YOASOBI「三原色」歌詞の意味(解釈)とは?〜最高の歌詞、涙が出ました〜

YOASOBI

YOASOBI「三原色」は、ahamoのCMソングです。

YOASOBIの「三原色」は、どのようなことを伝えているんでしょうか。

正直この曲の内容は本当にすごいです。

考察中涙が止まりませんでした。

素晴らしい考え方だと思います。

YOASOBI天才です。

YOASOBIの「三原色」の歌詞の意味(解釈)を考えていきます。

YOASOBI「三原色」歌詞

作詞・作曲:Ayase

どこかで途切れた物語
僕らもう一度その先へ
たとえ何度離れてしまっても
ほら 繋がっている

それじゃまたね 交わした言葉
あれから幾つ朝日を見たんだ
それぞれの暮らしの先で
あの日の続き 再会の日

待ち合わせまでの時間がただ
過ぎてゆく度に胸が高鳴る
雨上がりの空見あげれば
あの日と同じ様に 架かる七色の橋

ここでもう一度出会えたんだよ
僕ら繋がっていたんだずっと
話したいこと 伝えたいことって
溢れて止まらないから
ほら ほどけていやしないよ、きっと
巡る季節に急かされて
続く道のその先また
離れたってさ 何度だってさ
強く結び直したなら また逢える

ここまで歩いてきた道は
それぞれ違うけれど
同じ朝日に 今照らされてる
また重なり合えたんだ

どこかで途切れた物語
僕らもう一度その先へ
話したいこと 伝えたいことって
ページを埋めてゆくように
ほら 描き足そうよ 何度でも

いつか見上げた赤い夕日も
共に過ごした青い日々も
忘れないから 消えやしないから
緑が芽吹くように また会えるから
物語は白い朝日から始まる
「また明日」

YOASOBI「三原色」歌詞の意味(解釈)とは?

YOASOBIの「三原色」は、たとえ離れてもまた会えるんだということ、そして会うことが無限の可能性を生むと伝えています。

正直この曲は心に留めておきたい最高の曲だと思います。

素晴らしい曲です。

ぜひ、一緒に考えていきましょう。

YOASOBIの「三原色」は、具体的にどのようなことを伝えているんでしょうか。

どこかで途切れた物語
僕らもう一度その先へ
たとえ何度離れてしまっても
ほら 繋がっている

別れてもまた必ず会うことができます。

たとえ卒業して離れ離れになってもまた会えるんです。

SNSでブロックされたとしてもまた話せる時がやってきます。

たとえ大切な人と別れたとしても、また必ず会える日がやってくるんです。

それじゃまたね 交わした言葉
あれから幾つ朝日を見たんだ
それぞれの暮らしの先で
あの日の続き 再会の日

いつも一緒にいた人と別れる瞬間があります。

明日からはもう同じ場所にはやってきません。

あれだけ一緒にいたのに、明日からは違う場所へ向かうんです。

だとしてもずっと会えないわけではありません。

また再会できるんです。

だからそんなに心配することはありません。

待ち合わせまでの時間がただ
過ぎてゆく度に胸が高鳴る
雨上がりの空見あげれば
あの日と同じ様に 架かる七色の橋

僕らは共に過ごした日々の中で様々なことを一緒に経験しました。

季節の移り変わりを見ながら僕らは同じ時を共有したんです。

でもその時間がある日を境に途切れてしまいます。

とはいえ、まだ僕らの時間は続いていました。

そうまた会えた時、また僕らの時間が始まるんです。

あの日々と同じように。

ここでもう一度出会えたんだよ
僕ら繋がっていたんだずっと
話したいこと 伝えたいことって
溢れて止まらないから
ほら ほどけていやしないよ、きっと
巡る季節に急かされて
続く道のその先また
離れたってさ 何度だってさ
強く結び直したなら また逢える

僕らは一度離れ離れになりました。

だけど結び目は取れていなかったんです。

こうしてまた出会えたんだから、これからもずっと繋がり続けるんです。

またしばらく会えなくなったとしても、会ったときに強く結ばれれば、また必ずどこかで会えるんです。

だからそんなに心配することはありません。

お互いに引き寄せ合えばまた会うことができます。

ここまで歩いてきた道は
それぞれ違うけれど
同じ朝日に 今照らされてる
また重なり合えたんだ

時間は過ぎますが、また交わることがあります。

日常は続いていきます。

その延長線上には再会があるんです。

別れは悲しいことではありません。

また出会えるんですから。

どこかで途切れた物語
僕らもう一度その先へ
話したいこと 伝えたいことって
ページを埋めてゆくように
ほら 描き足そうよ 何度でも

今までの一緒にいた日々は終わってしまいます。

でもその先には会えなかった日々が続いています。

そこにまた僕らの時間があるんです。

そこはきっと違う色をした素敵な時間なんじゃないでしょうか。

いつか見上げた赤い夕日も
共に過ごした青い日々も
忘れないから 消えやしないから
緑が芽吹くように また会えるから
物語は白い朝日から始まる
「また明日」

長く共にした人との別れは辛いものです。

もう会えなくなると思うと辛いんです。

でも最後ではありません。

また必ず会うことができます。

そしてたとえ会えなかったとしても、心の中の思い出を通して再会することができるんです。

別れは辛いものではありません。

再会というものがあるんだから。

YOASOBI「三原色」MVの意味(解釈)とは?

別れを経験して失念しています。

何かが心の中から崩れ落ちたように感じ、ぼーっとした日々を過ごしているんです。

あの日々を懐かしく思い苦しんでいます。

友人と楽しそうに遊ぶ人を見て羨ましくも思います。

僕にもあの頃は友人がたくさんいたのに。

そんなことを考えています。

でも悲しいと感じたなら、またその人たちに会えばいんです。

きっと彼らも同じことを考えているんじゃないでしょうか。

また会いたいと。

たとえ離れ離れになったとしても、再会することができます。

そう思えたら辛いこと悲しいことも一緒に乗り越えていけるんじゃないでしょうか。

たとえ会うことができなくても、SNSやメッセンジャーアプリで毎日会話することができます。

僕らは1人じゃないんです。

けれど、離れたあとはそれぞれの時間が始まるため、なかなか再会する時間が取れなくなります。

かつての友人にも新しい友人ができるんです。

そうやって本当に会えなくなる時がやってくるかもしれません。

でも願い続ければまた必ず会うことができます。

YOASOBI「三原色」タイトルの意味(解釈)とは?

三原色は交わると無限の色を作ることができます。

3つ集まれば、いろんな可能性を持っているんです。

でも1つだと1つの色しか作ることができません。

重ならなければできないことがあるんです。

それは人にも言えることなのだということです。

1人では何もできません。

協力するからこそできることがあります。

そして一緒にいることで作られる感情や体験があるんです。

この曲はそれが文明によってやりやすくなっていると言っているんですが、なんだかとても素敵なことを言っているように思います。

素晴らしい歌詞だと思います。

たとえ離れ離れになってもまた会えるんです。

そして会うことは無限の可能性に満ちているということです。