宮本浩次「shining」歌詞の意味(解釈)とは?〜どんな時も心に光を灯して〜

宮本浩次

宮本浩次さんの「shining」は、ドラマ「十三代目市川團十郎白猿襲名記念特別企画『桶狭間〜織田信長 覇王の誕生〜』」の主題歌です。

宮本浩次さんの「shining」は、どのような曲なのでしょうか。

宮本浩次さんの「shining」の歌詞の意味(解釈)を考えていきます。

宮本浩次「shining」歌詞

作詞・作曲:宮本浩次

俺は今日も夢追いかける
空を行くあの鳥のように
心よ高く舞い踊れ
軽やかに気高く美しくあれ
そうさ俺は旅人さ
心に熱き火を灯す
春夏秋冬自由であれ
流れ行く風のようにamore
ああ寄せては返すあの波の如し
尽きない悲しみ振り払いゆけ

Shining 今輝け心の全て解き放って
Shining 今咲き誇れ命の限りを尽くして

ああ風が吹いてる荒野に舞う男の夢

愛する人よ抱きしめよう
今という永遠を
言葉にすれば嘘になる
流れる時に身を委ねてamore
ふと振り仰げば思い出の丘に
月の輝き今宵もさやけし

Shining 君の頬に一筋の涙こぼれる
Shining 我が心に新たな旅立ちの予感

ああ行くしかないな月夜に誓う男のうた

Shining 今が俺の目指した場所
そして俺の始まりの場所
俺が俺らしく生きるために
戦いの日々は続く空の下

Shining 今輝け心の全て解き放って
Shining 今咲き誇れ金の限りを尽くして
Shining shining shining

ああ風が吹いてる荒野に咲く一輪の花

宮本浩次「shining」歌詞の意味(解釈)とは?

宮本浩次さんの「shining」は、心を奮い立たせてくれる曲です。

宮本浩次さんの「shining」は、具体的にどのようなことを伝えようとしているのでしょうか。

宮本浩次さんの「shining」の歌詞の意味(解釈)を、歌詞考察歴3年の私が考えていきます。

俺は今日も夢追いかける
空を行くあの鳥のように
心よ高く舞い踊れ
軽やかに気高く美しくあれ
そうさ俺は旅人さ
心に熱き火を灯す
春夏秋冬自由であれ
流れ行く風のようにamore
ああ寄せては返すあの波の如し
尽きない悲しみ振り払いゆけ

いつも心に熱い物を持ち進んでいきます。

嫌なことがあるかも知れませんが、熱い心で進んでいくんです。

自由、気高さ、美しさ、希望、これらを持ちつつ進んでいきます。

Shining 今輝け心の全て解き放って
Shining 今咲き誇れ命の限りを尽くして

俺たちは輝き続けないといけません。

その心に熱い炎を灯して、輝き続けるんです。

常に行動し、常に一生懸命に活動するんです。

ああ風が吹いてる荒野に舞う男の夢

愛する人よ抱きしめよう
今という永遠を
言葉にすれば嘘になる
流れる時に身を委ねてamore
ふと振り仰げば思い出の丘に
月の輝き今宵もさやけし

どんな時でも夢を追いかけます。

さやけしとは、光がさえて明るいという意味です。

愛する人を永遠に愛し続けます。

永遠という言葉は口にすると、軽く聞こえるので心の中で誓うんです。

それこそが本当の愛なのです。

暗闇の中でも光が希望を与えてくれます。

そんな光のような存在になりたいんです。

Shining 君の頬に一筋の涙こぼれる
Shining 我が心に新たな旅立ちの予感

愛する人が泣いてしまいます。

また別れがやってきたのかもしれません。

涙も輝きます。

でもその輝きは切ないものです。

ああ行くしかないな月夜に誓う男のうた

Shining 今が俺の目指した場所
そして俺の始まりの場所
俺が俺らしく生きるために
戦いの日々は続く空の下

どんなことがあっても、熱い心はこの胸にあります。

周りがどう変化しようと、心だけは自分のものです。

その熱い心を絶やさぬよう、進み続けるんです。

Shining 今輝け心の全て解き放って
Shining 今咲き誇れ金の限りを尽くして
Shining shining shining

ああ風が吹いてる荒野に咲く一輪の花

どんな時でも輝き続けなければなりません。

自分の持つ全ての力を使って輝き続けます。

できることを全て出し尽くすんです。

そうやって日々を暮らすんです。

宮本浩次「shining」を聴いた感想

うつ病になると頑張らない方がいいというけれど、もしもうつ病ではないのであれば、熱い心で歩み続けたいと思いました。

「shining=輝く」です。

電灯が輝くように自分の魂を燃やし続けたいものです。

内なるものを燃やし続けて輝き続けるんです。

そうすれば、暗い道をも照らすことができるかも知れません。

周りの人が落ち込んでいる時に希望を示す光になるかも知れません。

心が正常な時はどんな時も前を向き、歩んでいきたいと思いました。

そんな気持ちを奮い立たせてくれる曲です。

ドラマ「十三代目市川團十郎白猿襲名記念特別企画『桶狭間〜織田信長 覇王の誕生〜』」とは?

ドラマ「十三代目市川團十郎白猿襲名記念特別企画『桶狭間〜織田信長 覇王の誕生〜』」は、中尾明慶(豊臣秀吉)、広瀬すず、三上博史、北村一輝、黒木瞳、佐藤浩市など豪華メンバーが集結したフジテレビのドラマです。

そして勸玄くんが吉法師を演じました。

織田信長を市川團十郎が演じます。