『呪術廻戦』オープニング主題歌Eve「廻廻奇譚」歌詞の意味(解釈)とは?〜どんなことがあってもおかしくなっちゃいけないよ〜

Eve

Eveの「廻廻奇譚」は、アニメ『呪術廻戦』のオープニング主題歌です。

Eveの「廻廻奇譚」は、どのような曲なのでしょうか。

Eveの「廻廻奇譚」の歌詞の意味(解釈)を考えていきます。

Eve「廻廻奇譚」歌詞

作詞・作曲:Eve

有象無象 人の成り
虚勢 心象 人外 物の怪みたいだ

虚心坦懐命 宿し
あとはぱっぱらぱな中身なき人間

寄せる期待 不平等な人生
才能もない 大乗 非日常が

怨親平等に没個性
辿る記憶 僕に
居場所などないから

夢の狭間で泣いてないで
どんな顔すればいいか わかってる
だけどまだ応えてくれよ

闇を祓って 闇を祓って
夜の帳が下りたら合図だ
相対して 廻る環状戦
戯言などは 吐き捨ていけと

まだ止めないで まだ止めないで
誰よりも聡く在る 街に生まれしこの正体を
今はただ呪い呪われた僕の未来を創造して
走って 転んで 消えない痛み抱いては
世界が待ってる この一瞬を

抒情的 感情が 揺らいでいくバグ
従順に従った欠陥の罰
死守選択しかない愛に無常気
声も出せないまま

傀儡な誓いのなき百鬼夜行
数珠繋ぎなこの果てまでも
極楽往生 現実蹴って 凪いで
命を投げ出さないで

内の脆さに浸って
どんな顔すればいいか わかんないよ
今はただ応えてくれよ

五常を解いて 五常を解いて
不確かな声を紡ぐイデア
相殺して 廻る感情線
その先に今 立ち上がる手を

ただ追いかけて ただ追いかけて
誰よりも強く在りたいと願う 君の運命すら
今はただ 仄暗い夜の底に
深く深く落ちこんで

不格好に見えたかい
これが今の僕なんだ
何者にも成れないだけの屍だ 嗤えよ

目の前の全てから 逃げることさえやめた
イメージを繰り返し
想像の先をいけと

闇を祓って 闇を祓って
夜の帳が下りたら合図だ
相対して 廻る環状戦
戯言などは 吐き捨ていけと

まだ止めないで まだ止めないで
誰よりも聡く在る 街に生まれしこの正体を
今はただ呪い呪われた僕の未来を創造して
走って 転んで 消えない痛み抱いては
世界が待ってる この一瞬を

Eve「廻廻奇譚」歌詞の意味(解釈)とは?

Eveの「廻廻奇譚」は、どんなことがあっても狂っちゃいけないよと伝えている曲です。

Eveの「廻廻奇譚」は、具体的にどのようなことを伝えているんでしょうか。

歌詞考察歴3年の私が、Eveの「廻廻奇譚」の歌詞の意味(解釈)を考えていきます。

有象無象 人の成り
虚勢 心象 人外 物の怪みたいだ

有象無象とは「世にたくさんあるくだらないこと」です。

人の成りは「人となり」のことでしょうか。

人柄や人物像を指します。

虚勢は「見かけばかりの勢い」。

心象(しんしょう)はイメージ。

人外は人の住んでいない世界のことを指します。

物の怪(もののけ)は人間に取り憑いて悪さをするもののことです。

人は物の怪のようだと言っているのかもしれません。

くだらないこと、見かけばかりの勢い、イメージ、人柄、それらは人に悪影響を与えると言っているのでしょうか。

虚心坦懐命 宿し
あとはぱっぱらぱな中身なき人間

寄せる期待 不平等な人生
才能もない 大乗 非日常が

虚心坦懐とは平静に物事が進むことです。

わだかまり(障害)がなくスムーズに進むことです。

うまくこなしているように見えますが、実際はなにも詰まってなくて、空っぽな人間はいろんな問題を抱えています。

大乗はみんなが幸せになることを考えることです。

自分のことだけではなく、多くの人が幸せになることを考えることを目指す必要があります。

怨親平等に没個性
辿る記憶 僕に
居場所などないから

怨親平等(おんしんびょうどう)は敵も味方もなく平等に接するという意味です。

没個性は個性がないということです。

誰彼構わずいい振る舞いをしていたら、個性をなくすと言っています。

そんなことをしていると、個性を居場所をなくしてしまうということでしょうか。

みんなに合わせることで、居場所を作ろうとしているのに、それがかえって逆効果になるのかもしれません。

夢の狭間で泣いてないで
どんな顔すればいいか わかってる
だけどまだ応えてくれよ

何がなんだかわからないところで、彷徨っています。

笑顔をつくらなきゃいけないことを知っています。

でも今はそれどころじゃありません。

まだ大丈夫だけれど、いつおかしくなるかわかりません。

闇を祓って 闇を祓って
夜の帳が下りたら合図だ
相対して 廻る環状戦
戯言などは 吐き捨ていけと

夜の帳が下りるとは夜になって暗くなるということです。

戯言は馬鹿な言葉のことです。

集中すべき時は集中しなければなりません。

不平や不満を言ってもどうにもなりません。

やるべき時にはしっかりそれを行うんです。

嫌なイメージを全て消し去るために。

まだ止めないで まだ止めないで
誰よりも聡く在る 街に生まれしこの正体を
今はただ呪い呪われた僕の未来を創造して
走って 転んで 消えない痛み抱いては
世界が待ってる この一瞬を

