King Gnu「飛行艇」歌詞の意味(解釈)とは?〜やりたいことは全てできる〜

King Gnu

King Gnuの「飛行艇」は、大坂なおみ選手出演のANAの国内版TVCM「ひとには翼がある」篇で流れています。

King Gnu「飛行艇」歌詞

作詞・作曲:Daiki Tsuneta

どんな夢を見に行こうか
正しさばかりに恐れ戦かないで
自由自在に飛び回って
ステップ・バイ・ステップ
ビートを刻んで
果てのないパーティーを
続けようか

この時代に飛び乗って
今夜この街を飛び立って
大空を飛び回って
命揺らせ 命揺らせ

この風に飛び乗って
今夜台風の目となって
大空を飛び回って
命揺らせ 命揺らせ

代わり映えがしない日常の片隅で
無邪気に笑っていられたらいいよな

無意味な旅を続けようか
ワン・バイ・ワン
一歩ずつでいいさ
歓声も罵声も
呑み込んで

この時代に飛び乗って
今夜愚かな杭となって
過ちを恐れないで
命揺らせ 命揺らせ

この風に飛び乗って
今夜名も無き風となって
清濁を併せ呑んで
命揺らせ 命揺らせ

大雨降らせ
大地震わせ
過去を祝え
明日を担え
命揺らせ
命揺らせ

大雨降らせ
大地震わせ
過去を祝え
明日を担え
命揺らせ
命揺らせ

大雨降らせ
大地震わせ
過去を祝え
明日を担え
命揺らせ
命揺らせ

大雨降らせ
大地震わせ
過去を祝え
明日を担え
命揺らせ
命揺らせ

この時代に飛び乗って
今夜この街を飛び立って
大空を飛び回って
命揺らせ 命揺らせ

この風に飛び乗って
今夜台風の目となって
大空を飛び回って
命揺らせ 命揺らせ

貴女の期待に飛び乗って
今夜この羽根で飛びたくて
この大空を飛び出して
命生まれ 命生まれ

この風に飛び乗って
今夜名も無き風となって
清濁を併せ呑んで
命揺らせ 命揺らせ

King Gnu「飛行艇」歌詞の意味考察

King Gnuの「飛行艇」は、飛び回って高いところから世界を見わたそうと言っている曲かもしれません。

歌詞考察歴2年、King Gnu大ファンの私が、King Gnuの「飛行艇」の歌詞の意味を考察していきます。

どんな夢を見に行こうか
正しさばかりに恐れ戦かないで
自由自在に飛び回って
ステップ・バイ・ステップ
ビートを刻んで
果てのないパーティーを
続けようか

ステップ・バイ・ステップとは段階的にという意味です。

人生に目的を持って一歩一歩歩んでいこうと、言っているのではないでしょうか。

正しいと思うことなどしなくていいです。

周りが正しいと思うことなどする必要はありません。

自分がやりたいことをすればいいのです。

それが楽しい人生を歩む秘訣です。

人生は楽しむためにあるんです。

そのために見つけるのが夢であり、夢を追うことは楽しいことだと言ってくれているんです。

この時代に飛び乗って
今夜この街を飛び立って
大空を飛び回って
命揺らせ 命揺らせ

周りの人の意見にとらわれていてはいけません。

人の意見が聞こえない場所で、自分の思いのままを生きるべきです。

だからこそ高いとこからこの世界を見るべきなんです。

いろんなものを自分の目で確かめ、この世界に何があるのか、どういう意味があるので、どんな人が生きているのかを確認する必要があるのではないでしょうか。

この風に飛び乗って
今夜台風の目となって
大空を飛び回って
命揺らせ 命揺らせ

誰かに言われたことをやるんじゃなく、自分の意思で自分が見たいものを見にいこうと言っている気がします。

人についていくのではなく、自分が主体となって行動するんです。

そうすれば、今まで見えていなかったものが見えてくるかもしれません。

そこで見た景色に心を動かされ、新たな一歩を踏み出すべきなんです。

代わり映えがしない日常の片隅で
無邪気に笑っていられたらいいよな

本当は何も起きない世界で、明日も明後日も変わらず生きられるのが本当の幸せかもしれません。

