米津玄師「Flowerwall」歌詞の意味(解釈)とは?〜全ての苦難を表現に変えよう〜

米津玄師

米津玄師さんの「Flowerwall」は、2015年にリリースされた、メジャー3枚目のシングルです。

created by Rinker
ユニバーサル
¥16,980 (2019/10/13 06:57:28時点 Amazon調べ-詳細)

米津さんの新曲を聴きたいなら、過去曲を聴いて楽しめばいいんですね。

米津玄師「Flowerwall」歌詞

作詞・作曲:米津玄師

あの日君に出会えたそのときから 透明の血が僕ら二人に通い
悲しみも優しさも 希望もまた絶望も 分け合えるようになった

知りたいことがいくつもあるというのに 僕らの時間はあまりに短く
あとどれほどだろうか 君と過ごす時間は 灯りが切れるのは

君のその声が 優しく響いた
こんな憂いも吹いて飛ばすように

フラワーウォール 目の前に色とりどりの花でできた
壁が今立ちふさがる
僕らを拒むのか何かから守るためなのか
解らずに立ち竦んでる
それを僕らは運命と呼びながら
いつまでも手をつないでいた

このあまりに広い世界で僕たちは 意味もなく同じ場所に立っていたのに
僕の欠けたところと 君の欠けたところを 何故かお互いに持っていた

どうして僕らは 巡り会えたのか
その為だけに 生まれてきた様な

フラワーウォール 独りでは片付けられないものだろうと
君がいてくれたらほら
限りない絶望も答えが出せない問いも全部
ひとつずつ色づいていく
離せないんだ もしも手を離せば
二度と掴めないような気がして

誰も知らない見たことのないものならば今 僕らで名前をつけよう
ここが地獄か天国か決めるのはそう 二人が選んだ道次第

フラワーウォール 目の前に色とりどりの花でできた
壁が今立ちふさがる
僕らを拒むのか何かから守るためなのか
解らずに立ち竦んでる

それでも嬉しいのさ 君と道に迷えることが
沢山を分け合えるのが
フラワーウォール 僕らは今二人で生きていくことを
やめられず笑いあうんだ
それを僕らは運命と呼びながら
いつまでも手をつないでいた

米津玄師「Flowerwall」歌詞の意味考察

米津玄師さんの「Flowerwall」は、「好きな人と一緒なら、辛いこと全てが花で装飾されるよ」と言った曲です。

歌詞考察歴2年の私が、米津玄師さんの「Flowerwall」の歌詞の意味を考察していきます。

あの日君に出会えたそのときから 透明の血が僕ら二人に通い
悲しみも優しさも 希望もまた絶望も 分け合えるようになった

好きな人と出会うということは、「悲しみや苦しみ・楽しさや嬉しさ」を共有できる人ができることだと言っています。

でも「透明の血」とは、何のことなのでしょうか。

運命の赤い糸ではなく、透明の血なんですね。

知りたいことがいくつもあるというのに 僕らの時間はあまりに短く
あとどれほどだろうか 君と過ごす時間は 灯りが切れるのは

人生が色づき始めたら、今まで自分は何をしていたんだろうと嘆くことがあります。

これからは大好きな君と、楽しい日々を過ごしたいのです。

もう1日も無駄にしたくないと思っているではないでしょうか。

君のその声が 優しく響いた
こんな憂いも吹いて飛ばすように

憂いとは、「心配や悲しみ」のことです。

君は僕から辛いものすべてを洗い去ってくれるのかもしれません。

君と一緒にいる間は、すべての悩みを忘れさせてくれるのです。

恋人といる時間は本当に大切です。

恋人と過ごす時間が明日を生きるパワーになるのではないでしょうか。

フラワーウォール 目の前に色とりどりの花でできた
壁が今立ちふさがる
僕らを拒むのか何かから守るためなのか
解らずに立ち竦んでる(たちすくんでいる)
それを僕らは運命と呼びながら
いつまでも手をつないでいた

