ポルノグラフィティ「Zombies are standing out」歌詞の意味(解釈)とは?

ポルノグラフィティ

ポルノグラフィティの「Zombies are standing out」がSony WALKMAN A50シリーズのウェブCMソングに起用されました。

ポルノグラフィティの「Zombies are standing out」歌詞の意味を考察していきます。

ポルノグラフィティの「Zombies are standing out」はどのような曲なのでしょうか。

ポルノグラフィティ「Zombies are standing out」歌詞

作詞:新藤晴一
作曲:岡野昭仁

Zombies are crying out
冷めきった Crazy town
現実という名の バレットに撃ち抜かれた

Zombies are crying out
うごめいている My head
何を探し さまよっているの

赤くただれた 繊細な器官
感情を喪失した 焦点の合わない目
この街を べったりと覆い尽くす
無感覚と無関心が 混じる大気汚染

Heads come out underground
安らぎは与えられない

Zombies are standing out
渇望してる安息
脳裏に残ってる おぼろげな記憶がまた

Zombies are standing out
蘇るは Glory days
ここじゃ誰も眠ってはならぬ

熱い血が流れていた時のことを
思い出そうとしても 頭が割れそうに痛む
ただ歩いているけど 盲目的で
ありつけたご馳走には悪臭が漂った

Heads come out underground
醜態を垂らし続ける

Zombies are crying out
冷めきった Crazy town
現実という名の バレットに撃ち抜かれた

Zombies are crying out
うごめいている My head
何を探し さまよっているの

光がその体を焼き
灰になって いつか神の祝福を受けられるように
I still pray to revive

清らかな水をくれ 焼け付くこの喉に
声が枯れるほどに叫んでいるのだけど

Zombies are crying out
慈悲なき闇で Cry
死して生きる永遠の転生
立ち上がれ Living dead

Zombies remenber me 夢見た日を

ポルノグラフィティ「Zombies are standing out」歌詞の意味考察

”Zombies are crying out
冷めきった Crazy town
現実という名の バレットに撃ち抜かれた”

Zombies are crying outはゾンビは泣き叫ぶという意味です。

バレットは銃弾のことです。

辛い現実に涙することがあります。

現実はこんなに苦しいのかと何度も泣き叫ぶ日があるのです。

”Zombies are crying out
うごめいている My head
何を探し さまよっているの”

僕たちは何のために生き、どうしてこんなに苦しまなければならないのでしょうか。

自分でもわからないのです。

”赤くただれた 繊細な器官
感情を喪失した 焦点の合わない目
この街を べったりと覆い尽くす
無感覚と無関心が 混じる大気汚染”

空気はよどみ、街は疲弊し、感情を蝕まれます。

どうしてこんなに辛い日々を送らなければならないのでしょうか。

”Heads come out underground
安らぎは与えられない”

どんなに頑張っても芽が出ることはないのではないかと、嘆いてしまいます。
それほど現実は厳しいものなのです。

”Zombies are standing out
渇望してる安息
脳裏に残ってる おぼろげな記憶がまた”

stand outとは目立つだったり、素晴らしい人という意味です。

渇望とは心から願うという意味です。

ゾンビは素晴らしいのです。
どんなに苦しくても夢は心にあります。

それだけでまだ希望はあるのではないでしょうか。

”Zombies are standing out
蘇るは Glory days
ここじゃ誰も眠ってはならぬ”

どんなに苦しい現実だとしても、望みを捨ててはいけません。

栄光を手にすることができます。

願い続ければ必ず光ることができるのです。

”熱い血が流れていた時のことを
思い出そうとしても 頭が割れそうに痛む
ただ歩いているけど 盲目的で
ありつけたご馳走には悪臭が漂った”

一難去ってまた一難、辛い現実が続いていきます。

やっとありつけたご馳走もフェイクだったと気づかされるんです。

”Heads come out underground
醜態を垂らし続ける”

醜態とはみっともない恥ずべき様子のことです。

僕たちは生きているだけで、恥さらしなのかもしれません。

”Zombies are crying out
冷めきった Crazy town
現実という名の バレットに撃ち抜かれた”

この世界は闇の中にあります。

嘘が飛び交い、批判ばかりです。

”Zombies are crying out
うごめいている My head
何を探し さまよっているの”

どうして生きているのか時々わからなくなります。
こんな現実を生きるために生まれてきたのでしょうか。

”光がその体を焼き
灰になって いつか神の祝福を受けられるように
I still pray to revive”

それでも僕たちは生き続けるのです。

必ず希望が待ち受けています。

いつか必ず光り輝く日がやってくるのです。

”清らかな水をくれ 焼け付くこの喉に
声が枯れるほどに叫んでいるのだけど”

どんなことがあっても綺麗なものを見続けるのです。

綺麗な心があれば、必ず救われる日がやってきます。

”Zombies are crying out
慈悲なき闇で Cry
死して生きる永遠の転生
立ち上がれ Living dead”

どんなことがあっても生き続けるのです。

諦めなければ、必ず素晴らしい世界がやってきます。

それまでは、死に物狂いで生きるのです。

”Zombies remember me 夢見た日を”

夢見ることを決して忘れてはいけません。

希望を持ち続けるのです。

PR

ポルノグラフィティ「Zombies are standing out」ジャケット写真

希望とは

苦しいことや悲しいことがあると、明日を見れなくなります。

心が傷つくと、希望を持てなくなります。

生きるためには希望が必要です。

どんなに苦しいことがあったとしても、希望があれば立ち上がれます。

希望とは最後の砦なのかもしれません。

どんなことがあっても希望を持ち続けることが、明日への活力になるのかもしれません。

どんな人にも、どんな状況にも必ず希望はあるのです。