YOASOBI「群青」歌詞の意味(解釈)とは?〜怖がらずに本当にやりたいことをやろうよ!〜

YOASOBI

YOASOBIの「群青」は、ブルボン「アルフォートミニチョコレート」CMソングです。

YOASOBIの「群青」は、どのような曲なのでしょうか。

YOASOBIの「群青」の歌詞の意味を考えいきます。

YOASOBI「群青」歌詞

作詞・作曲:Ayase

嗚呼、いつもの様に
過ぎる日々にあくびが出る
さんざめく夜、越え、今日も
渋谷の街に朝が降る
どこか虚しいような
そんな気持ち
つまらないな
でもそれでいい
そんなもんさ
これでいい

知らず知らず隠してた
本当の声を響かせてよ、ほら
見ないフリしていても
確かにそこにある

感じたままに描く
自分で選んだその色で
眠い空気纏う朝に
訪れた青い世界
好きなものを好きだと言う
怖くて仕方ないけど
本当の自分
出会えた気がしたんだ

嗚呼、手を伸ばせば伸ばすほどに
遠くへゆく
思うようにいかない、今日も
また慌ただしくもがいてる
悔しい気持ちも
ただ情けなくて
涙が出る
踏み込むほど
苦しくなる
痛くもなる

感じたままに進む
自分で選んだこの道を
重いまぶた擦る夜に
しがみついた青い誓い
好きなことを続けること
それは「楽しい」だけじゃない
本当にできる?
不安になるけど

何枚でも
ほら何枚でも
自信がないから描いてきたんだよ
何回でも
ほら何回でも
積み上げてきたことが武器になる
周りを見たって
誰と比べたって
僕にしかできないことはなんだ
今でも自信なんかない
それでも

感じたことない気持ち
知らずにいた想い
あの日踏み出して
初めて感じたこの痛みも全部
好きなものと向き合うことで
触れたまだ小さな光
大丈夫、行こう、あとは楽しむだけだ

全てを賭けて描く
自分にしか出せない色で
朝も夜も走り続け
見つけ出した青い光
好きなものと向き合うこと
今だって怖いことだけど
もう今はあの日の透明な僕じゃない
ありのままの
かけがえの無い僕だ

知らず知らず隠してた
本当の声を響かせてよ、ほら
見ないフリしていても
確かにそこに今もそこにあるよ
知らず知らず隠してた
本当の声を響かせてよ、さあ
見ないフリしていても
確かにそこに君の中に

YOASOBI「群青」歌詞の意味(解釈)とは?

YOASOBIの「群青」は、怖くても自分が本当にやりたいことをやろうよと伝えた曲です。

YOASOBIの「群青」は、具体的にどのようなことを伝えているんでしょうか。

YOASOBIの「群青」の歌詞の意味を、歌詞考察歴3年の私が考えていきます。

嗚呼、いつもの様に
過ぎる日々にあくびが出る
さんざめく夜、越え、今日も
渋谷の街に朝が降る
どこか虚しいような
そんな気持ち
つまらないな
でもそれでいい
そんなもんさ
これでいい

普通の日常があります。

同じことが繰り返されています。

平和で生きられる、それを噛み締めています。

知らず知らず隠してた
本当の声を響かせてよ、ほら
見ないフリしていても
確かにそこにある

自分がやりたいことをずっと隅に追いやってきました。

だからなかなかその思いを心に描くことができなくなっています。

でも本当はあるはずです。

自分が心の底から思えるものが。

感じたままに描く
自分で選んだその色で
眠い空気纏う朝に
訪れた青い世界
好きなものを好きだと言う
怖くて仕方ないけど
本当の自分
出会えた気がしたんだ

群青色の真っ青な朝。

自分が本当にやりたいことに気づきました。

押し殺してきたやりたいと思う気持ちを解放できたんです。

僕は今から本当にやりたいことをやろうと思います。

嗚呼、手を伸ばせば伸ばすほどに
遠くへゆく
思うようにいかない、今日も
また慌ただしくもがいてる
悔しい気持ちも
ただ情けなくて
涙が出る
踏み込むほど
苦しくなる
痛くもなる

