋とは最後に終わりを迎えるものなんです。

1年だろうが2年だろうが50年だろうが、最後には必ず別れがやってくるんです。

私たちは毎日アンコールを奏でているのかもしれません。

明日愛する人がいなくならないとは限らないんです。

だからこそ、大切な人との時間を大事に過ごしたいんです。

そういうことを伝えてくれているんじゃないでしょうか。