YOASOBI「優しい彗星」歌詞の意味(解釈)とは?〜愛の大切さ、無常〜

YOASOBI

YOASOBIの「優しい彗星」は、TVアニメ『BEASTARS』第二期エンディングテーマです。

YOASOBIの「優しい彗星」はどのような曲なのでしょうか。

YOASOBIの「優しい彗星」の歌詞の意味(解釈)を考えていきます。

YOASOBI「優しい彗星」歌詞

作詞・作曲:Ayase

今、静かな夜の中で
無計画に車を走らせた
左隣、あなたの
横顔を月が照らした

ただ、思い出を探る様に
辿る様に言葉を繋ぎ合わせれば
どうしようもなく溢れてくる
日々の記憶

あなたのそばで生きると決めたその日から
少しずつ変わり始めた世界
強く在るように弱さを隠すように
演じてきた日々に
ある日突然現れたその眼差しが
知らなかったこと教えてくれた
守るべきものがあればそれだけで
こんなにも強くなれるんだ

深い深い暗闇の中で
出会い、共に過ごしてきた
類の無い日々
心地よかった
いや、幸せだった
確かにほら
救われたんだよ
あなたに

わずかな光を捉えて輝いたのは
まるで流れ星のような涙
不器用な命から流れて零れ落ちた
美しい涙

強く大きな体に秘めた優しさも
どこか苦しげなその顔も
愛しく思うんだ
姿形じゃないんだ
やっと気付いたんだ
無情に響く銃声が夜を引き裂く
別れの息吹が襲いかかる
刹那に輝いた無慈悲な流れ星
祈りはただ届かずに消えた

この、手の中で燃え尽きた
金色の優しい彗星を
美しいたてがみを
暗闇の中握り締めた

YOASOBI「優しい彗星」歌詞の意味(解釈)とは?

YOASOBIの「優しい彗星」は、愛の大切さ、無常を伝えた曲です。

YOASOBIの「優しい彗星」は具体的にどのような曲なのでしょうか。

YOASOBIの「優しい彗星」の歌詞に意味(解釈)を、歌詞考察歴3年の私が考えていきます。

今、静かな夜の中で
無計画に車を走らせた
左隣、あなたの
横顔を月が照らした

どこかに行くんでしょうか。

何かむしゃくしゃしたのかもしれません。

君は月の光で輝いています。

とても静かな夜に見えます。

ただ、思い出を探る様に
辿る様に言葉を繋ぎ合わせれば
どうしようもなく溢れてくる
日々の記憶

思い出を回想しています。

何かの終わりが近づいている可能性があります。

それは楽しかった思い出なのでしょうか。

あなたのそばで生きると決めたその日から
少しずつ変わり始めた世界
強く在るように弱さを隠すように
演じてきた日々に
ある日突然現れたその眼差しが
知らなかったこと教えてくれた
守るべきものがあればそれだけで
こんなにも強くなれるんだ

あなたと一緒にいることで強くなりました。

弱音を吐きたい時も吐かずにグッと我慢してきました。

なぜならあなたに自分の弱い部分を見せたくなかったから。

強く優しい自分でありたいと思ったから。

愛することで人は強くなるんです。

深い深い暗闇の中で
出会い、共に過ごしてきた
類の無い日々
心地よかった
いや、幸せだった
確かにほら
救われたんだよ
あなたに

あなたに出会ってからの世界は、今までとは違う奇跡のような日々でした。

それまでの自分は闇に落ちていました。

そこから救ってくれたのがあなただったんです。

あなたとの日々はとても美しく、心地よい日々でした。

辛い時も悲しい時も、そこは幸せな場所だったんです。

わずかな光を捉えて輝いたのは
まるで流れ星のような涙
不器用な命から流れて零れ落ちた
美しい涙

でもあなたが涙を流す日がありました。

それはどんな涙だったんでしょうか。

自分はあなたが流す涙をも美しいと感じました。

愛する人から流れた涙をなんとも愛おしく感じます。

強く大きな体に秘めた優しさも
どこか苦しげなその顔も
愛しく思うんだ
姿形じゃないんだ
やっと気付いたんだ
無情に響く銃声が夜を引き裂く
別れの息吹が襲いかかる
刹那に輝いた無慈悲な流れ星
祈りはただ届かずに消えた

突然の死がやってきます。

大切な人が突然亡くなり、全てを奪ってしまいます。

どんなあなたをも愛していた私からあなたは消えていきました。

生きてほしいと願っても届かない、命の儚さを感じました。

この、手の中で燃え尽きた
金色の優しい彗星を
美しいたてがみを
暗闇の中握り締めた

愛する人は自分の腕の中で亡くなりました。

徐々に冷たくなるその体温を感じ、胸が熱くなりました。

その魂は星のように消えていき、私をまた闇へと導きます。

でもそこにはあなたとの記憶が残るんです。

YOASOBI「優しい彗星」を聴いた感想

やっと手に入れた幸せは突如として失われました。

無常。

物事は常に変化します。

同じことが繰り返されることはありません。

どんなことも変わり続けます。

それこそが運命であり、人生なんですね。

そのことを伝えているような気がします。

でも愛する人がそばにいるだけで世界が変わることを知れたこと。

強くなれると知れたことはとても幸せなことなのかもしれません。

辛いことを経験したのですが、また良い変化も起きるんです。

YOASOBI「優しい彗星」MVの意味(解釈)とは?

愛する人はいろんな面を持っていました。

強いあなた、弱いあなた、怖いあなた、勇敢なあなた、残酷なあなた。

いろんな一面を私は見てきたんです。

誰もが持つ感情をあなたも持っていたんです。

綺麗なように見えたけれど、マイナスの面も持ち合わせていました。

それに気づいた時、私はどう思ったんでしょうか。

私はあなたに傷つけられたことはありません。

でもいつかあなたが私を傷つける日がやってくるかも知れません。

その時私はどう思うんでしょうか。

あなたの存在により受ける私へのプラスの効果もそれに勝るほど強いんです。

どんなに私を傷つけたとしても、私はあなたを守るでしょう。

失っては困るもの。

たとえ自分の身を呈してもあなたを守ります。

それが正しい選択なのかわかりませんが。

そうするしかないのです。

守られた人はその結末をどう感じるんでしょうか。

その後も続く人生をどうやって生きるんでしょうか。

TVアニメ『BEASTARS』とは?

TVアニメ『BEASTARS』は肉食獣なのに草食動物に恋をした主人公が、社会の常識を越えて愛を育む物語です。

『BEASTARS』は第11回マンガ大賞で大賞を受賞しています。