aiko「愛した日」歌詞の意味(解釈)とは?母が子を想う曲

aiko

aiko さんの「愛した日」は、ドラマ「私のおじさん〜WATAOJI〜」の主題歌です。

PR



aiko さんの「愛した日」はどのような曲なのでしょうか。

aiko さんの「愛した日」の歌詞の意味を考察していきます。

aiko「愛した日」歌詞

作詞・作曲:aiko

たまにあなたが
とても恋しくなるよ
ずいぶん会ってないせいかな

それは仕方ないし
自然とそうなったし
あなたもあたしも
止めなかったし

ゆるやかに弧を描く
耳を優しくさわって

あなたの姿が見えない日も
さわってあげられない日も
心の底から大好きだった

平気と晴れた空にあたしは
今日も上を向く
昔あなたがしてたから

途中で黙った
あの日の帰りみたい
書き足せなかった余白みたい

約束はただの約束
あの場所もただのあの場所
些細な仕草と混じる曇に
愛した日

些細な仕草と混じる曇に
さようならも言えないまま
2人手を離してしまったのね

重なる笑い甘えた言葉は
あなたの心のどこかに
今日もありますか

今のあたしの目と
今のあなたの目が
合ったら
合ったら
泣いてしまうのかな

あなたの姿が見えない日も
さわってあげられない日も
心の底から大好きだった
平気と晴れた空に
あたしは今日も上を向く
昔あなたがしてたから

aiko「愛した日」歌詞の意味考察

”たまにあなたが
とても恋しくなるよ
ずいぶん会ってないせいかな”

時々あなたのことを思い出すのかもしれません。

あなたを忘れることなどできないのです。

”それは仕方ないし
自然とそうなったし
あなたもあたしも
止めなかったし”

あなたとは離れ離れになりました。

あたしたちは自然と離れたのです。

離れるのが嫌だなんて思っていませんでした。

むしろあたしは、あなたの背中を押してあげたのではないでしょうか。

それがあなたのためだと思っていたから。

”ゆるやかに弧を描く
耳を優しくさわって”

子どもの頃、あたしはあなたの耳を愛おしく感じていたのです。

大きくなれと、幸せになれと思いながら寝顔を眺めていたのではないでしょうか。

”あなたの姿が見えない日も
さわってあげられない日も
心の底から大好きだった”

あたしはあなたのことをいつも想っていました。

出かけた日も、帰ってこない日も、あなたのことを遠くから考えていたのです。

PR

aiko「愛した日」ジャケット写真

”平気と晴れた空にあたしは
今日も上を向く
昔あなたがしてたから”

あたしはあなたを遠くから見ていました。

未来いっぱいのあなたの姿を遠くから見ていたのです。

これからどんどん成長していく無限の可能性を想像しながら。

”途中で黙った
あの日の帰りみたい
書き足せなかった余白みたい”

あたしはまだまだあなたと一緒にいたいと思っています。

あなたとともに生きていきたいのです。

でもあなたを思うがゆえにあなたを旅立たせたのです。

あなたがいなくなった後も、あたしはあなたを想い続けています。

あなたが素敵に輝けるように。

”約束はただの約束
あの場所もただのあの場所
些細な仕草と混じる曇に
愛した日”

恩返しなどいりません。

あたしがあなたのことを勝手に応援しているのです。

親とはそういうものなのです。

あたしはあなたからたくさんパワーをもらったのです。

それが恩返しです。

あたしはあなたから元気をもらうために、頑張っていたのですから。

”些細な仕草と混じる曇に
さようならも言えないまま
2人手を離してしまったのね”

きちんとさよならはしていません。

だっていつか帰ってくるから。

でもあなたからの便りはだんだん少なくなりました。

あなたは今度いつ帰ってくるのでしょうか。

”重なる笑い甘えた言葉は
あなたの心のどこかに
今日もありますか”

小さかったあなたの甘えた声に癒された日のことを思い出してしまいます。

あなたはあたしに元気をくれたのです。

あなたがあたしを頼るたびに、あたしは生きていると感じられたのかもしれません。

今、あなたはあたしの助けを必要としていますか?

あなたは独り立ちできている方がいいのですが、たまには甘えてきてほしいのです。

”今のあたしの目と
今のあなたの目が
合ったら
合ったら
泣いてしまうのかな”

あなたの顔を見ることができたら、あたしはどんなに嬉しいだろうか。

あなたに会うことができたら、あたしはどんなに嬉しいだろうか。

あたしはその日のことだけを考えているのかもしれません。

”あなたの姿が見えない日も
さわってあげられない日も
心の底から大好きだった
平気と晴れた空に
あたしは今日も上を向く
昔あなたがしてたから”

この曲は始めは昔好きだった人のことを書いた曲だと思っていました。

しかし読み進めるごとに、母親が子どもを思う歌に聞こえてきたのです。

そう思って聴くと、涙が溢れてきました。

母は遠くから子のことを見守っているのです。

あなたはあたしをもう必要としていないかもしれませんが、あたしはいつもあなたを想ってしまします。

親の最後は切なく、悲しいのかもしれません。

でもそれが一番幸せなことなのです。

「私のおじさん〜WATAOJI〜」

ドラマ「私のおじさん〜WATAOJI〜」は、妖精のおじさんが、ダメダメ女子を見守るハートフルコメディです。

おじさん(エンケンさん)は主人公の一ノ瀬ひかり(岡田結実)にしか見えていません。

ダメダメ新米ADとおじさんの奇妙な関係がとても面白いです。