菅田将暉「キスだけで feat. あいみょん」歌詞の意味(解釈)とは?〜女が思う理想の男性像とは?〜

あいみょん

菅田将暉さんの「キスだけで feat. あいみょん」は、菅田将暉さんの2ndアルバム『LOVE』収録曲です。

菅田将暉「キスだけで feat. あいみょん」歌詞

作詞・作曲:あいみょん
編曲:トオミヨウ

私今日は女だから 今日は女だから
きっと 抱きしめてもらえないでしょう
今日は女だから 今日は女だから
ずっと 溢れているでしょう

確かめなくても
湿ってく 揺らいでく
沈みたいの

キスだけでいけそうなの
傷だらけになるとしても
キスだけでここにきたの
やるせないね やる気ないね?

お前今日は女だから 今日は女だから
ちょっと 忍ばせているでしょう
お前今日も女だから 今日も女だから
そっと 触れていたい

待ち構えていても
歪んでく 乾いてく
急がなくちゃ

キスだけでいけそうなの?
傷つけてもかまわないの?
キスだけでここにきたの?
やるせないね 眠れないね

背中合わせの夜
心臓泣かせの夜
重なり合いたい気持ちをまたいで
抱きしめて
キスだけで

私今日は女だから お前今日は女だから
いつも女だから いつも女だから
今日も2人だから

菅田将暉「キスだけで feat. あいみょん」歌詞の意味考察

菅田将暉さんの「キスだけで feat. あいみょん」は、生理の歌ではありません。

歌詞考察歴2年の私が、菅田将暉さんの「キスだけで feat. あいみょん」の歌詞の意味を考察していきます。

まず「キスだけで feat. あいみょん」の歌詞で今日は女というところを連想して生理の日の男女関係を歌っているという人がいますが、その解釈はアーティスト、さらに女性に対して失礼だと私は思います。

これはアーティストがよく使うテクニックで、様々な解釈ができるよう書いています。

もちろん生理の曲だと捉える人がいてもいいと思いますが、あいみょんさんがそんな変な歌を書くでしょうか。

そういうことだとしたら女性としてちょっと変な人だと捉えられてしまう可能性もありますよね。

あいみょんさんは今後も活躍していく女性なので、そんな危ない橋を渡りません。

今回の私の考察は、そういうありえない考察ではなく、もっと深いところまで突っ込んで考えていきます。

設定を確認

この歌は非常に難解な曲なので、前設定として”女”と”キス”について先に解釈を書いていきます。

この曲の主人公は女性です。

主人公の女性は「今日は女の日だ」と言っています。

女の日に彼女は”抱きしめてもらえないでしょう””ずっと溢れているでしょう”と言っています。

この歌詞から解釈して、私は”女”を下記のように解釈しました。

辛いことがあった女性の心情。自分1人では対処できない問題を抱えてしまった女性のこと。

そして、ここでいう”キス”は何を指しているかというと、”傷だらけになるとしても””傷つけてもかまわないの?”と言っているので、私は下記のように解釈しました。

キス 男性の優しさ

歌詞を考察

ではこれを踏まえた上で、この曲の歌詞を考察していきます。

私今日は女だから 今日は女だから
きっと 抱きしめてもらえないでしょう
今日は女だから 今日は女だから
ずっと 溢れているでしょう

彼女は何かを抱えているのかもしれません。

今日はすごく機嫌が悪い日なんですね。

感情がすごい込み上げてきて、自分でも制御できないほどなんです。

女の子の悩みの一つです。

ストレスなのか、疲れなのか、普段は我慢できることも今日はできそうにないのです。

悩む女性のイメージ画像

確かめなくても
湿ってく 揺らいでく
沈みたいの

今日の彼女はどうしても欲望を留めることができません。

いつもならできることなのに、どうしても感情をコントロールできないのです。

どうか大好きな人に私の気持ちを落ち着かせてもらいたい。

心の中ではそればかりを願っています。

キスだけでいけそうなの
傷だらけになるとしても
キスだけでここにきたの
やるせないね やる気ないね?

