ヨルシカ「だから僕は音楽を辞めた」歌詞の意味(解釈)とは?社会の矛盾、夢と現実。そこに一つの答えを

ヨルシカ

ヨルシカの「だから僕は音楽を辞めた」は、とても難しいことを伝えた歌です。

PR

肌にいいオーガニックコスメをはじめませんか?

ヨルシカ「だから僕は音楽を辞めた」歌詞

作詞・作曲:n-buna

考えたってわからないし
青空の下、君を待った
風が吹いた正午、昼下がりを抜け出す想像
ねぇ、これからどうなるんだろうね
進め方教わらないんだよ
君の目を見た 何も言えず僕は歩いた

考えたってわからないし
青春なんてつまらないし
辞めた筈のピアノ、机を弾く癖が抜けない
ねぇ、将来何してるだろうね
音楽はしてないといいね
困らないでよ

心の中に一つ線を引いても
どうしても消えなかった 今更なんだから
なぁ、もう思い出すな

間違ってるんだよ
わかってないよ、あんたら人間も
本当も愛も世界も苦しさも人生もどうでもいいよ
正しいかどうか知りたいのだって防衛本能だ
考えたんだ あんたのせいだ

考えたってわからないが、本当に年老いたくないんだ
いつか死んだらって思うだけで胸が空っぽになるんだ
将来何してるだろうって
大人になったらわかったよ
何もしてないさ

幸せな顔した人が憎いのはどう割り切ったらいいんだ
満たされない頭の奥の化け物みたいな劣等感

間違ってないよ
なぁ、何だかんだあんたら人間だ
愛も救いも優しさも根拠がないなんて気味が悪いよ
ラブソングなんかが痛いのだって防衛本能だ
どうでもいいか あんたのせいだ

考えたってわからないし
生きてるだけでも苦しいし
音楽とか儲からないし
歌詞とか適当でもいいよ
どうでもいいんだ

間違ってないだろ
間違ってないよな

間違ってるんだよ わかってるんだ
あんたら人間も
本当も愛も救いも優しさも人生もどうでもいいんだ
正しい答えが言えないのだって防衛本能だ
どうでもいいや あんたのせいだ

僕だって信念があった
今じゃ塵みたいな想いだ
何度でも君を書いた
売れることこそがどうでもよかったんだ
本当だ 本当なんだ 昔はそうだった

だから僕は音楽を辞めた

ヨルシカ「だから僕は音楽を辞めた」歌詞の意味考察

ヨルシカの「だから僕は音楽を辞めた」は、とても難しい曲です。

夢を追うこと。

社会という現実。

この二つの矛盾点を、音楽をやめる理由を通して説明しています。

ヨルシカの「だから僕は音楽を辞めた」歌詞の意味を、歌詞考察歴2年の私が考えていきます。

考えたってわからないし
青空の下、君を待った
風が吹いた正午、昼下がりを抜け出す想像
ねぇ、これからどうなるんだろうね
進め方教わらないんだよ
君の目を見た 何も言えず僕は歩いた

卒業の日でしょうか。

新たなスタートの日、僕は君と一緒に元いた場所を出たのです。

学校では勉強しか教わりません。

どう生きればいいか、何をすればいいかは教えてくれないのです。

それなのに、何の武器を持たずに進むには険しすぎる社会が僕たちを待ち受けています。

一人では苦しいから、僕は君の横を歩いたのではないでしょうか。

考えたってわからないし
青春なんてつまらないし
辞めた筈のピアノ、机を弾く癖が抜けない
ねぇ、将来何してるだろうね
音楽はしてないといいね
困らないでよ

これからどうすればいいかなんてわかりません。

自分のことなのに、なんでわからないのでしょうか。

本当にやりたいことと、やっていいことが違うから。

音楽、本当はやりたいんです。

やりたくて仕方がないのに、続けることで人生が豊かになるとは思えない。

どうしたらいいんだ。

なんで、自分のことなのに、きめられないのでしょうか。

心の中に一つ線を引いても
どうしても消えなかった 今更なんだから
なぁ、もう思い出すな

音楽は辞めたのです。

もう音楽のことを考えるのは辞めました。

社会に適合するのです。

お父さんやお母さんみたいに。

間違ってるんだよ
わかってないよ、あんたら人間も
本当も愛も世界も苦しさも人生もどうでもいいよ
正しいかどうか知りたいのだって防衛本能だ
考えたんだ あんたのせいだ

全部決められた生き方。

会社に行って働いて、結婚して家族ができて、また働いて、年金もらって・・・

それが本当の人間の生き方なのでしょうか。

どうして自分で生き方を決められないのでしょうか。

どうしてみんな同じことをするのでしょうか。

僕らはロボットではありません。

なのに、どうして感情のないもののように、みんな同じことをしているのでしょうか。

考えたってわからないが、本当に年老いたくないんだ
いつか死んだらって思うだけで胸が空っぽになるんだ
将来何してるだろうって
大人になったらわかったよ
何もしてないさ

子どもの頃は壮大な夢を描いていました。

大人も夢を持つことはいいことだって、言っていました。

でも夢を追いかけている大人がどこにいますか?

ちゃんと、自分の心を大切に生きている大人がどこにいるんですか?

みんな飲み会で愚痴ばかり。

どうして自分の好きなことを諦めてしまったのですか?