もう決して脅かされることのない平和があり、笑っていたら一生暮らしていける世界なら本当に幸せなのではないでしょうか。

無意味な旅を続けようか
ワン・バイ・ワン
一歩ずつでいいさ
歓声も罵声も
呑み込んで

ワン・バイ・ワンとは一つずつという意味です。

変わらない日常が確保されているのであれば、それいいですが今はまだそんなことはありません。

もう大丈夫だと思っても、人に真似をされてしまったら奪われてしまうかもしれません。

この世界は同じことを繰り返していては、いつか停滞してしまうのです。

だから前に進まなければなりません。

すぐには全てを失うことはありません。

だから一歩ずつでも成長していけばいいのです。

この時代に飛び乗って
今夜愚かな杭となって
過ちを恐れないで
命揺らせ 命揺らせ

批判を恐れてはいけません。

行動していれば失敗はつきものです。

重要なことはこの命を今日に捧げることです。

何かを怖がるために生きているのではありません。

この命を使って、何かをなすために生きているのです。

この風に飛び乗って
今夜名も無き風となって
清濁を併せ呑んで
命揺らせ 命揺らせ

清濁(せいだく)とは、澄んでいることと濁っていることです。

何もしないのでなく、何かを行うほうがいいです。

何かをしていれば誰かが気づいてくれます。

そこで会う人たちは、良い人かどうかはわかりません。

でもそれも全ていい経験になるんです。

大雨降らせ
大地震わせ
過去を祝え
明日を担え
命揺らせ
命揺らせ

何かの原動力にならなければいけません。

いつも何かをやろうと思うことが重要です。

公開などする必要はありません。

やりたいことをすればいいのです。

明日何をするのかが重要であり、今日から行動することが必要なんです。

昨日起きたことを振り返るのは、明日のためにあるからです。

生きる意味のあることをすべきなんです。

大雨降らせ
大地震わせ
過去を祝え
明日を担え
命揺らせ
命揺らせ

周りの人の目を覚ますようなことをするべきなんです。

周りの人は黙っていたら何もしません。

人に動かされるのではなく、人が動いてしまうような生き方をしなければなりません。

時には反発されるようなことでも、自分が正しいと思ったことをすべきなんです。

明日は自分のためにあります。

明日は必ず用意されているものではないんです。

自分が行動するためにあるんです。

大雨降らせ
大地震わせ
過去を祝え
明日を担え
命揺らせ
命揺らせ

自分が動くから、周りの人は動いてくれるんです。

周りを動かすためには、過去にとらわれず前に進み続ける必要があります。

常に今日を生き、周りを鼓舞するんです。

大雨降らせ
大地震わせ
過去を祝え
明日を担え
命揺らせ
命揺らせ

周りを巻き込んでいきましょう。

大地を震わせるようにしっかり生きていれば、必ず周りが自分を手伝ってくれます。

この時代に飛び乗って
今夜この街を飛び立って
大空を飛び回って
命揺らせ 命揺らせ

この時代に生まれてきたのだから、この世界で何が起きているのかを知るべきなんです。

そしてこの世界で自分が何をすべきなのか考えなければなりません。

この風に飛び乗って
今夜台風の目となって
大空を飛び回って
命揺らせ 命揺らせ

もしもやりたいことがあるのであれば、すぐにやるべきです。

やりたいと思ったそのときに、一歩を踏み出すべきです。

周りのことを気にしている暇はありません。

今やりたいとこをすればいいんです。

貴女の期待に飛び乗って
今夜この羽根で飛びたくて
この大空を飛び出して
命生まれ 命生まれ

誰かのために何かをやりたいと思った時に、自分が生きた意味ができるのかもしれません。

やりたいことがまだないのであれば、全てを捧げたい人を見つければいいのです。

そしてその人のために自分ができることを行えばいんです。

