ディオール「JOY」CM曲ザ・ローリング・ストーンズ「She’s A Rainbow」歌詞(和訳)の意味(解釈)とは?

歌詞考察

ディオールの香水「JOY」のCMでザ・ローリング・ストーンズの「She’s A Rainbow」が流れています。

この聴いたことのある曲は何なのでしょうか。

ザ・ローリング・ストーンズの「She’s A Rainbow」の歌詞の意味を考察していきます。

RP

ザ・ローリング・ストーンズ「She’s A Rainbow」歌詞

She comes in colors everywhere
She combs her hair
She’s like a rainbow

あの娘がやってくると そこら中が色めくんだ
あの娘が髪をとかすと
まるで虹のようさ

Coming, colors in the air
Oh, everywhere
She comes in colors

やってくる 空気が色めくんだ
辺り一面さ
彩りをまとってやってくる

She comes in colors everywhere
She combs her hair
She’s like a rainbow

Coming, colors in the air
Oh, everywhere
She comes in colors

Have you seen her dressed in blue?
See the sky in front of you
And her face is like a sail
Speck of white so fair and pale
Have you seen a lady fairer?

彼女の青いドレスを 見たことがあるかい?
目の前の 空を見てみなよ
船の帆のように
白くてかわいらしい
彼女の顔は とても美しく純白で
彼女よりも美しい 女性を見たことがあるか?

She comes in colors everywhere
She combs her hair
She’s like a rainbow

Coming, colors in the air
Oh, everywhere
She comes in colors

Have you seen her all in gold?
Like a queen in days of old
She shoots her colors all around
Like a sunset going down
Have you seen a lady fairer?

あの娘の全身金色の服を 見たことがあるか?
古き良き時代の 女王様みたいさ
彼女は自らの色を 辺りに振りまいて
夕日みたいに 去っていくんだ
彼女以上に美しい 人を見たことがあるか?

She comes in colors everywhere
She combs her hair
She’s like a rainbow

Coming, colors in the air
Oh, everywhere
She comes in colors

She’s like a rainbow
Coming, colors in the air
Oh, everywhere
She comes in colors

あの娘は虹のようさ やってくる
空気が色づくんだ
辺り一面さ
彩りをまとってやってくる

ザ・ローリング・ストーンズ「She’s A Rainbow」歌詞の意味考察

”あの娘がやってくると そこら中が色めくんだ
あの娘が髪をとかすと
まるで虹のようさ”

彼女の美しさを表現しています。

彼女が綺麗すぎて、周りまで華やかになっているのです。

それほど彼女は綺麗なのです。

”やってくる 空気が色めくんだ
辺り一面さ
彩りをまとってやってくる”

彼女がやってくると、とてもドキドキするのかもしれません。

いるだけで空気が変わる人っているのです。

”彼女の青いドレスを 見たことがあるかい?
目の前の 空を見てみなよ
船の帆のように
白くてかわいらしい
彼女の顔は とても美しく純白で
彼女よりも美しい 女性を見たことがあるか?”

彼女はとても肌が白いので、周りの色をより際立てます。

彼女は周りの景色まで綺麗にしてしまうのです。

そんな彼女に見とれているのかもしれません。

”あの娘の全身金色の服を 見たことがあるか?
古き良き時代の 女王様みたいさ
彼女は自らの色を 辺りに振りまいて
夕日みたいに 去っていくんだ
彼女以上に美しい 人を見たことがあるか?”

彼女の金色の髪の毛も非常に綺麗なのです。

高貴で素晴らしいのです。

只者じゃないオーラが出ているのかもしれません。

彼女が去った後、何かいつもと違う感じになるのではないでしょうか。

それほど彼女は印象的なのです。

この歌は場の空気を変えてしまうような、素敵な女性のことを描いているのかもしれません。

とても綺麗な女性はその場の雰囲気さえ変えてしまうのです。

そんな女性に会ってみたいものです。

PR



ザ・ローリング・ストーンズ「She’s A Rainbow」は凄すぎる

ザ・ローリング・ストーンズの「She’s A Rainbow」はとても素晴らしい曲だと思います。

様々な仕掛けがあります。

なんとも耳に残る始めのイントロから、素晴らしい物語がスタートします。

このメロディを思いついた時はとても嬉しかったのではないでしょうか。

電子ピアノのような音色。

それに加え、バイオリン、スズ、ドラムと増えていきます。

とても愉快で軽快なメロディは彼女の素晴らしさと、高まる気持ちを表現しているのではないでしょうか。

彼女のおかげで周りが綺麗になっていく、夢のような時間が、様々な楽器の音で色づいていきます。

まるで妖精を思わせるような、ピアノのメロディと下敷きで奏でたような音。

全ての音楽要素を一個に詰め込んだような、素晴らしい楽曲です。

まさに音楽の最高峰とも言える曲ではないでしょうか。

最後には今までには登場しなかった低いベースの音が入ります。

なんとも天才的な構成です。

ザ・ローリング・ストーンズ

ザ・ローリング・ストーンズはミック・ジャガーやキース・リチャーズなど、一度は聞いたことのある方々が構成するバンドです。

ビートルズと同時期に活躍したにも関わらず、色落ちすることなく、様々な名曲を生み出し、著名人に影響を与えました。

エアロスミスもその一組だそうです。