[Alexandros]「月色ホライズン」歌詞の意味(解釈)とは?〜今この瞬間だけ生きていれば、全て解決する〜

[Alexandros]
[Alexandros]の「月色ホライズン」は、大谷翔平選手が出演する「アクエリアス」のCMソングでした。

 

[Alexandros]「月色ホライズン」歌詞

作詞:川上洋平・訳詞:戸田よぺ子
作曲:川上洋平

東京はこんなんで
どうもこうもないような日々が続いているよ
たまの晴れ間に一喜一憂して過ごしている
熱い言葉はどうも性に合わないみたいでむず痒いよ
捻り曲がりくねったまま僕は旅へ出た

飛行機の窓から世界を眺めた
昨日が明日と背中合わせて
今でも僕らは
そのどちらかで
迷いながら 居場所はどこ?
って探してる

僕らには いつまでも
光と闇が待っているの、いるの
Well maybe it’s not so bad
(そんなに悪くないんじゃない?)
今をただ生きていく

あっという間に僕らこんな時代まで辿り着いていたよ
たまの晴れ間のその瞬間だけ君を思い出して

蜃気楼のままで未来描けたら
どれだけ楽に過去を消せるだろう

それでも僕らが
此処に在るのなら
ためらいは捨て
居場所はここって
言い切るよ

僕らにはいつまでも
青いメロディーが 鳴っているの、いるの
Just let it go out tonight
(それを全部出してしまおう)
心が歌っていく

大人には いつまでも
なりたくないと思っていたけど
Well maybe it’s not so bad
(そんなに悪くないかもな)
心が巣立っていく

The meaning of our lives
The reason why we’re here
I guess I don’t even care at all
It’s just the way it is
But I don’t mind at all
As long as I’m here
(「人生の意味」なんて 「此処にいる理由」なんて
正直僕にとってはどうでもよくて
「それが人生さ」って言われても
僕は構わない 現在生きてるなら)

僕らには いつまでも
光と闇が待っているの、いるの
Well I guess it’s not so bad
(そんなに悪くないんじゃない?)
今をただ生きていく

僕らには いつまでも
青いメロディーが鳴っているの、いるの
Just let it go out tonight
(それを全部出してしまおう)
心で歌っていく

[Alexandros]「月色ホライズン」歌詞の意味考察

[Alexandros]の「月色ホライズン」は、「今この瞬間だけ生きていれば、全て解決する」と言ってくれている曲です。

歌詞考察歴2年の私が、[Alexandros]の「月色ホライズン」の歌詞の意味を考察していきます。

東京はこんなんで
どうもこうもないような日々が続いているよ
たまの晴れ間に一喜一憂して過ごしている
熱い言葉はどうも性に合わないみたいでむず痒いよ
捻り曲がりくねったまま僕は旅へ出た

