宮本浩次「冬の花」歌詞の意味(解釈)とは?

宮本浩次

エレファントカシマシの宮本浩次さんの「冬の花」はドラマ『後妻業』の主題歌です。

宮本浩次さんの「冬の花」はどのような曲なのでしょうか。

宮本浩次さんの「冬の花」の歌詞の意味を考察していきます。

PR



宮本浩次「冬の花」歌詞

作詞・作曲:宮本浩次

いずれ花と散る わたしの命
帰らぬ時 指おり数えても
涙と笑い 過去と未来
引き裂かれしわたしは 冬の花

あなたは太陽 わたしは月
光と闇が交じり合わぬように
涙にけむる ふたりの未来
美しすぎる過去は蜃気楼

旅みたいだね生きるって どんな時でも
木枯らしの中 ぬくもり求め 彷徨う

泣かないで わたしの恋心
涙は“お前”にゃ似合わない
ゆけ ただゆけ いっそわたしがゆくよ
ああ 心が笑いたがっている

なんか悲しいね 生きてるって
重ねし約束 あなたと二人
時のまにまに 揺蕩い(たゆたい)ながら
涙を隠した しあわせ芝居

さらば思い出たちよ
ひとり歩く摩天楼
わたしという名の物語は 最終章

悲しくって泣いてるわけじゃあない
生きてるから涙が出るの
凝る季節に鮮やかに咲くよ
ああ わたしが 負けるわけがない

泣かないで わたしの恋心
涙は“お前”にゃ似合わない
ゆけ ただゆけ いっそわたしがゆくよ
ああ 心が笑いたがっている

ひと知れず されど誇らかに咲け
ああ わたしは 冬の花

胸には涙 顔には笑顔で
今日もわたしは出かける

宮本浩次「冬の花」歌詞

”いずれ花と散る わたしの命
帰らぬ時 指おり数えても
涙と笑い 過去と未来
引き裂かれしわたしは 冬の花”

失恋したのかもしれません。

私の運命などこういうものだと打ちひしがれているのです。

どんなに後悔しても帰ってくる過去はありません。

私の人生はいつもこんな感じなのです。

”あなたは太陽 わたしは月
光と闇が交じり合わぬように
涙にけむる ふたりの未来
美しすぎる過去は蜃気楼”

あなたと幸せだった日々は過去のものになりました。

私たちが楽しかったのは、幻想だったのかもしれません。

今は涙だけが残っています。

”旅みたいだね生きるって どんな時でも
木枯らしの中 ぬくもり求め 彷徨う”

人生は辛いものです。

辛いからこそ、温もりを求めるのだと言っているのかもしれません。

”泣かないで わたしの恋心
涙は“お前”にゃ似合わない
ゆけ ただゆけ いっそわたしがゆくよ
ああ 心が笑いたがっている”

幸せになりたいだけなのに、どうしてこんなに悲しまなければならないのか。

あなたを選んだのは幸せのためなのに、結局涙の日々がやってきたのです。

もう後悔しても遅いのに、どうしてまた涙が出てくるのでしょうか。

”なんか悲しいね 生きてるって
重ねし約束 あなたと二人
時のまにまに 揺蕩い(たゆたい)ながら
涙を隠した しあわせ芝居”

揺蕩うとはただようという意味です。

あなたを無くした私はふらふらと街をさまよっているのかもしれません。

周りにはそんな辛さなど見せずに歩いているのです。

あくまでもこの辛さは自分の中だけに留めておきたいのです。

”さらば思い出たちよ
ひとり歩く摩天楼
わたしという名の物語は 最終章”

もうこんな経験は終わりにしたいはずです。

もうそろそろ幸せがやってきてもいいのです。

でもまだまだ孤独は続くのでしょうか。

”悲しくって泣いてるわけじゃあない
生きてるから涙が出るの
凝る季節に鮮やかに咲くよ
ああ わたしが 負けるわけがない”

生きることは苦しいことだと言っている気がします。

失恋した私はそんな風に悲観してしまっているのです。

どんなに辛いことがあっても、負けるわけにはいかないと、強がりますが一人は寂しいものです。

”ひと知れず されど誇らかに咲け
ああ わたしは 冬の花”

今の私はとても孤独です。

辛い時も美しく咲いていれば誰かが拾ってくれるかもしれません。

どんなに苦しくても咲き誇るのです。

冬に咲く花々のように。

”胸には涙 顔には笑顔で
今日もわたしは出かける”

辛いことがあっても、泣いてはいけません。

涙を隠しながら、笑顔を咲かすのです。

そうすれば必ずまた幸せが舞い込んでくるのですから。

PR

宮本浩次「冬の花」ジャケット写真

宮本浩次「冬の花」MV考察

抑えていた苦痛が車内で爆発したのかもしれません。

こんなに感情を表に出すのは一人の時にしかできないのです。

これが本当の私なのです。

認めたくない現実も認めなければなりません。

世間体を気にして、自分の感情を押し殺すのです。

でもそんなこと本当はできるわけがありません。

一人になって思うのです。

ああすればよかったと。

もがくのです。

一人でもがき続けるのです。

後悔も、悲しみも、全てを出し切るために。

後妻業

ドラマ『後妻業』は遺産相続目当てで、資産家の老人を狙った結婚詐欺をする人の話です。

男をたぶらかす女・武内小夜子(木村佳乃)とそれを阻止しようとする資産家の娘・中瀬朋美(木村多江)のバトルが見どころです。

まとめ

人生に辛いことが多い人はそれだけ強くなるのかもしれません。

人を憎み生きますが、憎むのは人が好きだからなのかもしれません。

本当は人に愛されたいのです。

でも愛し方が人とは違うがゆえに避けられるのかもしれません。

どんなに苦しんでも私はそういう生き方しかできないのかもしれません。

また私は捻くれながら生きていくのです。

どんなに嫌われ傷つこうとも、また。