優里「ドライフラワー」歌詞の意味(解釈)とは?〜別れたことを忘れられない〜

歌詞考察

優里さんの「ドライフラワー」は、なんで別れたかわからない失恋の曲です。

優里さんの「ドライフラワー」は、どのような曲なのでしょうか。

優里さんの「ドライフラワー」の歌詞の意味を考えていきます。

優里「ドライフラワー」歌詞

作詞・作曲:優里

多分、私じゃなくていいね
余裕のない二人だったし
気付けば喧嘩ばっかりしてさ
ごめんね

ずっと話そうと思ってた
きっと私たち合わないね
二人きりしかいない部屋でさ
貴方ばかり話していたよね

もしいつか何処かで会えたら
今日の事を笑ってくれるかな
理由もちゃんと話せないけれど
貴方が眠った後に泣くのは嫌

声も顔も不器用なとこも
全部全部 嫌いじゃないの
ドライフラワーみたい
君との日々もきっときっときっときっと
色褪せる

多分、君じゃなくてよかった
もう泣かされることもないし
「私ばかり」なんて言葉も
なくなった

あんなに悲しい別れでも
時間がたてば忘れてく
新しい人と並ぶ君は
ちゃんとうまくやれているのかな

もう顔も見たくないからさ
変に連絡してこないでほしい
都合がいいのは変わってないんだね
でも無視できずにまた少し返事

声も顔も不器用なとこも
多分今も 嫌いじゃないの
ドライフラワーみたく
時間が経てば
きっときっときっときっと色褪せる

月灯りに魔物が揺れる
きっと私もどうかしてる
暗闇に色彩が浮かぶ

赤黄藍色が胸の奥
ずっと貴方の名前を呼ぶ
好きという気持ち
また香る

声も顔も不器用なとこも
全部全部 大嫌いだよ
まだ枯れない花を
君に添えてさ
ずっとずっとずっとずっと
抱えてよ

優里「ドライフラワー」歌詞の意味(解釈)とは?

優里さんの「ドライフラワー」は、別れの後悔のもやもやを伝えた曲です。

優里さんの「ドライフラワー」の歌詞は具体的にどんなことを伝えているのでしょうか。

歌詞考察歴3年の私が、優里さんの「ドライフラワー」の歌詞の意味を考えていきます。

多分、私じゃなくていいね
余裕のない二人だったし
気付けば喧嘩ばっかりしてさ
ごめんね

ずっと話そうと思ってた
きっと私たち合わないね
二人きりしかいない部屋でさ
貴方ばかり話していたよね

もしいつか何処かで会えたら
今日の事を笑ってくれるかな
理由もちゃんと話せないけれど
貴方が眠った後に泣くのは嫌

声も顔も不器用なとこも
全部全部 嫌いじゃないの
ドライフラワーみたい
君との日々もきっときっときっときっと
色褪せる

本当はまだ好きなんでしょうか。

でも別れようとしています。

私はあなたに自分の気持ちを伝えることができません。

私は何かに悩んでいるのではないでしょうか。

あなたが眠ったあと、私の本当の感情が出てきます。

今私が辛いのはあなたのせいじゃないのかもしれません。

私はあなたを本当に嫌いになったわけではありません。

でももうこの恋はあってないようなものなんです。

多分、君じゃなくてよかった
もう泣かされることもないし
「私ばかり」なんて言葉も
なくなった

君は今までとても弱い人でした。

でも私と出会って変わったのかもしれません。

もう私は必要ありません。

状況は変わったんです。

あんなに悲しい別れでも
時間がたてば忘れてく
新しい人と並ぶ君は
ちゃんとうまくやれているのかな

私は何かを言い聞かせているんでしょうか。

君と私はすでに別れています。

君にはもう新しい人ができたんです。

でも私はまだ君のことを考えています。

もう顔も見たくないからさ
変に連絡してこないでほしい
都合がいいのは変わってないんだね
でも無視できずにまた少し返事

君は新しい人ができたのに、まだ連絡してきます。

私はその度に君との時間を思い出します。

私は本当は戻りたいと思っています。

でも君はもう別の人といるんです。

声も顔も不器用なとこも
多分今も 嫌いじゃないの
ドライフラワーみたく
時間が経てば
きっときっときっときっと色褪せる

私はずっと君に囚われています。

時間が経てば、この熱い恋もなくなることを願っています。

でも今はまだちゃんと心の中に残っています。

君と過ごした時間の記憶も君への気持ちも。

月灯りに魔物が揺れる
きっと私もどうかしてる
暗闇に色彩が浮かぶ

夜中になると会いたくなります。

夜中になると君を奪いたくなるんです。

楽しかったことばかり思い出します。

何かが急に込み上げてきて、君を憎むこともあるんです。

赤黄藍色が胸の奥
ずっと貴方の名前を呼ぶ
好きという気持ち
また香る

怒ったり笑ったり、落ち着いたり泣いたり、私の心は不安定です。

いつも貴方の名前を呼んでいました。

今は君は私のものではありません。

忘れないといけない。

けれど忘れられない。

声も顔も不器用なとこも
全部全部 大嫌いだよ
まだ枯れない花を
君に添えてさ
ずっとずっとずっとずっと
抱えてよ

私はまだ君を思い出します。

もう嫌いになりたい。

でも毎日見ていた君の顔の写真を家に飾っています。

君と過ごした時間がまだ昨日みたいに頭の中にあるです。

優里「ドライフラワー」を聴いた感想

なんで別れたかわからない。

嫌になった理由もわからない。

なんとくなく別れてしまった。

毎日同じ繰り返し。

君のことを嫌になっていた。

でも別れた後に気づいた。

君のことを別に嫌いじゃなかったこと。

もうやってしまったこと。

君には新しい人ができた。

私は後悔しているんでしょうか。

戻りたいと思っています。

でももう戻れません。

そんな時に君からの連絡。

もう戻れないのに、君は何を考えているんだろう。

私の心を揺さぶるんです。

優里「ドライフラワー」MVの意味とは?

別れる前、君といろんなところに行った。

多分嫌なことはたくさんあったかもしれません。

でも今思い出すのはあの楽しかった思い出ばかり。

いろんな場所に行った。

その時君が横にいて、私はいろんな気持ちなった。

多分それは今は味わうことのできない気持ちばかりで。

あの時君にもらった花。

とても嬉しかった。

君と一緒にいた時間もとても楽しかった。

その楽しかった時間は枯れていく。

新しいものを買いたいけれど、買えない。

楽しかった思い出が涙に変わる。

夜中になると、苦しくなる。

寂しくなる。

今までは君が隣にいてくれた。

だからそんなことに気づきもしなかった。

夜になると寂しくなること。

じゃあなんで別れてしまったんだろう。

あの時、理由もなく別れてしまったことを後悔しているのかもしれません。

なぜかわからない。

理由もわからなく別れたのに、今とても後悔しています。

優里とは?

created by Rinker
¥250 (2021/04/17 09:10:21時点 Amazon調べ-詳細)

優里さんはTHE BUGZYというバンドのボーカルでした。

THE BUGZY解散後に、渋谷でマイファスの曲を歌っていたところ、マイファスのボーカルhiroさん(ワンオクTakaの弟)が飛び入り参加したことで有名となる。

その後hiroさんが優里さんの楽曲に携わるようになります。