あいみょん「真夏の夜の匂いがする」歌詞の意味(解釈)とは?「Heaven?~ご苦楽レストラン~」主題歌

あいみょん

あいみょんの「真夏の夜の匂いがする」は、ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」の主題歌です。

あいみょん「真夏の夜の匂いがする」歌詞

作詞・作曲:あいみょん

真夏の夜の匂いがする
絵の具のソレと同じ香り
さまざまな色恋も踊り出す
今夜は私もその一人?

真夏の夜の匂いがする
私には分かる危険な香り
いろいろな問題も溢れ出す
今夜も帰路にて頭を冷やす

もっと自由に グラスを片手に
人生を謳歌 人生を歌おうか
「そんなことできたらなぁ」

真夏の夜の匂いがする
偉そうに睨む魔物がいる
有耶無耶な地図で惑わされる
迷子の迷子の子猫になる

ああ 気づけばほら
踊らされる クセになってる
抜け出せない

天国か地獄か
分からない道を行こう
振り切って進んで行こう
簡単じゃないからハマっていくんだろう
恋も金もこの人生も

根拠のない台詞に騙されたら最期
最高の財宝がきっとここにあるはず
フラつく脚が不思議とお菓子な家へ
快楽へと ご苦楽へと
吸い込まれていく

ああ 気づけばほら
脳味噌の中に溶けていく
いとおかし

天才か?真逆か?
分からない未知の人
ふざけんな もうどうしよう
完璧な答えが出ないまま行くんだろう
愛の価値もこの人間も

かと言って裏切れなかったんだ
可も不可もなくここに立った
真夏の夜の匂いが誘った私の身体
「いらっしゃい」
ほらまた聞こえた

真夏の夜の匂いがする
絵の具のソレと同じ香り
さまざまな色恋も踊り出す
今夜は私もその一人?
今夜は私もその一人?
今夜は私もその一人?

天国か地獄か
分からない道を行こう
振り切って進んでいこう
簡単じゃないからハマっていくんだろう
恋も金もこの人生も

あいみょん「真夏の夜の匂いがする」歌詞の意味考察

あいみょんの「真夏の夜の匂いがする」は、自分だけは信用できる人になろうと言ってくれている曲です。

歌詞考察歴2年の私が、あいみょんの「真夏の夜の匂いがする」の歌詞の意味を考察していきます。

真夏の夜の匂いがする
絵の具のソレと同じ香り
さまざまな色恋も踊り出す
今夜は私もその一人?

