レディー・ガガ、ブラッドリー・クーパー「Shallow」歌詞(和訳)の意味(解釈)とは?『アリー/ スター誕生』

映画

レディー・ガガさんとブラッドリー・クーパーさん主演の映画『アリー/スター誕生』の主題歌「Shallow」が、心に響きます。

PR

レディー・ガガさんとブラッドリー・クーパーさんが歌う「Shallow」とはどのような曲なのでしょうか。

レディー・ガガさんとブラッドリー・クーパーさんの「Shallow」の歌詞の意味を考察していきます。

レディー・ガガ、ブラッドリー・クーパー「Shallow」歌詞

Tell me somethin’, girl
Are you happy in this modern world?
Or do you need more?
Is there somethin’ else you’re searchin’ for?

ねえ 教えてくれる?

現代は幸せなの?

もっと欲しい?

他に求めているものはあるの?

I’m falling
In all the good times I find myself
Longin’ for change
And in the bad times I fear myself

落ちていくわ

良いときは、もっと自分を良くしようと考えられる

でも悪いときは自分を恐れてる

Tell me something, boy
Aren’t you tired tryin’ to fill that void?
Or do you need more?
Ain’t it hard keeping it so hardcore?

ねえ 教えてくれない?

満たされない思いを一杯にするのに躍起になっていない?

それとももっと欲しいと思ってる?

ずっと満タンにするなんて大変じゃない?

I’m falling
In all the good times I find myself
Longing for change
And in the bad times I fear myself

落ちてくわ

良いときは自分を変えようと思えるわ

でも悪いときはできない

I’m off the deep end, watch as I dive in
I’ll never meet the ground
Crash through the surface, where they can’t hurt us
We’re far from the shallow now

やってのけるわよ 見てなさい

もう底になんて行かない

制限を壊すわ もう傷つかないでいれる場所

どん底から程遠いところよ

In the shallow, shallow
In the shallow, shallow
In the shallow, shallow
We’re far from the shallow now

浅いところから

底辺とはかけ離れたところへ

Oh, oh, oh, oh
Whoah!

I’m off the deep end, watch as I dive in
I’ll never meet the ground
Crash through the surface, where they can’t hurt us
We’re far from the shallow now

やってのけるわよ 見てなさい

もう底になんて行かない

制限を壊すわ もう傷つかないでいれる場所

どん底から程遠いところよ

In the shallow, shallow
In the shallow, shallow
In the shallow, shallow
We’re far from the shallow now

浅いところから

底辺とはかけ離れたところへ

シャロウ ~『アリー/ スター誕生』 愛のうた 歌詞 © Sony/ATV Music Publishing LLC, Downtown Music Publishing, Universal Music Publishing Group, Concord Music Publishing LLC

レディー・ガガ、ブラッドリー・クーパー「Shallow」歌詞の意味考察

”ねえ 教えてくれる?
現代は幸せなの?
もっと欲しい?
他に求めているものはあるの?”

この近代的な社会にいて、まだ満足できないのでしょうか。

どうして次から次へと欲望が増えていくのでしょうか。

”落ちていくわ
良いときは、もっと自分を良くしようと考えられる
でも悪いときは自分を恐れてる”

調子が良いときは、高望みすることができる。

でも不調になると、自分が怖くなるのです。

どうしてそんな両極端なのでしょうか。

”ねえ 教えてくれない?
満たされない思いを一杯にするのに躍起になっていない?
それとももっと欲しいと思ってる?
ずっと満タンにするなんて大変じゃない?”

欲望を満たしていくなんてことはできない。

常に欲望は増えていくのです。

全てを満たすことなんてできません。

”落ちてくわ
良いときは自分を変えようと思えるわ
でも悪いときはできない”

良い時もあれば、悪い時もあります。

そういう世の中なのです。

”やってのけるわよ 見てなさい
もう底になんて行かない
制限を壊すわ もう傷つかないでいれる場所
どん底から程遠いところよ”

今度こそ高みを目指すのです。

落ちたからって、悩んでいてはいけないのです。

何度も何度も立ち上がります。

そうして、いつか幸せになれる日を目指すのです。

もう悩まなくて良い場所へ。

”浅いところから
底辺とはかけ離れたところへ”

始めは誰しも底辺を生きています。

でも諦めないからこそ、頂点へ近づけるのです。

この歌詞は非常に難しいですが、諦めずに高みを目指そうと言っているように聞こえます。

浅いところから、高いところへ。

努力して、上に上がっていこうと。

社会は欲望に満ちています。

欲しいものはたくさんあるのです。

それは少し変なのかもしれません。

本当は欲望なんて捨ててしまえば良いのかもしれません。

そう何度思っても、生まれてくるのが欲望ではないでしょうか。

だったら何でも手に入れられるように、それだけの存在になることを目指すべきなのかもしれません。

欲しい欲求を満たせるところ。

それが間違えているかもしれません。

でも今は。

高みへ。

アリー/スター誕生

映画『アリー/スター誕生』は、愛と憎しみの物語です。

好意にしていた人が自分よりも成功すると、人は耐えられなくなるのかもしれません。

私たちは様々な感情を生きています。

自分一人でさえ、感情にむらがあるのです。

時々人は感情を抑えられなくなります。

この映画は人と人との関係を描いたドラマです。

アリー役のレディー・ガガの演技にも注目してご鑑賞下さい。