私は大好きな人に慰めてもらいたいのです。

尖ってる今日の私をそっと包んでくれるだけでいいのです。

私は誰にも言えない悩みを抱えています。

この悩みはあなただけしか解くことはできないのかもしれません。

今日は饒舌な私の口を止めることができるのはあなたの優しさだけなんです。

キスのイメージ画像

(キスはキスを表現しているのではなく、あくまで男性の優しさです)

お前今日は女だから 今日は女だから
ちょっと 忍ばせているでしょう
お前今日も女だから 今日も女だから
そっと 触れていたい

これは男性の心情を描いているようにも見えますが、私は女性から見た男性の理想の心の中だと思います

感情的な今日の私の気持ちを、落ち着かせてくれるような男性は、そっと私を触れてくれるようなとても落ち着いた優しい人なんじゃないでしょうか。

女性は男性の冷静さや暖かさを求めているということだと思います。

今日の私はちょっといつもと違うんだけど、私は彼にそっと触れてもらいたいだけです。

何も言わず優しく、受け止めてくれればいいのです。

待ち構えていても
歪んでく 乾いてく
急がなくちゃ

この歌詞は女性と男性の心のジレンマを描いています。

女性は男性に信号を送り、男性の行動を促します。

でも気づいてくれるほど、感の優れた男性は少ないようです。

女性は色んな手を使って、男性に合図を送りますが、男性は気づいてくれません。

もっと大胆に、合図を送りたいけど、そんなことする女性は軽く見られてしまいそうで、できないのです。

キスだけでいけそうなの?
傷つけてもかまわないの?
キスだけでここにきたの?
やるせないね 眠れないね

今日私はあなたを少し傷つけてしまうかもしれません。

気づいて欲しいから、私はあなたに過激なことを言ってしまうのです。

ドキドキして、眠ることができません。

私の心が不安定な一番の原因はあなたなんですから。

早く気づいて欲しいのです。

だから私、今日は女なんです。

背中合わせの夜
心臓泣かせの夜
重なり合いたい気持ちをまたいで
抱きしめて
キスだけで

2人きりで背中合わせでいるのでしょうか。

いえ、これは男女の距離感を表しています。

2人の心はすでにとても近い距離にいますが、まだ付き合ってはいないのではないでしょうか。

もう少しで結ばれるはずなのに、まだ勇気が出ません。

好きだけでいいのでしょうか。

これだけでは動機が不純じゃないのか。

女性はそんなことも考えたりしています。

私今日は女だから お前今日は女だから
いつも女だから いつも女だから
今日も2人だから

彼女はいつでもいいと思っています。

男性に告白されるのを待っています。

でも自分からは言うことができません。

でも「今日は女だから」。

想いを伝えて欲しいのです。

私の乱れた心を整えてくれるのは、あなたの優しさだけだと気づいたのです。

菅田将暉「キスだけで feat. あいみょん」歌詞を考察した感想

菅田将暉さんの「キスだけで feat. あいみょん」の歌詞を読んでいると、本当にドキドキしてしまうほど、恋の駆け引きが伝わってきます。

ドキドキして、初恋の時の心情が蘇ってくるようです。

女性と男性の距離

大好きな人と会いたいだけで、部屋に行ってしまったり。

部屋に行ったらもう、そういう行為をしたいということかもしれません。

でも2人は大人だし、互いのことを思っていればいるほど、なかなか愛し合うことはできないのです。

”私今日は女だから”という言葉がどんどん男性の心の中に染み込んでいきます。

こんな歌があれば、愛する2人は結ばれやすいのかもしれません。

あいみょんさんは世の中の恋する女性の気持ちを代弁したのではないでしょうか。

この女性は決してあの日のことを描いているのではありません。

だってそうだとしたら、大好きな人のそばにいないと思いますよ。

菅田将暉「キスだけで feat. あいみょん」についてコメント

菅田将暉さんの「キスだけで feat. あいみょん」について、菅田将暉さんとあいみょんさんがコメントをされているので紹介致します。

初めてあいみょんの曲を聴いた時に勝手ながら縁を感じ、この人に会いたい!と強く感じたことを覚えています。会わなきゃ、と言うか、あんな衝動に駆られたのは初めてでした。そこからは早かったです。
対談を経て、気づいたら公園で一緒にギターを弾き、歌い、隣にいるひゅーいくんはベロベロな中、「何か作りたいね」なんて話をしながら彼女と朝まで恋バナをしました。そしたらふと携帯に言葉をメモリ、こんな感じかな?と、彼女は歌い出し、それがもう今の曲でした。まんまです。その場で完成しました。
そのスピードと形にする力を間近で見れた事は僕にとって財産です。初めて感じたあの衝動の答えがそこにありました。
そしてまたこの曲で描かれる”人と人との間にある揺らぎ”はきっとみなさん身に覚えがあると思います。普遍的なものを作れた事に豊かさを感じています。
是非聴いてみて下さい。宜しくお願いします。

