Nissy「Affinity」歌詞の意味(解釈)とは?

Nissy

Nissyの「Affinity」がリリースされました。

Nissyの「Affinity」はどんな歌詞なのでしょうか。

Nissyの「Affinity」の歌詞の意味を考察していきます。

PR



Nissy「Affinity」歌詞

街角に立つ Bad Drunken Night
近頃毎晩にかける顔 Pretty Lady
Oh, 1人で

ずっと腰掛けた Counter Chair
タイツから透ける向こう側
想像しては クラクラしてんだ

いつも注文は Affinity
それだけじゃ寝れないのかい?

Listen
Ooh からからな身体
Ooh 君もからからだよ
Ooh すべて飲み干したい
You say, Ooh…!

Let me hear you
Ooh 一緒に酔い痴れよ
Ooh 感じるままにもっと
Ooh 好きなだけどうぞ
Ooh…!
Come drown in me

グラスに残る口紅のサイン
ヒントが少ない誘い方だな
Pretty Lady
ずるいね

今夜君を満足させたい
君の好きなこともっとしたい
僕から奪ってもいいかい

ほらお嬢さん 手の鳴る方へ
後悔なんてさせないから

Listen
Ooh からからな身体
Ooh 君もからからだよ
Ooh すべて飲み干したい
You say, Ooh…!

Let me hear you
Ooh 一緒に酔い痴れよ
Ooh 感じるままにもっと
Ooh 好きなだけどうぞ Ooh…!
Come drown in me

優艶に潤う肌
火照る首元から
なぞり落ちゆく手は
止まる事 知らないようだ

耳元の吐息が 甘く溶かす
You and I
ゴールまでもう間近 (まだまだ) まだだって

Nothing is between me right now…

Don’t you give it up, just keep trying…

Listen
Ooh からからな身体
Ooh 君もからからだろう
Ooh すべて飲み干したい
You say, Ooh…!

Let me hear you
Ooh 一緒に酔い痴れよ
Ooh 感じるままにもっと
Ooh 好きなだけどうぞ
Ooh…!
Come drown in me

Nissy「Affinity」歌詞の意味考察

”街角に立つ Bad Drunken Night
近頃毎晩にかける顔  Pretty Lady
Oh, 1人で”

僕は君に一目惚れしているのかもしれません。

恋をとてもお洒落に描いています。

”ずっと腰掛けた Counter Chair
タイツから透ける向こう側
想像しては クラクラしてんだ”

僕は君のことをずっと見ています。

どうしてか君に興味をそそられるのです。

”いつも注文は Affinity
それだけじゃ寝れないのかい?”

Affinityはウイスキーベースのカクテルのことです。

意味としては親近感などをさします。

僕は君と親密な関係になりたいのかもしれません。

もしかすると、君も僕を誘っているのではないでしょうか。

”Listen
Ooh からからな身体
Ooh 君もからからだよ
Ooh すべて飲み干したい
You say, Ooh…!”

君は僕を欲していると信じたいのです。

きっと僕に声をかけられたいはずです。

君は一人で孤独だから、僕が癒してあげたいのです。

孤独同士、仲良くすれば良いのではないでしょうか。

そう思いますが、どうしても勇気が出ません。

”Let me hear you
Ooh 一緒に酔い痴れよ
Ooh 感じるままにもっと
Ooh 好きなだけどうぞ
Ooh…!
Come drown in me”

僕は君のために、時間を用意しています。

あとは君の気持ち次第なのです。

ひとりぼっちの君。

僕と一緒に飲んだら楽しいのに。

声をかける勇気が出ないのです。

”グラスに残る口紅のサイン
ヒントが少ない誘い方だな
Pretty Lady
ずるいね”

君は僕を誘っているのでしょうか。

声を掛けたら相手をしてくれるのでしょうか。

僕は色々考えてしまいます。

”今夜君を満足させたい
君の好きなこともっとしたい
僕から奪ってもいいかい”

どうしても声を掛けたいのに、勇気が出ません。

声を掛けたい。

でもできないのです。

”ほらお嬢さん 手の鳴る方へ
後悔なんてさせないから”

もう僕の方へ来てくれれば良いのに。

そんなことを思っているのかもしれません。

”優艶に潤う肌
火照る首元から
なぞり落ちゆく手は
止まる事 知らないようだ”

君はすっかり酔っ払っています。

今なら声を掛けれるかもしれません。

今なら落とせるかもしれないのです。

僕で良いのでしょうか。

僕が声を掛けて良いのでしょうか。

”耳元の吐息が 甘く溶かす
You and I
ゴールまでもう間近 (まだまだ) まだだって”

僕は声を掛けたのかもしれません。

どうか結ばれたいのです。

どうか。

”Nothing is between me right now…”

僕は妄想ばかりしているのかもしれません。

二人の間に隙間は無くなっています。

そう想像しているだけかもしれません。

”Don’t you give it up, just keep trying…”

諦めてはいけません。

果敢にチャレンジでするのです。

好きな人には果敢に。

この歌は綺麗な女性に恋をした男性の気持ちを描いているのかもしれません。

一人で恋の駆け引きをしているのです。

声を掛ける前の焦れったい気持ちを描いています。

大人で少しセクシーな、恋の駆け引きが描かれています。

Nissy「Affinity」MV考察

Nissyの魅力がたっぷり詰まっています。

Nissyはどうしてこんなに人々を惹きつけるのでしょうか。

カリスマ性が素晴らしいです。

歌詞の内容的に、少し勇気のない男が描かれていますが、Nissyからこんな風に見られていたら、とても嬉しいのではないでしょうか。

かっこいい男に見つめられたらドキドキしてしまいます。

ただ歌っているだけなのに、とてもセクシーです。

こんなセクシーな手法があったのですね。