嵐「君のうた」(『僕とシッポと神楽坂』主題歌)歌詞の意味(解釈)とは?

嵐の「君のうた」はドラマ『僕とシッポと神楽坂』主題歌です。

10月19日のMステで披露されました。

嵐の「君のうた」はどのような曲なのでしょうか。

嵐の「君のうた」の歌詞の意味を考察していきます。

嵐「君のうた」歌詞

移ろいゆく風景の中
ずっと大切な人 触れるたび
かけがえのない 思い出くれた

穏やかな風が包んだ
ありふれた日常に
温かくかげることのない 言葉たち

迷いこみ 戸惑う 季節越えたら
栄光に結びつけるため
探し続けてゆく 永遠の絆を

歩き出す
明日は僕らで描こう
涙に暮れたとしても
塗り替えてゆく
強さ教えてくれた 君の温もりを

追いかけて 果てない未来へ繋がる
いつか巡り逢える虹の橋で
同じ夢を見よう

共に過ごした この街の記憶が
ずっと輝けるように

歩き出す 明日は僕らで描こう
涙に暮れたとしても
塗り替えてゆく強さ教えてくれた
君の温もりを追いかけて
果てない未来へ繋がる
いつか巡り逢える 虹の橋で
同じ夢を見よう

今溢れ出した My love 君のために
さあ 届けよう My love 君のもとへ

(公開された部分を耳コピしたものです。)

嵐「君のうた」歌詞の意味考察

“移ろいゆく風景の中
ずっと大切な人 触れるたび
かけがえのない 思い出くれた”

君はどんな時も僕を幸せにしてくれたのかも知れません。

君の存在がとても大切なのです。

”穏やかな風が包んだ
ありふれた日常に
温かくかげることのない 言葉たち”

君と一緒にいると、とても暖かい気持ちになるのです。

僕は君と一緒にいれるだけで幸せなのです。

”迷いこみ 戸惑う 季節越えたら
栄光に結びつけるため
探し続けてゆく 永遠の絆を”

辛いこともあるかも知れませんが、それを乗り越えたらまた歩き出せます。

諦めることなく、栄光を追い続けるのです。

二人ならばきっと成し遂げられるはずだから。

”歩き出す
明日は僕らで描こう
涙に暮れたとしても
塗り替えてゆく
強さ教えてくれた 君の温もりを”

辛いことがあったとしても、明日は何が起きるかわかりません。

明日は自分の力で変えていくのです。

どんなことがあったとしても、幸せへ向かっていきましょう。

君とならば必ずできるはずです。

”追いかけて 果てない未来へ繋がる
いつか巡り逢える虹の橋で
同じ夢を見よう”

僕たちは幸せを追うかぎり、必ず出会える運命なのです。
諦めなければ良い人に出会えます。

二人が出会えた場所は、とても幸せな場所につながるのです。

”共に過ごした この街の記憶が
ずっと輝けるように”

僕たちは永遠に一緒にいるのです。

二人ならば、必ず幸せになれます。

”歩き出す 明日は僕らで描こう
涙に暮れたとしても
塗り替えてゆく強さ教えてくれた
君の温もりを追いかけて
果てない未来へ繋がる
いつか巡り逢える 虹の橋で
同じ夢を見よう”

たとえどんなことがあっても、君がいるだけで僕は夢を追うことができるのかも知れません。

君が僕の希望であり、君が僕に希望をくれるのです。

”今溢れ出した My love 君のために
さあ 届けよう My love 君のもとへ”

僕が頑張れるのは君のおかげだから、僕は君に感謝の気持ちを伝えたいのかも知れません。

僕にとって君という存在はとても大切なのです。

二人ならば、人生はとても綺麗に輝きます。

PR

僕とシッポと神楽坂

ドラマ『僕とシッポと神楽坂』は、相葉雅紀さん主演の獣医ドラマです。

相葉さん演じる高円寺達也は、動物の気持ちを考えられる獣医さんです。

辺鄙な場所の動物病院の跡継ぎになった、高円寺は慣れない中、一人で病院を切り盛りします。

広末涼子さん演じる優秀な動物看護士・加藤トキワをスカウトしますが、加藤はすでに就職先が決まっていました。

しかし加藤は高円寺の丁寧な処置に感銘を受け、共に働く決意をします。