緑黄色社会「Shout Baby」歌詞の意味(解釈)とは?〜『僕のヒーローアカデミア』エンディングテーマソング

緑黄色社会

緑黄色社会の「Shout Baby」は、『僕のヒーローアカデミア』エンディングテーマソングです。

緑黄色社会の「Shout Baby」はどのような曲なのでしょうか。

緑黄色社会の「Shout Baby」の歌詞の意味を考えていきます。

緑黄色社会「Shout Baby」歌詞

作詞・作曲:長屋晴子

いつもと違う髪のにおい
踊らされてしまう悔しいな
緩んでしまう口元 マフラーにそっと沈めた

いつから私こんな風に
我慢強くなれていたんだろう
子供の頃から泣き虫だって馬鹿にされたのに

内緒にしていてね
なんて残酷な言葉
叫び声霞んでく
ありふれてるはずの未来には遠くて

誰に聞かずとも分かる
あいつの元には届きやしない
どこに辿り着けばいい?
分からなくてただ縋り付いて
毎日の不安をかき消すほど
胸を焦がす憧れなど消えない
変わりたい

何でもすぐに後回しに
してしまうような私だから
僅かな繋がりだけでもずっと守りたかった

内緒にしていたら
あってもないようなものだね
忘れてしまえる程
ちっぽけな想いではないよ分かってる?

夜が明ける頃にまた
真面目な姿だけ身に付けて
だってそれしかなかったの
初めてのことに戸惑ってる
退屈な時間をかき消すほど
胸を占めるあいつなんて
もう

こんなもの知りたくなかった
あの時ああすれば良かった
こんなに脆いものだけど
自分を肯定したかった
悪いことをしてるようで
自分が情けなかった
だけど全て初めてで
まだ信じていたかった

誰に聞かずとも分かる
あいつは幸せをくれやしない
それでもあいつがくれたもの
何もなかったわけじゃないから
毎日の不安をかき消すほど
ずるい嘘が嬉しくて消えない
変わりたい

緑黄色社会「Shout Baby」歌詞の意味考察

緑黄色社会の「Shout Baby」は、恋愛感情を通して、前に進んでいこうと教えてくれる曲です。

緑黄色社会の「Shout Baby」はどのようなことを伝えようとしているのでしょうか。

歌詞考察歴3年の私が、緑黄色社会の「Shout Baby」の歌詞の意味を考えていきます。

いつもと違う髪のにおい
踊らされてしまう悔しいな
緩んでしまう口元 マフラーにそっと沈めた

あいつに今日何かいつもと違う変化がありました。

それを感じいろいろ想像してしまうんです。

悪い予感もよぎるけれど、あれこれ考えてしまう私はそれがとても心地いいのかもしれません。

いつから私こんな風に
我慢強くなれていたんだろう
子供の頃から泣き虫だって馬鹿にされたのに

私はなぜかいつもより我慢できます。

あいつは私を変えてくれたのかもしれません。

あいつがいれば、私は強くなれんたんです。

あいつの存在が支えになっていたのではないでしょうか。

内緒にしていてね
なんて残酷な言葉
叫び声霞んでく
ありふれてるはずの未来には遠くて

私はあいつにひどいことを言われたのかもしれません。

それであいつが私を好きではないと気づいてしまったんです。

ワクワクしていた私は消えました。

あいつと幸せになることが難しいことだと気づいたんです。

そして周りのカップルを見て、羨ましく思うんです。

「私もあいつとあんな風にできたらな」と。

誰に聞かずとも分かる
あいつの元には届きやしない
どこに辿り着けばいい?
分からなくてただ縋り付いて
毎日の不安をかき消すほど
胸を焦がす憧れなど消えない
変わりたい

私は諦めなければならないのでしょう。

でもあいつを知ってしまった私は、もはやどうしたらいいかわからないんです。

あいつとの幸せを想像してしまったから、他に幸せはないと感じてしまっているんです。

あいつがまだ好きだ。

今の自分であいつに認めてもらえないなら、私は変わりたいんです。

何でもすぐに後回しに
してしまうような私だから
僅かな繋がりだけでもずっと守りたかった

私は行動力がありません。

引っ込み思案で、積極的に声をかけることができません。

だからあいつと話すことは奇跡だったのかもしれません。

あいつと話せたら、それを最大限に活かさなければなりません。

内緒にしていたら
あってもないようなものだね
忘れてしまえる程
ちっぽけな想いではないよ分かってる?