菅田将暉さんのコメントが全てです。本当にありがとうございます。新しい領域、未体験の音域。
とてもチャレンジな曲になったと思います。沢山の方に聴いてもらえますように。アルバムに参加できて嬉しかったです。
p.s ちょっと何かコメントで小ボケを挟もうかなぁ、と思ったけど、だっちんのコメントがあまりにも完璧すぎて辞めました。

引用:菅田将暉とあいみょんのコラボ曲“キスだけで”のMV公開(rockin’on.com)

あいみょんさんは菅田さんと話している恋バナを、すでに感性を働かせながら話していたんでしょう。

あいみょんさんはただ率直に今の心情を、歌詞とメロディを使って語っただけなのかもしれません

とてもカッコよくて魅力的な菅田さんを横にして、恋する女性の気持ちを体感することはとても簡単だったのではないでしょうか。

なんかあいみょんさんの菅田さんを持ち上げるコメントも、「キスだけで feat. あいみょん」に出てくる女性のようでとても印象的でした。

あいみょんさんのコメントは完璧です。

菅田将暉「キスだけで feat. あいみょん」MVの意味考察

菅田将暉さんの「キスだけで feat. あいみょん」のMVはとてもわかりやすかったので、考察しなくてもいいんじゃないかと思うほどでした。

私は映像で2人の心の中を読み取る気持ちで、細かな所にも目を向けていきます。

男性が女性の心を歌ってい、女性が男性の心を歌っているように演出しています。

男性は女性の心を歌いながら、落ち込み、靴を浮かせているんですね。

男性は女性に何かひどいことをしてしまったのでしょうか。
あるいは、1人彼女のことを想っているのかもしれません。
女性はなんだか、男性をなんでもわかってる風な男性として演じています。
あいみょんさんが抱く男性像は、女性の心の中を見透かすような男性なのかもしれません。
女性は男性に自分の心を見抜いてもらいたいと思う部分もあるのではないでしょうか。

終盤の家具が揺れ動く演出は、2人のドキドキ感を演出しています。

もう時空さえ超えてしまいそうな、2人の呼吸だけが聞こえてくるようです。

そこには2人しかいません。

誰も目に映らないんですね。

2人だけの時間です。

まだ愛し合ったことがないであろう、2人の初めての夜なのではないでしょうか。

菅田将暉「キスだけで feat. あいみょん」とは?

菅田将暉「キスだけで feat. あいみょん」は、2019年7月10日(水)にリリースされる菅田将暉さんの2ndアルバム『LOVE』に収録されている曲です。

菅田将暉さんの2ndアルバム『LOVE』には、他に下記の曲が収録されています。

01.「まちがいさがし」(作詞・作曲・プロデュース:米津玄師)

02「クローバー」(作詞・作曲:石崎ひゅーい)

03「ロングホープ・フィリア」(作詞・作曲:秋田ひろむ(amazarashi))

04「7.1oz」(作詞:菅田将暉、柴田隆浩(忘れらんねえよ)作曲:柴田隆浩(忘れらんねえよ))

05「ドラス」(作詞・作曲:菅田将暉)

06「つもる話」(作詞・作曲:菅田将暉)

07「キスだけで feat. あいみょん」(作詞・作曲:あいみょん)

08「りびんぐでっど」(作詞・作曲:志磨遼平(ドレスコーズ))

09「TONE BENDER LOVE」(作詞・作曲:菅田将暉、KNEEKIDS)

10「あいつとその子」(作詞・作曲:菅田将暉)

11「ベイビィ」(作詞:菅田将暉 作曲:永嶋柊吾)

菅田さんの未発表曲が結構あるので、どんな曲に仕上がっているのか楽しみです。

早く聴きたいですね。