ハジ→「カタオモイ」歌詞の意味(解釈)とは?

ハジ→

ハジ→の「カタオモイ」がとてもいい曲です。

ハジ→の「カタオモイ」の歌詞の意味を考察していきます。

ハジ→の「カタオモイ」はどのような曲なのでしょうか。

ハジ→「カタオモイ」歌詞

作詞:ハジ→
作曲:ハジ→

君を好きになっちゃいけないって わかってたのに
君を好きでいちゃいけないって わかってるのに
これ以上 君を追いかけても 無意味だと 心は知っていても
でも 止まらない 止められないよ もう

どんなに強く心に願っても
叶わない想いもあるんだね
どんなに強く心に誓っても
君の心を変える 力は俺にはない

君には好きな人がいて
なのに ずるいよ
あの日 また連絡をくれて
会える 会えないも いつも君の都合
それでも よかった
全てが途絶えてしまうよりは

君を好きになっちゃいけないって わかってたのに
君を好きでいちゃいけないって わかってるのに
これ以上 君を追いかけても 無意味だと 心は知っていても
でも 止まらない 止められないんだよ

初めて会った日のことを 思い返せば
愛くるしい 無邪気な笑顔に 一目で惹かれた
初デートはラーメン屋 でもなんでか 世界がキラキラしてた
帰り道は 俺の車でドライブ 嘘みたいに弾んだ会話

君と少しでも長くいたくて
助手席の君に バレないように
少し遠回りしながら 家まで送った
その夜 仲間に 電話して惚気た 俺は
絶対に これは運命だ なんて言ってた
あの頃に戻れたら

君を好きになっちゃいけないって わかってたのに
君を好きでいちゃいけないって わかってるのに
これ以上 人を好きになるなんて
今の俺には 考えれないから
今も 変わらない 変えられないんだよ

会いたい キミに会いたい 忘れられぬ恋よ
繋いだ あのぬくもりも たわいのない会話も
全てが愛しい

君を 好きになっちゃいけないって わかっていても
君を 好きになることは 止められなかったろう
これ以上 君を追いかけても 無意味だと 心は知っていても
でも この想い 消えやしないんだよ

会いたい キミに会いたい

ハジ→「カタオモイ」歌詞の意味考察

”君を好きになっちゃいけないって わかってたのに
君を好きでいちゃいけないって わかってるのに
これ以上 君を追いかけても 無意味だと 心は知っていても
でも 止まらない 止められないよ もう”

片思いの人の気持ちをとても正直に描いています。

君は僕に振り向いてくれないので、もうこれ以上好きになることは悪いことだとわかっているけれど、どうしてもその感情を抑えることができないのです。

自分でも君のことを考えると辛くなるとわかっているのに、考えるのを止めることができないのです。

”どんなに強く心に願っても
叶わない想いもあるんだね
どんなに強く心に誓っても
君の心を変える 力は俺にはない”

どんなに好きでも、君が振り向くことはありません。
君と僕が結ばれることはないのです。
それを考えるととても辛いのです。

僕は君とのことを妄想するしかできません。

”君には好きな人がいて
なのに ずるいよ
あの日 また連絡をくれて
会える 会えないも いつも君の都合
それでも よかった
全てが途絶えてしまうよりは”

君は僕を好きではないとわかっていますが、どうしても関係を断ち切ることができません。

それ以上は何もできないとわかっているけれど、そばにいたいのです。

君の一つ一つの動作が僕を嬉しくも悲しくもさせます。

”君を好きになっちゃいけないって わかってたのに
君を好きでいちゃいけないって わかってるのに
これ以上 君を追いかけても 無意味だと 心は知っていても
でも 止まらない 止められないんだよ”

君への想いをどうしても止められないのです。

もうやめた方がいいとわかっているのに、止めることができません。

”初めて会った日のことを 思い返せば
愛くるしい 無邪気な笑顔に 一目で惹かれた
初デートはラーメン屋 でもなんでか 世界がキラキラしてた
帰り道は 俺の車でドライブ 嘘みたいに弾んだ会話”

君との日々はとても楽しいのです。

君とのことを思い出す日が増えています。

君の仕草を思い出す度に僕の心は締め付けられるのです。

”君と少しでも長くいたくて
助手席の君に バレないように
少し遠回りしながら 家まで送った
その夜 仲間に 電話して惚気た(のろけた) 俺は
絶対に これは運命だ なんて言ってた
あの頃に戻れたら”

出会った頃はまだ君が僕を好きにならないなんてわかっていませんでした。

様々な妄想ができたあの頃に戻りたいのです。
君は違う人を好きになりました。

僕を好きになることはないのです。

”会いたい キミに会いたい 忘れられぬ恋よ
繋いだ あのぬくもりも たわいのない会話も
全てが愛しい”

君が僕を好きにならないとわかればわかる程、会いたくなるのかもしれません。

会ってチャンスをもらいたいのです。

会って君を振り向かせたいのです。

”君を 好きになっちゃいけないって わかっていても
君を 好きになることは 止められなかったろう
これ以上 君を追いかけても 無意味だと 心は知っていても
でも この想い 消えやしないんだよ”

もう無理だとわかっているのに、どうしても止めることができません。

君への想いを諦めらないのです。

”会いたい キミに会いたい”

会いたい、会いたい、いつもだたそれだけなのです。

PR

ハジ→「カタオモイ」ジャケット写真

ハジ→「カタオモイ」の凄さ

ハジ→さんの「カタオモイ「はどんな恋愛ソングよりも、正直に恋心を描いているのではないでしょうか。
好きという気持ちは時に罪にもなります。

愛するがゆえに、人は苦しめられるのです。

恋は人を怖くさせるのかもしれません。

ストーカーだって本当は恋心が招いたものです。

人を好きになるという気持ちは、自分ではコントロールできないのです。

それは本当はとても素敵なことなのに、どうして苦しいものになるのでしょうか。