BTS(防弾少年団)「Lights」歌詞の意味(解釈)とは?〜胸にいつも愛があれば、どんな時でも羽ばたける人になれる〜

BTS(防弾少年団)

BTS(防弾少年団)の「Lights」は、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのアトラクション「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」に搭載される曲(2019年6月28日から9月1日)です。

BTS(防弾少年団)「Lights」歌詞

電話やLINEを返せない日曜
何も手につけれないよ
たまにだけど嫌になるよ
今が少し怖くなるんだ

でも誰かを救える気もするんだ
君の声は聞こえてる
喧騒の中で時が止まる
君と音で繋がる woah

目を閉じてみれば
暗闇の中で your light woah
照らしてくれるから
恐れず歩める you & I woah
You’re my light you’re my light
いつだって
僕の心に差し込む
You’re my light you’re my light
どんなに
離れていても届いてる

痛みを知った天使達
傷だらけの翼で飛ぶ through the night
Every time I’m thinking about love
Every time I’m thinking about love
明るいだけの曲は聴きたくはない
孤独と向き合い今を彩りたい
何かを失い何かを得て今日も何か求めてる

そう変わること信じてるんだ
誰だって完璧じゃない
この瞬間さえも意味がある
そして音で繋がる woah

目を閉じてみれば
暗闇の中で my light woah
照らしてあげるから
恐れず歩もう you & I woah
I’m your light I’m your light
いつだって
君の心に差し込む
I’m your light I’m your light
どんなに
離れていても届ける

眠れない夜なんて
あり得ないと思ってた
でも嘘じゃないみたいだ
そしてまた get stronger
愛って何だろう?
答えがもしそこにあるなら
すぐ知りたい

I’m breaking down そんな中光が見える
どんな辛い夜さえも朝は来る
乗り越えるんだ未来さえも
もう止まらないよ
幸せの価値なんて自分で決めてしまえばいいんじゃない
そしてまた今日も grow up

でも弱さを見せる時もある
ありのままでいいのさ
もう自分に嘘はつかないで
全て音で繋がる woah

目を閉じてみれば
暗闇の中で your light woah
照らしてくれるから
恐れず歩める you & I woah
You’re my light you’re my light
いつだって
僕の心に差し込む
You’re my light you’re my light
どんなに
離れていても届いてる
離れていても届いてる

BTS(防弾少年団)「Lights」歌詞の意味考察

BTS(防弾少年団)の「Lights」は、困難とどう向き合うかを教えてくれる曲です。

歌詞考察歴2年の私が、BTS(防弾少年団)の「Lights」の歌詞の意味を考察していきます。

電話やLINEを返せない日曜
何も手につけれないよ
たまにだけど嫌になるよ
今が少し怖くなるんだ

何もできなくなる日は誰にでもあります。

すごいストレスを感じているんでしょう。

そういう時は今この瞬間から逃げ出したくなるものです。

でも誰かを救える気もするんだ
君の声は聞こえてる
喧騒の中で時が止まる
君と音で繋がる woah

辛い時だからこそ、辛い人の気持ちがわかると思います。

辛い状況で頑張ることができたら、誰かを救うことになります。

きっと自分を癒す言葉がどこかにあるし、自分もそれを探しているんです。

目を閉じてみれば
暗闇の中で your light woah
照らしてくれるから
恐れず歩める you & I woah
You’re my light you’re my light
いつだって
僕の心に差し込む
You’re my light you’re my light
どんなに
離れていても届いてる

どんなに辛いことがあったとしても、必ず光をくれる人がいます。

どんなに困難な日々が続いても、どこかに解決策があるんです。

遠くにいる誰かがメッセージを送ってくれているかもしれません。

会ったこともない人が、その解決策を知っているかもしれないのです。

痛みを知った天使達
傷だらけの翼で飛ぶ through the night
Every time I’m thinking about love
Every time I’m thinking about love
明るいだけの曲は聴きたくはない
孤独と向き合い今を彩りたい
何かを失い何かを得て今日も何か求めてる

辛さを知った人は強くなることができます。

いつも胸に愛があれば、また挑戦することができるんです。

人生は良いことばかりではありません。

時には孤独と向き合わなければならない時があります。

問題を解決しても、またすぐに新しい問題がやってきます。

大事なことは、辛い時でもしっかり自分を信じて羽ばたける人になることです。

そうなるためには、いつも胸に愛を忍ばせる必要があるのです

そう変わること信じてるんだ
誰だって完璧じゃない
この瞬間さえも意味がある
そして音で繋がる woah

失敗して落ち込んでる時も意味があります。

落ち込むことは悪いことではありません。

難しいことにチャレンジしたんです。

そりゃ落ち込むこともあるはずです。

どんな瞬間にも意味があります。

人は意味のある瞬間を何回経験できたかで人生の価値が決まります。

難しいことにチャレンジするんです。

誰もが逃げ出すようなことにも立ち向かえば良いのです。

目を閉じてみれば
暗闇の中で my light woah
照らしてあげるから
恐れず歩もう you & I woah
I’m your light I’m your light
いつだって
君の心に差し込む
I’m your light I’m your light
どんなに
離れていても届ける

