がーどまん「仲間」歌詞の意味(解釈)とは?

YouTuber

Youtubeチャンネル【チャンネルがーどまん】僕達は更生しましたの、がーどまんが歌っている「仲間」という曲があります。

がーどまんの「仲間」はどのような曲なのでしょうか。

がーどまんの「仲間」の歌詞の意味を考察していきます。

PR



がーどまん「仲間」歌詞

チャイムと同時に座った席
真面目な顔で喋る先生
昨日の夜〇〇君が
靴を揃え飛び降りたらしい
苦しんでるのに気付けなかった
悲しさ情けなさに泣いた
周りのやつも泣いてたくせに
次の日楽しく笑ってる

まあめんどくせえけど
天国で会ったら前より仲良くなろ
仲間の意味をよく考えた
俺は仲間を大事にするよ

安心しろ 俺に任せろ
お前の涙も俺が拭くから
絶対ないと思うけど
俺が泣いたら一緒に泣いてくれ

大事な仲間だから心 体 あなただけが繋がる
さらばならばまたな
俺は馬鹿な頭だから書いたんだよ

今まで以上の新たな山
だからなんだ
はなからまた諦めるか
俺はお前がいなくても
大丈夫ってとこ見せるよ

俺らってさいつかは
仲直りできない喧嘩をする
お前と何回喧嘩をした
お前と何回笑ってきた

誰でも誰かを傷つける
一番大事なのは
こいつのためなら傷ついていいって人がいるか
俺にはお前がいたんだよ

じじいになっても呼ぶMC名
ついてる杖もマイクがわり
なんて そんなわけないか
あと50年経ってもまた明日

大人になってもこの先何年
付き合う友達関係
お前がいないと言葉になんねえ
もっかいだけ生涯をかける

大事な仲間だから心 体 あなただけが繋がる
さらばならばまたな
俺は馬鹿な頭だから書いたんだよ

今まで以上の新たな山
だからなんだ
はなからまた諦めるか
俺はお前がいなくても
大丈夫ってとこ見せるよ

なんでかって
お前が心の中にいるから
今でも性格悪い俺は
仲間の活躍や結果に喜べない
なんでやろ

強さを求めるあまり
見失ってた周り
やっと気付けた今後の課題
お前と朝まで昔の話

ややこし モナリザ
RにTK ベル君に十六夜
ほらにまさてぃーん
ぶれちゃんにいぼちゃんにごくらくどう
でぃーまんにけんてぃーにすえっとくん
師匠にばかものてるてるロード
ぎょーざにりーふにふぁくとまん

他にももっと言えないくらい
仲間に囲まれ最高だよ

大事な仲間だから心 体 あなただけが繋がる
さらばならばまたな
俺は馬鹿な頭だから書いたんだよ

今まで以上の新たな山
だからなんだ
はなからまた諦めるか
俺はお前がいなくても
大丈夫ってとこ見せるよ

がーどまん「仲間」歌詞の意味考察

”チャイムと同時に座った席
真面目な顔で喋る先生
昨日の夜〇〇君が
靴を揃え飛び降りたらしい
苦しんでるのに気付けなかった
悲しさ情けなさに泣いた
周りのやつも泣いてたくせに
次の日楽しく笑ってる”

大切な人が亡くなったそうです。

人が亡くなった後も人生は続いていきます。

残った人たちはいつか忘れるのです。

その後も笑いますし、普通に時間は流れていきます。

でもなんだか変だと思うことがあるのです。

そういう人の死が簡単に流れていくことを。

”まあめんどくせえけど
天国で会ったら前より仲良くなろ
仲間の意味をよく考えた
俺は仲間を大事にするよ”

人がいなくなって初めて仲間という物の大切さに気づいたのかもしれません。

もっとあの人と仲良くやれていたらよかったと、今になって後悔しているのではないでしょうか。

”安心しろ 俺に任せろ
お前の涙も俺が拭くから
絶対ないと思うけど
俺が泣いたら一緒に泣いてくれ”