聡く(さとく)の聡いとは理解や判断が的確で早いということです。

苦労があろうとも賢明であろうと思わなければなりません。

誰かのために、賢明に正しい判断をする必要があります。

どんな苦しいことがあっても、正しく生きなければなりません。

抒情的 感情が 揺らいでいくバグ
従順に従った欠陥の罰
死守選択しかない愛に無常気
声も出せないまま

抒情的(じょじょうてき)とは、感情が外に現れてしまうことを言います。

感情を表に出してはいけません。

常に冷静にあるべきなんです。

無常気は世の中を儚く思う心です。

誰かに従い、尽くしても裏切られることがあります。

守った挙句に奪われることもあります。

それが世の儚さです。

そういうものに絶句し、打ちのめされることがあります。

そうして感情をあらわにしてしまうんです。

傀儡な誓いのなき百鬼夜行
数珠繋ぎなこの果てまでも
極楽往生 現実蹴って 凪いで
命を投げ出さないで

傀儡は、音楽に合わせて踊らせる人形です。

百鬼夜行は怪物の群れです。

数珠繋ぎは多くの人や物を1つにつなぐことです。

悪いことは人が操れるものではありません。

いつでも起こりえることです。

幻想に囚われず、苦境にめげず、狂わずいかなる時も平静に対処するべきなんです。

内の脆さに浸って
どんな顔すればいいか わかんないよ
今はただ応えてくれよ

自分が思うままに行動すれば、身を滅ぼすことになります。

常に冷静に物事に対処するんです。

取り乱したりしてはいけません。

五常を解いて 五常を解いて
不確かな声を紡ぐイデア
相殺して 廻る感情線
その先に今 立ち上がる手を

五常は儒教でいう、仁・義・礼・智・信を指します。

イデアは見た目のことです。

物の見た目は、感情に左右されます。

心の中は見透かされています。

でもやるべき時にきちんと行いをすれば、見直してくれる時がやってきます。

ただ追いかけて ただ追いかけて
誰よりも強く在りたいと願う 君の運命すら
今はただ 仄暗い夜の底に
深く深く落ちこんで

今は辛いことが多いかもしれません。

でもそれに負けずに進み続けなければなりません。

不格好に見えたかい
これが今の僕なんだ
何者にも成れないだけの屍だ 嗤えよ

屍はかばねです。

嗤えは嗤う、つまり「笑う」ということです。

誰かの失敗を笑ったりする時に使います。

醜く見えてもいいです。

誰に笑われても良いと言っています。

目の前の全てから 逃げることさえやめた
イメージを繰り返し
想像の先をいけと

周りからどう思われていようと関係ありません。

自分がどう思っていようと関係あります。

やりたいと思うこと、それが今の自分にはできないことだとしてもやり続ける必要があります。

それこそが成長なんです。

闇を祓って 闇を祓って
夜の帳が下りたら合図だ
相対して 廻る環状戦
戯言などは 吐き捨ていけと

辛いことが起きた時が勝負です。

その時こそやるべきことを行う時なんです。

逃げたりしてはいけません。

その時に戦うんです。

まだ止めないで まだ止めないで
誰よりも聡く在る 街に生まれしこの正体を
今はただ呪い呪われた僕の未来を創造して
走って 転んで 消えない痛み抱いては
世界が待ってる この一瞬を

どんなに辛いことがあったとしても冷静に対処するんです。

今はまだそんなにうまくできないとしても、鍛錬を続けるべきです。

そうすれば傷が癒える時がやってきます。

呪術廻戦の意味

呪術廻戦に出てくる取り憑く物たちは、人間に潜む悪をたとえているんだと思います。

人はそういう悪い心といつも戦っています。

嫌なことが起きると、悪が芽生えてくる。

そういうものを退治しないといけない。

自らの力で退治する必要があるのだけれど、それがうまくできないことが多いんです。

だからこそ常に冷静に、元の自分に戻れるように努力する必要があります。

知り合いがそういう境地に陥った時も、そこから伝染するのではなく、自分は冷静に戻る努力をする必要があります。

大事なことは普通の自分、冷静な自分がどういう状態か知ることなのかもしれません。

Eve「廻廻奇譚」MVの意味

何かの呪文とか、目に見えない物を祓うとか、胡散臭いものは全て関係ありません。

周りで何が起きようが、ただ正しい心を持ち続ければいいんです。

周りに惑わされず自分の正しい道を信じて行動すればいいです。

心を掻き乱されてはいけません。

ただひたすらに正しい道を見続ければいいんです。

そして悪いものすら、美しい輝きに導きます。

どんなものにも惑わされなければ、狂った物をも浄化していきます。

ただひたすら正しき道を進むんです。

常に正しい心を纏い、綺麗な光を放てば、悪いものも立ち入ることができません。