YOASOBI「怪物」歌詞の意味(解釈)とは?〜本当の気持ちを押さえ込まないで〜

YOASOBI

YOASOBIの「怪物」は、TVアニメ『BEASTARS』第二期オープニングテーマ曲です。

YOASOBIの「怪物」は、どのような曲なのでしょうか。

YOASOBIの「怪物」の歌詞の意味(解釈)を考えていきます。

YOASOBI「怪物」歌詞

作詞・作曲:Ayase

素晴らしき世界に今日も乾杯
街に飛び交う笑い声も
見て見ぬフリしてるだけの作りもんさ
気が触れそうだ
クラクラするほどの良い匂いが
ツンと刺した鼻の奥
目を覚ます本能のまま
今日は誰の番だ?

この世界で何が出来るのか
僕には何が出来るのか
ただその真っ黒な目から
涙溢れ落ちないように

願う未来に何度でもずっと
喰らいつく
この間違いだらけの世界の中
君には笑ってほしいから
もう誰も傷付けない
強く強くなりたいんだよ
僕が僕でいられるように

素晴らしき世界は今日も安泰
街に渦巻く悪い話も
知らない知らないフリして目を逸らした
正気の沙汰じゃないな
真面目に着飾った行進
鳴らす足音が弾む行き先は
消えない消えない味が染み付いている
裏側の世界

清く正しく生きること
誰も悲しませずに生きること
はみ出さず真っ直ぐに生きること
それが間違わないで生きること?
ありのまま生きることが正義か
騙し騙し生きるのは正義か
僕の在るべき姿とはなんだ
本当の僕は何者なんだ
教えてくれよ
教えてくれよ

今日も
答えのない世界の中で
願ってるんだよ
不器用だけれど
いつまでも君とただ
笑っていたいから
跳ねる心臓が
体揺らし叫ぶんだよ
今こそ動き出せ

弱い自分を何度でもずっと
喰らい尽くす
この間違いだらけの世界の中
君には笑ってほしいから
もう誰も泣かないよう
強く強くなりたいんだよ
僕が僕でいられるように

ただ君を守るそのために
走る走る走るんだよ
僕の中の僕を超える

YOASOBI「怪物」歌詞の意味(解釈)とは?

YOASOBIの「怪物」は、本当の自分を出していこうと伝えた曲です。

YOASOBIの「怪物」は、具体的にどのような事を伝えているんでしょうか。

歌詞考察歴3年の私が、YOASOBIの「怪物」の歌詞の意味(解釈)を考えていきます。

素晴らしき世界に今日も乾杯
街に飛び交う笑い声も
見て見ぬフリしてるだけの作りもんさ
気が触れそうだ
クラクラするほどの良い匂いが
ツンと刺した鼻の奥
目を覚ます本能のまま
今日は誰の番だ?

楽しそうに見えるのも偽りで、みんな本当のことを言っていません。

大事なことは何もできていない。

それなのに、みんなうまく行っているかのように騒いでいます。

でも不意に本心を誘うものがあります。

周りに合わせている最中に、すっと我に返ることがあるんです。

この世界で何が出来るのか
僕には何が出来るのか
ただその真っ黒な目から
涙溢れ落ちないように

自分の力はとてもちっぽけで、何もできないことを知っています。

でも世界を動かしている有名人のようになりたいと思うことがあります。

僕らは周りから見えない、大勢の人と同じなんだ。

そう思うと悲しくなります。

願う未来に何度でもずっと
喰らいつく
この間違いだらけの世界の中
君には笑ってほしいから
もう誰も傷付けない
強く強くなりたいんだよ
僕が僕でいられるように

たとえ叶わないことだとしても、何度でもチャレンジしたい。

ダメだとしても、より良い未来のために頑張りたい。

でも僕らの世界は凡人がうまくいかないようにできているんでしょうか。

ただ愛する人を幸せにしたいだけなのに。

素晴らしき世界は今日も安泰
街に渦巻く悪い話も
知らない知らないフリして目を逸らした
正気の沙汰じゃないな
真面目に着飾った行進
鳴らす足音が弾む行き先は
消えない消えない味が染み付いている
裏側の世界