うまくいかないこともあります。

努力しているのに、思うように進みまないことがあります。

それは自分が本当にやりたかったことにチャレンジしている証拠です。

うまくいかなくて悔しい。

今まで他人の評価ばかりしていたけれど、自分はそんな人たちよりも全然できなくて落ち込んでしまうんです。

自分なんてこんなものだったのかと悲しくなります。

感じたままに進む
自分で選んだこの道を
重いまぶた擦る夜に
しがみついた青い誓い
好きなことを続けること
それは「楽しい」だけじゃない
本当にできる?
不安になるけど

やりたいことをする。

そこにも嫌なことがあります。

一生お金にならない可能性もある。

そんな覚悟があるのかと問うと、怖いと言っている自分がいます。

それでも本当の自分をやりたいと思ったんです。

もう嘘はつきたくないんです。

何枚でも
ほら何枚でも
自信がないから描いてきたんだよ
何回でも
ほら何回でも
積み上げてきたことが武器になる
周りを見たって
誰と比べたって
僕にしかできないことはなんだ
今でも自信なんかない
それでも

今はまだ誰にも評価されなくても、繰り返し積み重ねることに意味があります。

「全然ダメだ。才能がないんだ。」そう思う日々との戦いです。

誰にも評価されない時間をどれだけ続けられるかが勝負なんです。

感じたことない気持ち
知らずにいた想い
あの日踏み出して
初めて感じたこの痛みも全部
好きなものと向き合うことで
触れたまだ小さな光
大丈夫、行こう、あとは楽しむだけだ

うまくいかない日々が続いています。

やりたいことをやれているのに、こんなに苦しんです。

でも続けていると、いつか光の片鱗に出会う時がくるんです。

いつになるかはわかりません。

でもそれは必ずやってきます。

全てを賭けて描く
自分にしか出せない色で
朝も夜も走り続け
見つけ出した青い光
好きなものと向き合うこと
今だって怖いことだけど
もう今はあの日の透明な僕じゃない
ありのままの
かけがえの無い僕だ

今やっていることは本当に自分がやりたいことなんです。

こんなことでは生活できないけれど、先行きどうなるかわかないけれど

これが本当に自分がたりたいことなんです。

嘘のない自分をやってる方が嬉しいんです。

だか僕はこれを進むんです。

周りと違っても、いいんです。

知らず知らず隠してた
本当の声を響かせてよ、ほら
見ないフリしていても
確かにそこに今もそこにあるよ
知らず知らず隠してた
本当の声を響かせてよ、さあ
見ないフリしていても
確かにそこに君の中に

心の底からやりたいと思うことをやってほしい。

そんなことをしても生活できない。

でもそれで自分のやりたいと思う気持ちを押し殺すのはもったいない。

本当にやりたいことはなんなんだろう。

自分の胸に必ずあるはずです。

YOASOBI「群青」を聴いた感想

青く澄んだ群青色のような真のやりたいことが心の中にあるはずです。

でも私たちは生活のためにそれを捨てて生きています。

ミュージシャン、お笑い芸人、俳優たちは稼げない時期を乗り越えて光を掴んだ存在です。

私たちにも一番やりたいと思うことがあるはずです。

それで生計を立てることができたらどんなに幸せなことだろう。

夢を追いかけること、それは夢物語なんでしょうか。

もう完全に諦めてしまったのであれば、それで良いと思います。

でも少しでも未練があるのであれば、今一度恐怖を捨ててもう一度試してみてもいいんじゃないか。

「群青」はそんなことを教えてくれている曲だと思います。

その心の色は群青色なんです。

YOASOBI「群青」MVの意味とは?

人類滅亡の時、自分は今本当はやりたくないことをやっているとしたら、そこから逃げ出して何をするんでしょうか。

やりたかったこと、今までできなかったこと、それはなんなんでしょうか。

飛び出してやりたくて、手に入れたいものに真っ先に進んでいくはずです。

それを日常でも探して進んでほしいんです。

たとえ世界最後の日が来たとしても、自分が本当にやりたいことをその瞬間にできていたとしたら、後悔することはありません。

でもその時、本当にやりたいと思えることができていなかったとして、その本当にやりたいことをすることに間に合わなかったらどうでしょう。

後悔しながら、そして本当にやりたかったことをできずに終わることになります。

だとしたら毎日やりたいと思うことを行う必要があるんじゃないかとそんなことを思いました。