JUJU「ミライ」歌詞の意味(解釈)とは?

JUJU

JUJUさんの「ミライ」はドラマ『ハケン占い師アタル』 の主題歌です。

JUJUさんの「ミライ」の歌詞の意味を考えていきます。

JUJUさんの「ミライ」はどのような歌なのでしょうか。

JUJU「ミライ」歌詞

誰もまだ知らない夢と
夜更かしした頃は
見上げた空に 散らばる星も近く見えた

歩道橋から 見下ろした街は今
さみしげな光が 揺らめくけど

小さな強がりでも 前を向ける魔法になる
あなたに誇れるような
物語がまだ描けるなら

泣いたり愛されたり 生きてみるよ
星のないこの街で
一人じゃない そう思えるから
歩いてゆける

少しずつだって手操(たぐ)ろう この見えない糸を
誰かの指に触れるような夜もあるから
気まぐれだった運命でもいつかは
報われる出会いを用意してる

小さな明かりをただ 灯すような気持ちだけで
未来を探してゆく 笑われても笑っていられる

いつしか描いていた 夢と違う今を生きていたって
悪くないわ 夜風は優しい場所へ吹いている

悲しみの予感に きっと負けないように
思い出はできてる
そっと煌めきながら

小さな強がりでも 前を向ける魔法になる
あなたに誇れるような
物語がまだ描けるなら

泣いたり愛されたり 生きてみるよ
星のないこの街で
繋がってるこの空の下に
明日はあるの

PR



JUJU「ミライ」歌詞意味考察

”誰もまだ知らない夢と
夜更かしした頃は
見上げた空に 散らばる星も近く見えた”

夢を追い始めた頃は自分も夢を叶えられると思っていたのです。

でも夢を追い続けることがいかに難しいことであるか知ったのかもしれません。

”歩道橋から 見下ろした街は今
さみしげな光が 揺らめくけど”

全然うまくいかず、疲れて歩道橋で休憩していたのかもしれません。

少しだけ立ち止まり、忙しく働く街や人並みを見下ろしていたのです。

自分は少し休んでも世界は動いていきます。

自分なんて必要ないのかもと思ったのかもしれません。

”小さな強がりでも 前を向ける魔法になる
あなたに誇れるような
物語がまだ描けるなら”

人を励ますことは簡単にできます。

人なら救えるかもしれません。

でも自分を励ますことはできないのです。

”泣いたり愛されたり 生きてみるよ
星のないこの街で
一人じゃない そう思えるから
歩いてゆける”

辛い時に私を包んでくれる人がいるのです。

温かい場所はどこかに必ずあります。

優しい声をかけてくれる人はそこら中にいるのです。

”少しずつだって手操(たぐ)ろう この見えない糸を
誰かの指に触れるような夜もあるから
気まぐれだった運命でもいつかは
報われる出会いを用意してる”

どんなに辛いことがあっても、人の温もりで癒されるのではないでしょうか。

誰かがあなたを励ましてくれるのです。

だから生きていくことができます。

”小さな明かりをただ 灯すような気持ちだけで
未来を探してゆく 笑われても笑っていられる”

自分を信じてくれる人たちがいるだけで、私は歩いていくことができます。

どんなに笑われようとも、励ましてくれる人がいるから生きていけるのです。

”いつしか描いていた 夢と違う今を生きていたって
悪くないわ 夜風は優しい場所へ吹いている”

夢は叶わなかったかもしれません。

本来の私ではないかもしれません。

でも今が幸せならそれでいいのではないでしょうか。

思い描いた未来とは違うところにいるかもしれませんが、暖かく包んでくれる人がいるのであれば、それは幸せなことなのです。

”悲しみの予感に きっと負けないように
思い出はできてる
そっと煌めきながら”

辛いこともあるかもしれません。

悲しいこともあるかもしれません。

でもあなたを愛してくれた人はきっといるのです。

その愛があれば、あなたは生きていられます。

”泣いたり愛されたり 生きてみるよ
星のないこの街で
繋がってるこの空の下に
明日はあるの”

人生には山もあり谷もあります。

辛いこと楽しいことが繰り返されるのです。

でもいつも笑顔で迎えてくれる人がいるのではないでしょうか。

どんなに辛い日が続いたとしても、温かい人がいれば必ず未来は開けます。

この歌は周りの人を大切にしようという歌かもしれません。

主人公は疲れてしまったけれど、人の温もりで心を取り戻すことができたようです。

自分も周りの人を温かく包み込める人になるべきではないでしょうか。

悲しんでいる人を癒せるようなそんな人になることを願っているのです。

そうなれば、世界はもっと生きやすくなるかもしれません。

PR

ハケン占い師アタル

ドラマ『ハケン占い師アタル』 は杉咲花さん主演のハートフルドラマです。

派遣社員のアタルは天才占い師でした。

鑑定をするときのアタルは暴力的な言葉使いですが、そこにはきちんと愛があり、占った人を元気にしてしまいます。

人は一人で生きていくことはできません。

支え合って生きていくのです。

たとえどんなに苦しいことがあったとしても、周りに信頼できる仲間がいたらどんなに心強いことでしょう。

このドラマも主題歌の「ミライ」も人とのつながりの大切さを伝えているのではないでしょうか。