そのために行動した時、あなたは本当の意味で生きていると言えるんです。

この風に飛び乗って
今夜名も無き風となって
清濁を併せ呑んで
命揺らせ 命揺らせ

何かをやろうとすれば、辛いことも経験するかもしれませんが、必ずやっていてよかったと思うことがあります。

その時生きているんだと思えるんです。

最後にそれを達成した時、心から笑えると思うことをやりましょう。

それが生きるということなんです。

King Gnu「飛行艇」を聴いた感想

この世界には見えていないものが、まだまだあるのかもしれません。

特に若い人には見えていない世界がたくさんあります。

働くということとか、おっさんたちが何をしているのかなど、まだまだ知らないことはたくさんあると思います。

今の時代はいろんなことを発信できる世界です。

自分がした経験をいろんな形で配信することができます。

そしてそれに価値があれば多くの人が見てくれるんです。

もちろん何もしなくても、時間は過ぎていきます。

人に言われた通りのことを行っていれば、お金をもらって生きていけるんです。

でもこんなに便利な世の中で生きているのなら、人が知らないことを探しにいくのもいいのかもしれせん。

せっかく生まれてきたのですから、あなたでなくてもできることに時間を割くのではなく、自分にしかできないことをすべきなのではないでしょうか。

King Gnu「飛行艇」とは?

King Gnuの「飛行艇」は、2019年8月9日から配信がスタートしました。

created by Rinker
¥250 (2019/12/15 14:20:37時点 Amazon調べ-詳細)

King Gnu「飛行艇」タイトルの意味とは?

King Gnuの「飛行艇」のタイトルはどういう意味なのでしょうか。

飛行艇とは、海にも着陸できる飛行機です。

飛行艇はこの地球上のどこにでも高速で移動することができるんではないでしょうか。

つまり今の人々はどこへでも行くことができるんです。

別に会社と家の行き帰りをしていても生きていくことはできます。

学校と家を往復するだけで安心して生きていけるんです。

でも飛行艇に乗るように様々なところへ行って、様々な経験をしている人は必ずいます。

現状に満足していても生き抜くことはできるでしょう。

でもそんな生活がつまらないとわかったのであれば、自ら機体を動かして世界に飛び立つべきなんです。

ANAの国内版TVCM「ひとには翼がある」篇の意味とは?

King Gnuの「飛行艇」は、大坂なおみ選手出演のANAの国内版TVCM「ひとには翼がある」篇で使用されています。

大坂なおみ選手出演のANAの国内版TVCM「ひとには翼がある」篇はどういうことを伝えようとしているのでしょうか。

大坂なおみ選手は言っています。

「行ったことのないところへ、行く」

「ひとには翼がある」

「それを使うか、使わないか」

「Hello,Blue.Hello,Future」

「2020をみんなの滑走路にしよう」

やりたいことがあるならできる時代です。

やりたいと思ったことはなんでもできます。

でもやりたいと思ったことをしない人がほとんどです。

批判されたり揚げ足をたられたり、それで諦めてしまったり。

そういう人が多い世の中で、大坂なおみ選手は行動しようと思い、行動し続けているんです。

これを見た人にも一歩踏み出してほしいのではないでしょうか。

できないことなどありません。
やらない人がいるだけなんです。

King Gnu「飛行艇」コメント

King Gnuの常田大希さんはは次のようにコメントしています。

「悲観したくなるような事ばかりの時代ではありますが、そんな時代を生きる皆さんの背中を、そして我々の背中をもグッと押してくれるようなエネルギーを纏った曲に仕上がったことをとても誇りに思います。フルバージョンのリリースを楽しみにしていてください。」