レキシ「GOEMON feat.ビッグ門左衛門」歌詞の意味(解釈)とは?

レキシ

レキシの「GOEMON feat.ビッグ門左衛門」の歌詞の意味を考察していきます。

レキシの「GOEMON feat.ビッグ門左衛門」はどのような曲なのでしょうか。

レキシ「GOEMON feat.ビッグ門左衛門」歌詞

作詞:池田貴史
作曲:池田貴史

五右衛門

噂ばなしをホントに信じた訳じゃない
ココロ閉ざしたあのコの Open your eyes してみたい
怖い話もホントはたいしたもんじゃない
適当に話を合わせて「なんだかね」

宝のありかが分かりそう
でもなんだかぼんやりしてしまう
日々悶々と 悶々としているならね

Go Way
もっとキミのこと もっと気になって
夢にまで見た事を隠せない
越えようこの距離を もっと登るなら
月の明かりを盗みに行こう

五右衛門 Go ahead moon

ウソかホントか どうやらあいつも分からない
砂の数だけあのコに Shot through the heart してみたい
笑い話に変えたらなんだか切ない
適当に返事をされたら「なんだかね」

ココロの鍵なら開けれそう
でもなんだかぼんやりしてしまう
日々悶々と 悶々としているならね

Go Way
もっとキミのこと もっと好きになって
夢にまで見た事を隠せない
越えようこの距離を もっと遠くまで
あの日見た景色を見に行こう

五右衛門 Go ahead moon

レキシ「GOEMON feat.ビッグ門左衛門」歌詞の意味考察

”五右衛門

噂ばなしをホントに信じた訳じゃない
ココロ閉ざしたあのコの Open your eyes してみたい
怖い話もホントはたいしたもんじゃない
適当に話を合わせて「なんだかね」”

もしかすると、私たちは周りの人に合わせているだけかもしれません。

本心を語ることなど、ないのです。

いつも周りに合わせて、相槌を打つだけなのです。

”宝のありかが分かりそう
でもなんだかぼんやりしてしまう
日々悶々と 悶々としているならね”

どこかに幸せになれるとっておきのものがあるはずです。

でも夢を追うことすら、私たちは忘れてしまっているのかもしれません。

何もかもうやむやにして、ただ生きているのです。

”Go Way
もっとキミのこと もっと気になって
夢にまで見た事を隠せない
越えようこの距離を もっと登るなら
月の明かりを盗みに行こう”

君への気持ちは本物です。

私の素直な気持ちなのです。

それだけは確かです。

”五右衛門 Go ahead moon”

歴史上の人物の勇姿を胸に、私たちも進んでいくのです。

レキシはそのためにあるのかもしれません。

”ウソかホントかどうやらあいつも分からない
砂の数だけあのコに shot through the heart してみたい
笑い話に変えたらなんだか切ない
適当に返事をされたら「なんだかね」
ココロの鍵なら開けれそうでも なんだかぼんやりしてしまう
日々悶々と 悶々としているならね”

君のことを射止めたいという気持ちはありますが、それも曖昧になっています。

君のことを考えれば考えるほど、憂鬱になるのではないでしょうか。

”Go Way
もっとキミのこと もっと好きになって
夢にまで見た事を隠せない
越えようこの距離を もっと遠くまで
あの日見た景色を見に行こう”

悶々とした日々でも、自分のやりたいことだけははっきりさせないといけません。

自分の本心だけは心に決めておくのです。

曖昧で、不器用な社会でも、真の心は持っておかなければならないのではないでしょうか。

PR

レキシ「GOEMON feat.ビッグ門左衛門」Mv考察

人生一度くらい、自分のやりたいようにやってもいいのではないでしょうか。

どんなに恥をかいても、それが本当に手に入れたいもののためならば、やるべきこともあるかもしれません。

人生は退屈ではいけません。

お金があっても、充実していなければ意味がないのです。