日常なんてどうでもいい、ただ僕らは楽しく生きられればいいのに、楽しいことなんてそんなに多いわけでもない。

なんでこんな生きにくい人生なんだ」って心の何処かで思っているけれど、そんなこと口に出すことはできません。

でも「こういうの本当は間違えだ」って言いたいから、僕はこの現状を変えたいと思っているのかもしれません。

熱い言葉だって本当は発したいのではないでしょうか。

飛行機の窓から世界を眺めた
昨日が明日と背中合わせて
今でも僕らは
そのどちらかで
迷いながら 居場所はどこ?
って探してる

飛行機の窓から見る世界を見ると、人間を越えたような気分になるのかもしれません。

飛行機から見る窓の外の景色

本当は下にいる人たちと同じような日々を過ごしていたのに、少しだけ大人になれたような気分になるんです。

でも飛行機から降りたら、また現実の日々が戻ってきます。

昨日生きた世界をまた繰り返していくんです。

居場所を変えたのに、やってることは同じなんです。

「あれ抜け出すためにきたんじゃないのか」って思うんですけど、結局何も変わっていません。

僕らには いつまでも
光と闇が待っているの、いるの
Well maybe it’s not so bad
(そんなに悪くないんじゃない?)
今をただ生きていく

辛いことも楽しいこともたくさんあるけれど、それはしょうがないです。

それを変えることなどできません。

でもきちんと今が流れています。

「今を生きている」ってとても素晴らしいことなんです。

この今を生きればいいだけです。

生きている。

それで十分素晴らしいことです。

あっという間に僕らこんな時代まで辿り着いていたよ
たまの晴れ間のその瞬間だけ君を思い出して

集中していれば、あっという間に時間は過ぎていきます。

嫌なことも楽しいことも同じように過ぎていくんですね。

だから嫌なことは思いっきり味わって、楽しいことも思いっきり味わえばいいのではないでしょうか。

そしてそれをその都度味わえばいいのです。

蜃気楼のままで未来描けたら
どれだけ楽に過去を消せるだろう

未来など見なくていいです。

過去も忘れてしまいましょう。

重要なのはこの瞬間だけです。

ここだけを楽しめばいいのです。

それでも僕らが
此処に在るのなら
ためらいは捨て
居場所はここって
言い切るよ

過去にどう生きたからって、結局戻ってくるのはこの場所ではないでしょうか。

ああすれば良かったと言っても今は何もできないんです。

未来などどうなるかわかりません。

考えても無駄です。

大事なことは、この瞬間を胸を張って生きられるかどうかではないでしょうか。

僕らにはいつまでも
青いメロディーが 鳴っているの、いるの
Just let it go out tonight
(それを全部出してしまおう)
心が歌っていく

僕らには必ずやるべきことがあるはずです。

やりたいことがないなら、心に聞けばいいです。

そうすれば必ずやるべきことが広がっています。

誰かに教えてもらった方法をやるんじゃなく、自分が今やりたいと思っていることをすればいいです。

胸に聞けば必ず返ってくるはずです。

やりたいことならこの胸にたくさんあるんです。

それが結果を導かなかったとしても、誰かには届きます。

だから自分の声を発すればいいです。

大人には いつまでも
なりたくないと思っていたけど
Well maybe it’s not so bad
(そんなに悪くないかもな)
心が巣立っていく

大人になることは怖いことかもしれません。

いろんなことを我慢しなければいけないと思います。

でも大人になったからと言って、自分を捨ててはいけません。

我慢などしなくていいです。

やれることが広がった分、本当に自分がしたいことをすればいいんです。

The meaning of our lives
The reason why we’re here
I guess I don’t even care at all
It’s just the way it is
But I don’t mind at all
As long as I’m here
(「人生の意味」なんて 「此処にいる理由」なんて
正直僕にとってはどうでもよくて
「それが人生さ」って言われても
僕は構わない 現在生きてるなら)

人生の意味なんて考えなくてもいいのではないでしょうか。

それが間違えていたかなんて後悔を誘う必要もない。

人生はこうだとか、結論を作る必要もありません。

僕は生きていたいんです。

僕らしく、僕が僕であるべくして、ここにいるだけで。

僕はこれからも僕だし、今までも僕だったんです。

僕らには いつまでも
光と闇が待っているの、いるの
Well I guess it’s not so bad
(そんなに悪くないんじゃない?)
今をただ生きていく

辛いことや悲しいことがあるのは当たり前です。

それから逃げることはできません。

たとえどんなことがあっても、今を生きればいいんです。

それってそんなに難しいことではないんじゃないでしょうか。

辛くても今を生きればいい。

どんなことがあってもただ今を生きるんです。

僕らには いつまでも
青いメロディーが鳴っているの、いるの
Just let it go out tonight
(それを全部出してしまおう)
心で歌っていく

別に何があっても、心が変わることはありません。

大人になっても、子どもだとしても、やりたいことをすればいいです。

自分がやるべきことをただひたすら、やればいいんです。

誰になんと言われようが、ここで今生きていることができるんだから。

[Alexandros]「月色ホライズン」を聴いた感想

生きていると楽しいことも悲しいことも必ずやってきます。

何をしたらいいかわからない時が必ずやってくるんです。

普段は勝手にできているだけでも、なんとなく迷ってしまうことがあるんですね。

そういう時に思うのはこれで良かったんだろうかということです。

間違えているんじゃないか、他にやるべきがあるんじゃないか。

あの人ならこういう時どうするのか。

「これでいいのか?」なんて。

でも考えてもわかりません。

重要なことは今にきちんと向き合って生きることではないでしょうか。

後悔をするかしないかなんて関係ありません。

大事なのは今を集中して生きることだと言ってくれているのかもしれません。

これは本当に重要なことだと思いました。

でも僕らはいつも忘れてしまうんです。

[Alexandros]「月色ホライズン」タイトルの意味考察

「月色ホライズン」というタイトルの意味は何なんでしょうか。

MVがなくTeaser動画しかないので、Teaserから考察すると、やっぱり「飛行機の窓から世界を眺めた」という歌詞が登場してるんですね。

それとともに日常のなんでもない風景が映されています。

その風景はよく見る風景だけど、何かを作ったり、その作ったものを多くの人が活用したりしています。

僕らは今まだ月へ行くことはできません。

地平線や海とかそういうものは、決して作れないんですね。

人間が作るもののイメージ画像

でも僕らは作り出されたものの上に乗っています。

本当は作り出せないものの上で、道を作って音楽を作って僕らは生活しているんですね。

そこには過去も未来も確実に存在していますが、やっぱり今をきちんと生きた人がいるから、僕らはここにいるんじゃないでしょうか。

なんだかそういうものを教えてくれている気がします。

今を生きれば、未来を作れる。

だから過去を見て、未来を想像して、やっぱり今を生きようって。

そういう思いが込められているのではないでしょうか。

[Alexandros]「月色ホライズン」とは?

[Alexandros]の「月色ホライズン」は、2019年7月5日(金)にデジタルリリースされたシングルです。

created by Rinker
¥250 (2019/10/14 00:42:10時点 Amazon調べ-詳細)

音楽をよく聴く方は、AmazonのMusic Unlimitedがおすすめです。

参考:サルワカ

今なら30日間無料なので、お試しください。