Mrs. GREEN APPLE「インフェルノ」歌詞の意味(解釈)とは?「炎炎ノ消防隊」オープニング主題歌

Mrs. GREEN APPLE

Mrs. GREEN APPLEの「インフェルノ」は、TVアニメ「炎炎ノ消防隊」のオープニング主題歌です。

Mrs. GREEN APPLE「インフェルノ」歌詞

照らすは闇
僕らは歩き慣れてきた日々も淘汰
夢は安泰な暮らしだが
刺激不足ゆえにタラタラ

照らすは熄み
僕らの歩き慣れていた道はどこだ
時はたまに積だが
温もりに包まれ只

炎が立つ
導の方へ
思い出すは優しいメロディー

永遠は無いんだと 無いんだと云フ
それもまたイイねと笑ってみる
輝けばいつかは光も絶える
僕らは命の火が消えるその日まで歩いてゆく

ところで何故
僕らは思考を急に辞めているんだ
夢は安泰な暮らしだが
知識不足故にハラハラ

食せば Yummy
ヨスガに絶り付いたまま朽ちて行くんだ
ここは業火の中だが
傷跡がヒリつき只

水面が立つ
光の方へ
手を取るは新しいメモリー
夜空が分かつ導の方へ
遮るは堅苦しいセオリー

永遠は無いんだと 無いんだと云フ
やっぱ苦しいねと泣いてみる
風船もいつかは萎むか割れる
僕らは命の泉を護り続けて繋いでゆく

学びきれずに卒業
伝えきれずに失恋
遊びきれずに決別
面倒臭いが
地獄じゃあるまいし

音が出る玩具も
痛みを飛ばす魔法も
全部僕にとっての宝物
永遠は無いんだと 無いんだと云フ
僕らは命の火が消えるその日まで歩いてゆく

Mrs. GREEN APPLE「インフェルノ」歌詞の意味考察

Mrs. GREEN APPLEの「インフェルノ」は、現状維持などせず、進化し続けようと言った曲です。

歌詞考察歴2年の私がMrs. GREEN APPLEの「インフェルノ」の歌詞の意味を考察していきます。

照らす暗闇 僕らは
歩き慣れてきた日々纏った(まとった)
夢は安泰な暮らしだが
刺激不足 故にだらだら

安定な暮らしを求めるけれど、安定な暮らしはつまらないと言っているのかもしれません。

私たちは安定な暮らしなら、十分すぎるくらいできるのではないでしょうか。

普通に働けば安定はすぐに手に入ります。

だからこそ、少しぐらい冒険をしてみてもいいのかもしれません。

冒険のイメージ

照らすは闇 僕らの
歩き慣れていた道はどこだ
時はたまに邪悪だが
温もりに包まれただ

時々辛いこともあるかもしれませんが、基本的に幸せな人生なのです。

それは両親や先祖たちが、楽な暮らしができるよう頑張ってきてくれたおかげかもしれません。

でもまだまだ問題はあるのです。
それらを解決することが必要なのかもしれません。

焔(ほむら)が立つ 導(しるべ)の方へ
思い出すは優しいメロディー

焔とは、ほのおのことです。

やりたいと思うことをする方がいいと言っている気がします。

優しい母親の優しさを心に留めながら、危険な道を歩いていくのです。

僕らは少しくらい冒険してもいいのかもしれません。

傷ついたら帰る家があるのですから。

永遠は無いんだと 無いんだと言う
それもまた良いなと 笑ってみる
輝けばいつかは光も絶える
僕らは命の火が
消えるその日まで歩いてゆく

安定的な暮らしなどないのではないでしょうか。

安定したと思っていても、人生は続いていきます。

もうこれでいいんだと思ったら、終わりなんです。

そうじゃなく「いつ終わってしまうかわからない」と思いながら、成長し続けるのです。

そうすれば、命絶える時まで安定して暮らせるのではないでしょうか。

音が出る玩具(がんぐ)も
痛みを飛ばす魔法も
全部僕にとっての宝物

文明の機器はすべて使いこなせばいいです。

生活はこんなに簡単に便利になったのです。

それならば、安定など目指してはいけないのかもしれません。

昔の人ができなかった便利な暮らしは誰でも簡単にできるのです。

だとすれば、この文明を活かして、僕らは次の一歩を踏み出すべきなのかもしれません。

永遠は無いんだと 無いんだと言う
僕らは命の火が消えるその日まで歩いてゆく

僕らはいつもあでも歩いていきます。

いつ何があるかわかりません。

常に進化し続けなければならないのです。

もう大丈夫だと思ってはいけません。

毎日成長、進歩するために日々歩いていくんです。

「炎炎ノ消防隊」とは?

アニメ「炎炎ノ消防隊」は、太陽暦佰九拾⼋年、東京皇国が舞台で人体発火現象が蔓延した世界の物語です。

主人公のシンラは、ほのおを自在に操り人体発火現象に陥ってしまった焔ビトを葬る特殊消防隊になりました。

自身の母親が死んだ原因は何だったのかを、解き明かす時何が起きるのでしょうか。

Mrs. GREEN APPLE「インフェルノ」コメント

Mrs. GREEN APPLEの大森元貴さんは、「インフェルノ」について下記のようにコメントしています。

大森元貴(Vo./Gt.)コメント
炎炎ノ消防隊、アニメ化おめでとうございます。
3年ほど前でしょうか、本屋に立ち寄った時に僕はこの漫画が放つ不思議な力に惹かれまして、
単行本1巻目を購入しました。それ以来いちファンとしていつもワクワクさせてもらってました。
それから時が経ち、今回、炎炎ノ消防隊チームの皆さんが僕らを希望してくださった話を頂き、
とても光栄で感慨深く、とても純粋に感動しています。
そのご期待に応えたい一心で一番最初に炎炎ノ消防隊から感じた不思議な力を僕らは音楽として昇華できるよう「インフェルノ」という楽曲を産み落としました。疾走感ある楽曲になったと思います!とにかく今からアニメが楽しみで仕方ありません。
そしてOP、僕らMrs. GREEN APPLEの「インフェルノ」にも耳を傾けて頂けると嬉しいです。

出典:アニメ「炎炎ノ消防隊」HP

「インフェルノ」とは、「極度の熱や破壊が生じた場所」という意味もあります。

この曲に疾走感を感じさせるよう努力したと言いますが、Mrs. GREEN APPLEは、地獄のような場所から逃げるには、疾走するしかないんだと伝えたかったのかもしれません。

Mrs. GREEN APPLE「インフェルノ」とは?

Mrs. GREEN APPLEの「インフェルノ」は、2019.10.02(水)にReleaseが決定した、アルバム『Attitude』に収録される予定です。

 

アルバム『Attitude』には「インフェルノ」のほか、青と夏」(映画『青夏 きみに恋した30日』主題歌)、「僕のこと」(第97回全国高校サッカー選手権大会 応援歌)などが収録される予定です。

リリース日までしばらくお待ちください。