「フラワーウォール」とは何なのでしょうか。

花でできた壁のようですが、作者は何の表現しているのでしょうか。

「フラワーウォール」のことを僕らは運命と言っています。

一緒になった2人にも、試練がやってきます。

2人一緒にいれば、何もかも幸せだなんてことはありません。

色んな問題がやってきます。

そこで別れてしまう人もいるかもしれません。

やっぱりこの人はダメだと思うこともあるんですね。

でもここにいる2人は手を繋いでそれと対峙しようとしています。

問題があったからといって、すぐに関係を絶ってはいけないのではないでしょうか。

このあまりに広い世界で僕たちは 意味もなく同じ場所に立っていたのに
僕の欠けたところと 君の欠けたところを 何故かお互いに持っていた

2人が出会ったことには意味があるはずです。

一度はお互いを好きになり、惹かれあったのです。

だからこそ、一緒になることを選んだのではないでしょうか。

どうして僕らは 巡り会えたのか
その為だけに 生まれてきた様な

僕らは出会った時、互いの顔しか見えないと思えるほど、見つめあっていたのです。

好きで好きで堪らず、いつも一緒にいたのではないでしょうか。

フラワーウォール 独りでは片付けられないものだろうと
君がいてくれたらほら
限りない絶望も答えが出せない問いも全部
ひとつずつ色づいていく
離せないんだ もしも手を離せば
二度と掴めないような気がして

1人では解決できないことも、2人なら解決できるかもしれません。

一緒に生きるとは、揚げ足を取り合うためでもなく、別れるためでもなく、協力し合うためなのではないでしょうか。

僕らはお互いにプラスになるために生まれたのです。

2人の前にある運命は険しいかもしれませんが、2人ならその壁に花を添えることができます。

誰も知らない見たことのないものならば今 僕らで名前をつけよう
ここが地獄か天国か決めるのはそう 二人が選んだ道次第

生きていれば難しいことがやってきます。

1人ならそこで諦めてしまうことでも、2人なら相談することができます。

どんな選択をしたとしても、2人一緒なら楽しい道になるのではないでしょうか。

でも離れてしまったら、そこは地獄になるかもしれません。

フラワーウォール 目の前に色とりどりの花でできた
壁が今立ちふさがる
僕らを拒むのか何かから守るためなのか
解らずに立ち竦んでる

人生ではどちらに行けばいいかわからないことがやってきます。

日々僕らは選択をしているのです。

今日するのか明日するのか、何を言うのか、どうするのか。

知らず知らずのうちに選択をしているのです。

それは2人になっても変わりません。

でも2人一緒なら、困難にも花を添えることができるかもしれません。

花

それでも嬉しいのさ 君と道に迷えることが
沢山を分け合えるのが
フラワーウォール 僕らは今二人で生きていくことを
やめられず笑いあうんだ
それを僕らは運命と呼びながら
いつまでも手をつないでいた

大好きな人と2人なら、この空虚な世界が色づき始めます。

1人なら耐えられないほど、険しい道が2人一緒なら花畑に変わります。

花畑を行く家族

2人一緒になるということは、この苦しい世界を楽しく生きぬくことになるのかもしれません。

愛する2人ならたくさん喧嘩をすればいいのです。

色んな苦難の前でも手をつないで解決すれば、どんな道も華やかな道になるのです。

この世界はそういうものなのかもしれません。

「Flowerwall」とは

タイトルの「Flowerwall」とは、僕らは運命と呼んでいますが、私はこれはその名の通り花の壁のことだと思います。

生きていれば、問題はたくさんやってきます。

挑戦していてもて、前に進めなくなるような壁が立ちはだかることがあるのです。

高い壁のイメージ

これは天才にも、凡人にも共通して起きることです。

でも愛する2人には、その壁に綺麗な花が咲いています。

Flowerwall

一見それは何の変哲も無い高い壁に見えますが、2人ならそれはとても綺麗な壁になるんですね。

別に高さは変わりません。

高い壁であることは間違えないのです。

でもその壁は決して無機質な高い壁ではなくなるんです。

2人なら楽しみながら、その壁を越えていけるのかもしれません。

透明の血とは?