僕らは自分だけには不幸が起きないようにと隠れて過ごしています。

問題がないように見えて、密かに起きている問題には蓋をします。

今がよければ良いと、問題を後回しにしています。

そうやって綺麗に見えるその道の先には暗い未来が待ち構えているかもしれないのに。

そんなことを気にせずみんなで同じ場所へ進んでいくんです。

清く正しく生きること
誰も悲しませずに生きること
はみ出さず真っ直ぐに生きること
それが間違わないで生きること?
ありのまま生きることが正義か
騙し騙し生きるのは正義か
僕の在るべき姿とはなんだ
本当の僕は何者なんだ
教えてくれよ
教えてくれよ

誰にも迷惑をかけず、誰からも愛されて、自分の意見を言わず、ただ流されることが望まれています。

周りの人と同じように、日々をこなします。

でもそれでは自分が本当にやりたいことをやれていない気がします。

僕は何をしたいんでしょうか。

本当はどうしたいんでしょうか。

今日も
答えのない世界の中で
願ってるんだよ
不器用だけれど
いつまでも君とただ
笑っていたいから
跳ねる心臓が
体揺らし叫ぶんだよ
今こそ動き出せ

本当のことは全くわからない。

どうすれば良いのかなどいくら考えてもわからない。

この状況が良くなるかどうかも全くわからない。

でも願う未来は君との美しい未来。

そのためならなんだってできると思うんです。

君とずっと一緒に幸せに暮らしたいんだ。

それは本心だとわかります。

弱い自分を何度でもずっと
喰らい尽くす
この間違いだらけの世界の中
君には笑ってほしいから
もう誰も泣かないよう
強く強くなりたいんだよ
僕が僕でいられるように

本当の自分で生きられる世界に作り替えたい。

だから僕は何度でも挑戦します。

今はまだ弱いかもしれないけれど、強くなるために。

君がいつか本当の自分で生きられるように、僕は努力したいんです。

ただ君を守るそのために
走る走る走るんだよ
僕の中の僕を超える

もうみんなに合わせるにはやめにしたい。

誰に何を言われても進み続けたい。

それが変わらない日常へ続く未来であれば、君を幸せにする未来であれば。

君がいれば、怖くないから。

YOASOBI「怪物」を聴いた感想

周りの人に嫌われたくないから、周りに人に同調して、可もなく不可もなく平均点になれるように努力してきました。

当たり障りのない返答ができて、周りの空気を壊さない。

そうやってうまくこなしてきました。

でもそうしているうちに自分が何をしたいのかわからなくなりました。

本当の自分が何なのかわからなくなったんです。

でも君に恋をしてから、君と幸せになりたいと願う気持ちは素直に自分の本当の気持ちだとわかりました。

その本当の気持ちを守るため、僕は今までの同調をやめます。

今は大切なものができたんです。

同時に強くなりたいと思うようになりました。

周りに何を言われるかなど心配する必要はなくなりました。

君さえ幸せにできれば良い。

君を幸せにするためにはどうすればいいのか。

そう考えながら選択できるようになったんです。

それが自分の本心なんです。

YOASOBI「怪物」MVの意味とは?

みんながやっていることが正しいとは限りません。

大事なことは自分はそれをどう思うのか。

助けたい人がいるのであれば、周りに同調せずその人を守れば良いんです。

周りを気にする必要はありません。

自分が正しいと思う事をすればいいんです。

でも周りにはバレてはいけません。

自分が周りと違う事をしているという事がバレてはいけないんです。

そこには偽りの自分がいます。

本当の自分と偽りの自分が並行しているんです。

でもそれがバレてしまったとしても、僕は君を選びます。

自分にとって不利な結果になろうとも、僕は君を守りたい。

誰に後ろ指さされようと最後には君を守りたい。

それが本当の気持ちだから。

それが僕にとっての幸せなんです。