想いを伝えなければないのと同じです。

私は好きだが、あいつはわかりません。

このままこの想いを告げなければ、何事もなかったように消えるんです。

でも私の思いはすぐそこまで出てきてしまっています。

夜が明ける頃にまた
真面目な姿だけ身に付けて
だってそれしかなかったの
初めてのことに戸惑ってる
退屈な時間をかき消すほど
胸を占めるあいつなんて
もう

私は平静を保つのに必死でした。

周りの人に気づかれないよう隠しているんです。

あいつへの想いは誰にも知られたくありません。

でも本当は誰かに相談したいほど、私は悩んでいます。

こんなもの知りたくなかった
あの時ああすれば良かった
こんなに脆いものだけど
自分を肯定したかった
悪いことをしてるようで
自分が情けなかった
だけど全て初めてで
まだ信じていたかった

恋愛を初めて経験しました。

恋愛がこんなに苦しいものだと思いませんでした。

あいつは私好きではないかもしれません。

それはあの日はっきりとわかったんです。

でもあいつに直接聞いたわけではありません。

本当のところはわかりません。

それに時間は過ぎていきます。

今はもう私を好きになってるかもしれないんです。

誰に聞かずとも分かる
あいつは幸せをくれやしない
それでもあいつがくれたもの
何もなかったわけじゃないから
毎日の不安をかき消すほど
ずるい嘘が嬉しくて消えない
変わりたい

あいつは私を好きでないことはわかっています。

このままあいつを好きでい続けても私にとってはメリットにならないのかもしれません。

でも好きな気持ちはコントロールできません。

私は悲しいです。

苦しいんです。

でもあいつとの関わりがくれたものは苦しみだけではありません。

楽しい時間もくれました。

私はまだ望みを消したわけではありません。

可能性は残されています。

そしてもしも私が変われたならあいつは、私を好きになるかもしれないんです。

全てを前向きに。

ひたすらに。

緑黄色社会とは?

緑黄色社会は男女混成4人組バンドです。

略称は「リョクシャカ」です。

数々のCM、映画主題歌に起用され、「sabotage」は波瑠さん主演の『G線上のあなたと私』の主題歌になりました。

緑黄色社会のこれからの活躍が期待されます。

『僕のヒーローアカデミア』とは?

『僕のヒーローアカデミア』は「週刊少年ジャンプ」に連載されている漫画(堀越耕平さん著)のアニメです。

堀越耕平さんはアメコミの『X-MEN』などに影響を受けているそうです。

ヒーローとな何かを追求した漫画です。

ヒーローとは強いものではなく、人を救うもの。

『僕のヒーローアカデミア』の世界の8割の人は超常能力“個性”を持っています。

人々はヒーローに憧れます。

主人公の緑谷出久はこの個性を持っていません。

それでもヒーローを目指すのです。

ヒーローに必要なものは何か、ヒーローとは何なのかを追求していきます。

緑黄色社会「Shout Baby」とは?

緑黄色社会の「Shout Baby」は、2020年02月19日に発売予定のシングルです。

各種音楽配信サービスではすでに、配信されています。

緑黄色社会「Shout Baby」『僕のヒーローアカデミア』を通して感想

緑黄色社会の「Shout Baby」は、失恋ソングかもしれません。

私は好きな相手(あいつ)が私を好きではないことに気づいているんです。

でもあいつがくれたものは、悲しみだけではないと言っています。

今の私を変えれば、未来も変わると伝えているんだと思いました。

「変わりたい」これは初めての恋愛を経験した私の「Shout」(叫び)だったのではないでしょうか。

人は困難を経験したら成長します。

難しいことに直面すると、臆病になる人もいます。

でも、変わりたいと前向きに捉えることができる人もいるんです。

『僕のヒーローアカデミア』の主人公・緑谷出久にはみんなが持っている超常能力“個性”はありません。

でも心には人一倍の”個性”があるんです。

強い心があれば目に見える強さに立ち向かうことができます。

大事なのは考え方で、強い心を持つものがヒーローだということなのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です