歌詞の始めに登場する「透明の血」とは、何なのでしょうか。

この曲は全体的に、「2人なら困難も綺麗な景色で色付けられる」と歌った曲だと思います。

僕は”あの日君に出会えたそのときから 透明の血が僕ら二人に通い”と言っています。

その透明の血は、2人が出会った時に現れたんですね。

それはおそらく、何でも共有できる液体のようなものだったのだと思います。

血と言っているのは、それが人間に流れている液体だからでしょう。

つまり愛し合う2人はただ一緒にいるのではなく、目に見えない透明な血のようなもので結合されるようなものだと言っているのではないでしょうか。

「誓いの指輪」とか「運命の赤い糸」とか、そういう愛する2人の間にしかないものを米津さんは「透明の血」と表現したのかもしれません。

米津玄師「Flowerwall」MVの意味考察

ここからは米津玄師さんの「Flowerwall」のMVの意味を考察していきます。

何で恋愛の歌なのに、米津さんは1人なのでしょうか。

青い花を摂ろうとしても、その花はは青い粉になってしまいます。

米津さんはそれを白い服に吹きかけました。

米津さんの立つ場所は花が咲いていない、枯葉ばかりの地です。

この映像は何を表現しようとしているのでしょうか。

枯葉ばかりの地にもなぜか色とりどりの花が、ポツポツと咲き始めます。

このMVに登場する花は、米津さんの前に現れた幸せだったのではないでしょうか。

今まで米津さんの前には、様々な恋や幸せが舞い降りてきたはずです。

でもそのどれもが粉となり、消えていきました。

その粉たちは米津さんの真っ白い服に降りかかります。

幸せが粉と変わり、絶望へと変わりますが、それは全て米津さんのカラーになっていったのかもしれません。

この歌は恋愛の曲なのではないのかもしれません。

色んな壁は全部、花に変わるということかもしれません。

色んな絶望や苦難は自分を色付ける花になるのです。

あらゆる経験は自分の糧になります。

米津さんは様々な経験を乗り越えて、こんな素晴らしい曲を奏でられるようになったのではないでしょうか。

辛いことも輝かせよう

どんなことがあっても、全てをアートで輝かせていけば、とても平和だと思いました。

色とりどりの煙が米津さんを包み込みます。

何があっても、アートを忘れてはいけません。
アートは表現です。

アートは武器を持たない表現力なんですね。

怒りに任せて武器を持つのではなく、その怒りをアートという表現に変えるのです。

別にアートじゃなくてもいいと思います。

怒りを自分の仕事の原動力に変えればいいと思います。

そうすれば逆境も全てチャンスに変わるのではないでしょうか。

それがここで言う「Flowerwall」なのかもしれません。

米津玄師「Flowerwall」とは?

米津玄師さんの「Flowerwall」は、2015年にリリースされた、メジャー3枚目のシングルです。

米津玄師さんの「Flowerwall」は、その後3rd アルバム『Bremen』に収録されました。

created by Rinker
ユニバーサル
¥2,469 (2019/10/13 06:57:28時点 Amazon調べ-詳細)

3rd アルバム『Bremen』は、2015年10月7日にリリースされました。

CMスポットのナレーションを俳優の小栗旬さんが担当しています。

2015年はまだ米津さんが全国的に有名になっていない頃でしたが、すでに小栗旬さんがナレーションを担当するアーティストだったんですね。

米津さんの才能に小栗旬さんはこの頃から気づいていたのかもしれません。

ちなみに『Bremen』はすごい名曲がたくさん収録されています。

「ウィルオウィスプ」はどことなく「海の幽霊」に曲調が似ています。

新曲が待ちきれない人は、『Bremen』を聴くのもいいかもしれません。

音楽を安く聴くなら、Apple Musicもいいですが、Amazon Music Umlimitedもおすすめです!