僕はそれに耐えられないのではないでしょうか。

幸せな顔した人が憎いのはどう割り切ったらいいんだ
満たされない頭の奥の化け物みたいな劣等感

僕は周りの人に負けてるんだ。

周りの人が幸せそうな顔をしていると、とても悔しくなります。

僕は幸せではないから。

やりたいことがあるのに、できないのです。

音楽を続けたいのです。

なのに、それでは食べていけません。

どうしてやりたいことすらやらせてもらえないのでしょうか。

僕に才能がないからでしょうか。

間違ってないよ
なぁ、何だかんだあんたら人間だ
愛も救いも優しさも根拠がないなんて気味が悪いよ
ラブソングなんかが痛いのだって防衛本能だ
どうでもいいか あんたのせいだ

同じ人間なのです。

愛とか救いとか優しさとか、ちゃんと表現したいのです。

大切な人間本来の優しい感情を、ちゃんと示していきたいのです。

本心を心に、自分に嘘をつかず、生きていきたいのです。

どうしてそれができないのでしょうか。

考えたってわからないし
生きてるだけでも苦しいし
音楽とか儲からないし
歌詞とか適当でもいいよ
どうでもいいんだ

売れないなら、音楽なんてやってるだけで、不幸になります。

金がないのに、地方へ飛び回って、才能のない音楽を届けていく。

やりたいだけじゃダメなのです。

なのに、適当に作られた歌詞が大ヒットしています。

もう何が何だか分からなくなります。

どうして自分は売れないのでしょうか。

こんなに努力しているのに。

どうして・・・。

間違ってないだろ
間違ってないよな

自分の生き方が間違えているのでしょうか。

自分の音楽が間違えているのでしょうか。

才能がないから、やっちゃいけないのでしょうか。

そんなはずないですよね?

間違ってるんだよ わかってるんだ
あんたら人間も
本当も愛も救いも優しさも人生もどうでもいいんだ
正しい答えが言えないのだって防衛本能だ
どうでもいいや あんたのせいだ

わかっています。

僕に才能がないことなんて、始めからわかっています。

でも辞められないんです。

だって本当に才能がないかどうかなんて分からないから。

それに、僕に伝えたいものがまだ残っているから。

少なくとも、自分が言いたいことも言えない社会人よりは、こっちの方が生きやすいのです。

だから、僕はどうしてもあんたらなんかと一緒にはなりたくないのです。

僕だって信念があった
今じゃ塵みたいな想いだ
何度でも君を書いた
売れることこそがどうでもよかったんだ
本当だ 本当なんだ 昔はそうだった

少なくとも、僕は音楽を通して、必死に自分の気持ちを表現していました。

君への想いだって、自分の憤りだって。

そこに、金など必要ありませんでした。

僕は自分を表現したかったのです。

自分が間違えていないことを、証明したかったのです。

だから僕は音楽を辞めた

だけど、できないのです。

お金を儲けないと、どうにもやっていけないから。

だから僕は音楽を辞めてやるんです。

そんな世界が間違えていることを、伝えるために。

ヨルシカ「だから僕は音楽を辞めた」歌詞が伝えたかったことまとめ

この曲にはすごいパワーを感じます。

学生生活の中で誰もが一度は頭で考えたことを、文字にしてくれている気がします。

大人はみんな夢を追えって言ってきます。

でも、実際夢を追い続けている大人なんて、周りに一人もいません。

夢を追えっていう人は大抵、夢を諦めてしまった人なのです。

僕たちはこれに気づいた時、どうでもいいやと思い始めます。

大人は信用できないと、思ってしまうのですね。

そうして僕らは大人になってしまいます。

蓋を開けたらあんなに否定していた大人たちと同じように、僕も夢を諦めてしまっていたのです。

そこには理由があります。

夢を追いかけるよりもまずは、自分の生活が大切だからです。

夢なんて追いかけても、生活できないと気づくからです。

夢を追いかけられる人は、一部の恵まれた人だけだと。

でも、本当にそうでしょうか。

才能がないけれど、貧乏だけど、夢を追い続けている人はたくさんいます。

仕事をしながら、満員電車に揺られながら、まだ夢を追いかけている人が。

僕たちはちゃんと生きたいのです。

自分に正直にちゃんと生きたいだけです。

いつか自分の表現だけをやれることを夢見て、歩いていきたいのです。

ヨルシカ「だから僕は音楽を辞めた」MV考察

僕はこれから本当の僕じゃない人生を生きていきます。

だから、君の目を見ることができなくなってしまったのです。

でも、夢を追い続けた人が、道を作って、橋を作って、病気の治療法を見つけてきました。

ちゃんと生きようとする人は、過去にも現在にも生きているのです。

僕らは諦めなかったら、地球を飛び出して月にだって行けるのです。

夢を追った人が残したものはそこら中にあります。

ビルだって、車だってそうです。

それを使う僕らの中にもその遺伝子は流れているのです。

だから、余計に腹が立ちます。

自分にそれができないことを。

ヨルシカとは

ヨルシカは、2017年に結成された二人組のロックバンドです。

n-bunaというボカロPが、ボーカルのsuisと結成しました。

活動期間がまだ2年にも関わらず、楽曲はiTunesランキングで上位にランクインしています。

彼らの繊細な心の表現は、大事な考え方を思い出させてくれます。

新しい才能が、また一つ生まれたのではないでしょうか。

今後ビッグチームになっていくことを、期待しています。