どんなに怖いことがあっても、誰か励ましてくれる人がいれば、前に進むことができます。

どんな状況でも人の声は勇気をくれるんです。

1人になった時に悩んではいけません。

自分を励ましてくれる声を聞きに行くのです。

そうすれば必ず誰かが自分を励ましてくれます。

眠れない夜なんて
あり得ないと思ってた
でも嘘じゃないみたいだ
そしてまた get stronger
愛って何だろう?
答えがもしそこにあるなら
すぐ知りたい

眠れないほど傷ついてしまうこともあります。

誰にだってそんな日があるんです。

でもそういう苦しみを経験し乗り越えることができたら、強くなることができます。

愛を広げようと思った人が、バッシングされることもあります。

世界には人の揚げ足をとる人がいるのです。

私も揚げ足をとることが大好きです。

でも揚げ足を取られたからと言って、諦める理由にはなりません。

人は人を批判して大きくなります。

ここまで来たんです。

そういう物にも愛を与え、前に進める人になるべきです。

I’m breaking down そんな中光が見える
どんな辛い夜さえも朝は来る
乗り越えるんだ未来さえも
もう止まらないよ
幸せの価値なんて自分で決めてしまえばいいんじゃない
そしてまた今日も grow up

どんなに悩んでる時でも、時は進んでいきます。

何が起きても逃げることはできないんですね。

だったら何が起きても乗り越えられるマインドを築くべきです。

何が起きても立ち向かえるようになるべきなんです。

自分を信じたことをすればいいです。
自分が正しいと思うことをすればいいです。

そうすれば、明日の道を真っ直ぐ生きていくことができます。

でも弱さを見せる時もある
ありのままでいいのさ
もう自分に嘘はつかないで
全て音で繋がる woah

いつも自信満々でいられる人なんていません。

時には失敗して、どうすれば良いかわからないこともあるでしょう。

でもそんなことは普通に起きることです。

自分に嘘をつかず、不正をしなければ、また立ち上がることができます。

目を閉じてみれば
暗闇の中で your light woah
照らしてくれるから
恐れず歩める you & I woah
You’re my light you’re my light
いつだって
僕の心に差し込む
You’re my light you’re my light
どんなに
離れていても届いてる
離れていても届いてる

辛いことがあったとしても、決して落ち込む必要はありません。

いつか落ち込んだ時に励ましてくれた言葉があるはずです。

そう自分は立ち直ることができたんですね。

その時の悩みなどもう忘れています。

そう、だから今回の悩みも忘れて良いものなんですよ!

BTS(防弾少年団)「Lights」を聴いた感想

「Lights」は「FAKE LOVE」の後に起きた騒動後、初のシングルです。

「Lights」は一見、恋愛ソングに見えるんですが、恋愛ソングではないと思います。

BTSはジミンさんのTシャツの問題で、辛いことを経験したんじゃないでしょうか。

アメリカのビルボードで頂点を極めた男たちが、目にしたのはバッシングの嵐でした。

まさに出る杭は打たれたんですね。

それもかなり大きな鉄槌が下されました。

鉄槌のイメージ画像

でもこうやって新しいシングルを出すことができました。

これから人気がどうやって回復していくかわかりません。

「もうBTSなんか」、と思った日本人もいると思います。

でも彼らは決して逃げませんでした。

逆境に立ち向かうことができたんですね。

彼らが更なる発展を遂げることを願っています。

もっと調子に乗っていいと思います。

誰になんと言われようが、自分たちの信じたことをすれば良いのです。

BTS(防弾少年団)「Lights」MVの意味考察

メンバーそれぞれが止まってしまうことがあります。

グループ全員が同じ方向へ向かうことはできないかもしれません。

誰かが苦しんでいることがあるんですね。

人間だから仕方がありません。

アーティストも心を持っています。

励ましている人でさえも、どこかに悩みを抱えていることがあります。

でも仲間がいればきっと励ましてくれる人がいます

誰かがハッピーを持っているんです。

問題や悩みって人間の頭の中にしかないんです。

誰かが光を持っていれば、それで簡単に取り除ける闇だってあるんです。

仲間のイメージ画像

その光は音楽の中、映画館の中にだってあるかもしれません。

落ち込んだりしても止まってしまうのではなく、誰かに会いに行けばいいんです。

BTS(防弾少年団)「Lights」とは?

BTS(防弾少年団)の「Lights」は、日本で10枚目となるニューシングルです。

created by Rinker
¥149 (2019/12/07 12:12:37時点 Amazon調べ-詳細)

表題の「Lights」は日本オリジナル楽曲となっており、これまで自分自身と向き合い様々の思いの中で成長を続けてきた彼らだからこそ描くことのできる、“僕らはいつでも音で繋がることができる、そして目を閉じればいつも互いの光を見ることができる。”という希望のメッセージが込められた珠玉のナンバー!更に日本オリジナル楽曲としては約4年ぶりにMusic Videoが制作されることが決定!

出典:BTS公式HP

「Lights」に収録されている「Boy With Luv」は、全世界で大ヒットし数々の記録を打ち立てた最新曲でJapanese ver.です。

音楽をよく聴く方は、AmazonのMusic Unlimitedがおすすめです。

参考:サルワカ

今なら30日間無料なので、お試しください。