皆が楽しそうに過ごしているのに、私は今夜も1人なのかもしれないと焦っているようです。

主人公はいつも1人なのでしょうか。

でも特別好きな人がいるわけでもなさそうです。

真夏の夜の匂いがする
私には分かる危険な香り
いろいろな問題も溢れ出す
今夜も帰路にて頭を冷やす

今日もいろいろあったのかもしれません。

様々なことがあったのです。

問題が起きている時はその対処方法で頭がいっぱいで、冷静になることができません。

もしかしたら変なことを言ってしまったのではないかと、帰路で思い出すのです。

もっと自由に グラスを片手に
人生を謳歌 人生を歌おうか
「そんなことできたらなぁ」

もっと余裕を持って人生を送りたいのに、毎日働かなければやっていけません。

朝から気ままに暮らしたいのです。

でもそんな生活はできそうにありません。

真夏の夜の匂いがする
偉そうに睨む魔物がいる
有耶無耶な地図で惑わされる
迷子の迷子の子猫になる

どうすればうまくいくかなどわかりません。

たくさんお金を持っている人に睨まれながら、生活するしかないのです。

これでうまくいくという保証はありませんが、今は上司に従うしかありません。

そういう自分に嫌気がさしているのではないでしょうか。

ああ 気づけばほら
踊らされる クセになってる
抜け出せない

なんとか自由になりたいと嘆いていますが、なかなかうまくいかないのです。

もっとやりたいことがあるのに、できずにいます。

自分のやりたいようにやりたいのに、できずにいるんです。

天国か地獄か
分からない道を行こう
振り切って進んで行こう
簡単じゃないからハマっていくんだろう
恋も金もこの人生も

たとえうまくいかないとわかっていても、難しいことにチャレンジしたいと思います。

みんな諦めてしまっているのかもしれません。

でも私は諦めることができないのです。

みんなが制止しても振り切って進んでいきます。

難しいことに挑戦する方が性に合っているのです。

根拠のない台詞に騙されたら最期
最高の財宝がきっとここにあるはず
フラつく脚が不思議とお菓子な家へ
快楽へと ご苦楽へと
吸い込まれていく

少し気をとられただけで闇に落ちてしまうかもしれません。

自分を騙そうとする人はたくさんいるのです。

うまい話などありません。

堅実に一つ一つ達成していくしかないのです。

ああ 気づけばほら
脳味噌の中に溶けていく
いとおかし

人の言葉に惑わされてはいけません。

しっかり自分の道を見極めるのです。

適当に決めてはいけないことがあるんです。

天才か?真逆か?
分からない未知の人
ふざけんな もうどうしよう
完璧な答えが出ないまま行くんだろう
愛の価値もこの人間も

自分に才能があるかなどわかりません。

才能なんてないかもしれません。

でも可能性があるならやってみたいのです。

誰になんと言われようが、自分が決めた方へ進んでいきます。

その方向に生きる価値があるのかもしれません。

かと言って裏切れなかったんだ
可も不可もなくここに立った
真夏の夜の匂いが誘った私の身体
「いらっしゃい」
ほらまた聞こえた

誰かの言葉に惑わされることがあってはいけませんが、人の気持ちにも目を向けなければなりません。

惑わされてはいけませんが、愛は持っていたいのです。

真夏の夜の匂いがする
絵の具のソレと同じ香り
さまざまな色恋も踊り出す
今夜は私もその一人?
今夜は私もその一人?
今夜は私もその一人?

いろんな愛があるのが大人の世界です。

誰を信じられるかわかりませんが、信じられる人は必ずどこかにいます。

誰を信じればいいかかわからない世の中だからこそ、自分だけは信用できる人にならないといけないのではないでしょうか。

天国か地獄か
分からない道を行こう
振り切って進んでいこう
簡単じゃないからハマっていくんだろう
恋も金もこの人生も

どこに信じられる人がいるかわかりませんが、自分はとりあえず難しいことにチャレンジして成長していきたいのかもしれません。

人の誘惑には耳を貸さず自分の道を歩んでいくのです。

そうして人生を楽しんでいけたらいいです。

あいみょん「真夏の夜の匂いがする」タイトルの意味とは?

タイトルにある「真夏の夜の匂い」とは何のことなのでしょうか。

歌詞を考察した私は、それが大人の世界のことを指しているのではなかと思いました。

大人の世界には、信じられる人と信じられない人がいます。

そういう人たちはごちゃ混ぜになっているんです。

少し気を抜いてしまうと、騙されてしまうことになるかもしれません。

知らないうちに自分も人を騙してしまっていることだってあるのです。

新しいことにチャレンジしたいという気持ちもありますが、新しい場所では誰を信用したらいいかわかりません。

大人の世界はそういった危険な場所なんです。

そういう危険な場所で今日もみんな生活しています。

あいみょんの「真夏の夜の匂いがする」は、そんな大人の世界をどうやったら楽しく生きられるのか考えようとしているのかもしれません。

あいみょん「真夏の夜の匂いがする」MVの意味考察

あいみょんの「真夏の夜の匂いがする」のMVが公開されました。

あいみょんの「真夏の夜の匂いがする」のMVはどんなことを伝えいようとしているのでしょうか。

世界にはグテングテンに酔っ払った気持ち悪いサラリーマンが夜の街を歩いています。

朝になったら「何をしてんだ」と思う人だっているかもしれません。

そういう人たちはたくさんいるのです。

本当はそんな世界にいたくないけれど、我慢しなければいけません。

逆さに立てばいなくなるわけでもありません。

変な人がたくさんいるかもしれませんが、時にはいい人もいます。

自分と同じように酔っ払いを面倒に思っている人もいるんです。

「Heaven?~ご苦楽レストラン~」とは?

ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」は、石原さとみさん演じる適当なオーナーを支える伊賀くん(福士蒼汰)と愉快な仲間たちが織りなすコメディーです。

舞台であるロワンディシー(この世の果て)というレストランはオープン当日からドタバタ続きです。

オーナーの人脈でパーティには客がやってきましたが、次の日から予約は0に。

しかしシェフや伊賀くんの活躍で徐々に客が増えていきます。

あいみょん「真夏の夜の匂いがする」とは?

あいみょんの「真夏の夜の匂いがする」は、2019年7月24日に発売されます。

「真夏の夜の匂いがする」には他に「テレパしい」という曲も収録されています。

音楽をよく聴く方は、AmazonのMusic Unlimitedがおすすめです。

参考:サルワカ

今なら30日間無料なので、お試しください。