もっと大切にしてあげればよかったと思っているのかもしれません。

もう後悔しないためにも、仲間を自分のことのように大切にしようと思っているのではないでしょうか。

”大事な仲間だから心 体 あなただけが繋がる
さらばならばまたな
俺は馬鹿な頭だから書いたんだよ”

仲間のことを大切に思う気持ちもまた忘れてしまうかもしれないので、歌にしたのかもしれません。

仲間を大切に思う気持ちを忘れたくないのです。

”今まで以上の新たな山
だからなんだ
はなからまた諦めるか
俺はお前がいなくても
大丈夫ってとこ見せるよ”

お前が亡くなっても人生は続いていきます。

お前がいなくなっても頑張らなければならないのです。

俺はお前の分まで生きていこうと思っているのかもしれません。

”俺らってさいつかは
仲直りできない喧嘩をする
お前と何回喧嘩をした
お前と何回笑ってきた”

仲間と喧嘩することもあります。

でも楽しすぎて幸せだと思うこともあるのです。

また一緒に遊べるように、出来るだけ喧嘩は避けたほうがいいのです。

”誰でも誰かを傷つける
一番大事なのは
こいつのためなら傷ついていいって人がいるか
俺にはお前がいたんだよ”

お前はとても大切な人だったのかもしれません。

俺はお前を亡くしたことを後悔しているのです。

”じじいになっても呼ぶMC名
ついてる杖もマイクがわり
なんて そんなわけないか
あと50年経ってもまた明日”

何十年もお前と仲間でいたいと思っていたのかもしれません。

でも急にお前は亡くなってしまったのです。

それをとても悲しく思っているのではないでしょうか。

”大人になってもこの先何年
付き合う友達関係
お前がいないと言葉になんねえ
もっかいだけ生涯をかける”

お前とは一生友達でいたかったのです。

でももうどうすることもできません。

だから今いる仲間たちを大切にしようと言っているのではないでしょうか。

”なんでかって
お前が心の中にいるから
今でも性格悪い俺は
仲間の活躍や結果に喜べない
なんでやろ”

お前の死で仲間の大切さに気づいたのに、まだ嫉妬や妬みを繰り返す俺がいます。

嫉妬や妬みは直らないのかもしれません。

”強さを求めるあまり
見失ってた周り
やっと気付けた今後の課題
お前と朝まで昔の話”

お前を亡くすまで、周りに迷惑ばかりかけていたことに気づいたのではないでしょうか。

大切な人を失って初めて、仲間の大事さに気づいたのです。

”ややこし モナリザ
RにTK ベル君に十六夜
ほらにまさてぃーん
ぶれちゃんにいぼちゃんにごくらくどう
でぃーまんにけんてぃーにすえっとくん
師匠にばかものてるてるロード
ぎょーざにりーふにふぁくとまん”

大切な仲間の名前が書かれています。

”他にももっと言えないくらい
仲間に囲まれ最高だよ”

お前以外にもここにたくさん大切な仲間がいるのです。

この歌は亡くなった親友の死をきっかけに仲間の大切さ、人を大切にする気持ちに気づいたと歌っているのではないでしょうか。

大切な人が死んだ後も、俺たちの日常は続いていきます。

お前が生きられなかった時間を俺たちは歩いていくのです。

がーどまん「仲間」MV考察

仲間との時間が流れていきます。

今は普通に流れる時間もお前が亡くなったら尊いものになったのです。

お前がいるからできた時間。

お前がいたから楽しかった時間。

これからもこれまでも普通にあると思っていた普通のことが、亡くなって初めて尊いと気づいたのです。

お前に言えなかった感謝の気持ちをここに記したのではないでしょうか。

がーどまん

がーどまんさんは【チャンネルがーどまん】僕達は更生しましたという名前で、ドッキリを主としたYoutubeチャンネルを運営するラッパーです。

チャンネル登録者数は18万人以上で、様々なトップYoutuberからリスペクトされています。

これからの活躍に期待です。