槇原敬之「記憶」歌詞の意味(解釈)とは?NIVEACM曲

槇原敬之

槇原敬之 さんの2年ぶりの新曲「記憶」(10月10日発売)は、NIVEAのCMで使用されています。

槇原敬之さんの「記憶」はどのような曲なのでしょうか。

槇原敬之「記憶」歌詞

「大丈夫だよ」と 
微笑んであげたいとき
思い出せる特別な場面がある

それは頬を包む優しい指
繋いだ手の温もり
何かの拍子に思い出す
言葉を込めた思いの記憶

もしも思い出せないなら
僕が優しく伝えよう
何かの拍子に思い出す
言葉を超えた思いの記憶

(公開された部分を耳コピしたものです。)

槇原敬之「記憶」歌詞の意味考察

”「大丈夫だよ」と 
微笑んであげたいとき
思い出せる特別な場面がある”

愛は親から子へ受け継がれます。

愛を受けた人は人に愛を注げるのです。

”それは頬を包む優しい指
繋いだ手の温もり
何かの拍子に思い出す
言葉を込めた思いの記憶”

愛とは温もりや、優しさ、包み込むような安心なのかもしれません。

それはどんな時も私たちを守り、包み込んでくれるのです。

”もしも思い出せないなら
僕が優しく伝えよう
何かの拍子に思い出す
言葉を超えた思いの記憶”

愛は人に伝えることができます。

愛があるなら、人を温かくする事ができるのです。

PR

NIVEACM考察

NIVEAを塗る母は、自分がいない時も子どもが元気でいれるよう、愛情を込めているのかもしれません。

商品に愛は込められるのです。

人はものを通して、愛を伝えるのです。