【TATERU株考察】本日日給3万5千円

2018年9月25日にTATERU株がストップ高になりました。

11時を過ぎたあたりで、取引は終了、終了後も買い気配が続いています。

明日も続騰となるのでしょうか。

明日も続騰

私はTATERU株は明日も続騰と読みます。

そもそもTATERU株が急落したのは、不祥事があったためです。

誰かが大量に売ったのか、大勢で大量に売ったのかわかりませんが、急落したことは事実です。

それに気づいた投資家が、買いに走っています。

チャートを見ると、まだ底値に近いので、私は明日は続騰するのではないかと考えています。

少なくてもこの買い気配です。

(売り気配が無し、買いが2,512,800株となっています)

午前中は上がることが予想されます。

私は一旦午前中まで様子を見たいと考えています。

TATERUを買った理由

今回TATERUを買った理由としては、底が見えたからです。

また、今日と同じで買い気配のみ積み上がっていたからです。

さらに、すでに急落しているため、下がっても大したことはないと思いました。

リスクが許容範囲であり、急落しているので、必ず上がると踏みました。

結果的に、100円ほど値上がりし、現在35,000円ほどの利益になっています。

続騰

2018年9月26日も続騰しました。

TATERUのポテンシャルは1,000円代の可能性があります。

ですので、このまま明日も続騰する可能性がありますが、私は一旦売ることにしました。

よって利益は7万円となりました。

また下がったら、買おうと思います。

その時は900円代まで我慢するかもしれません。

株はすぐに儲かる

株をやっていない人は損をしていると思います。

株をやれば、今まで1日で稼げなかった額を稼ぐことができます。

きちんとした知識を持ち、値動きを読む力があれば、株は儲けられるのです。

落ちても大丈夫

たとえ買った株が落ちたとしても、焦る必要はありません。

株の値動きは一過性の現象です。

たとえその瞬間落ちたとしても、また上がる可能性があるのです。

つまり値段が下がったとしても、上がるまで待てば、損をすることはありません。

株が下がり続けるということは、現実的にかなり可能性の低いことです。

であれば、上がる日は必ず来るということです。

それまで待てばいいだけです。

この理論でいくと、株が早く上がるか、遅く上がるかだけです。

株は必ず上がるものなので、上がるまでの時間で競うことになるということです。

いつ買う?

株は可能性の世界です。

確率です。

確率を上げていけば、成功の可能性も上がります。

ではいつ買えば、可能性があるのでしょうか。

誰でもわかることだと思います。

下がっているときに買えばいいのです。

では下がっているとはどういうことでしょうか。

下がっているとは、本来の価値よりも下がっているということです。

その会社の株が本来持っているポテンシャルよりも値段が低い時に買えば必ず上がります。

それは始めは分からないかもしれませんが、続けているとだんだんわかってきます。

Appleの株は今買うべきでしょうか。

私は買うべきではないと思います。

現在、時価総額で世界トップの株価となっているAppleです。

これは買わないほうがいいと私は思います。

なぜなら今上がっているので、あとは下がる可能性の方が高いからです。

もしもAppleが宇宙産業に進出した、ドローン産業に進出したなどの新しい価値が生まれたら、買ってもいいかと思いますが、今は経営に動きがないので、買う価値はないと判断しています。

もちろん、配当金や優待が欲しいのであれば買うべきだと思います。

まとめ

株はリスクがあるから辞めた方がいいと言っている人は、もったいないと思います。

なぜならリスクは単に一過性のもので、長い目で見ればリスクではないからです。

その日値段が下がり、怖くなって売ってしまえば、あなたの利益はマイナスですが、恐れず株を持ち続ければいつか必ずプラスに転じるのです。

株は忍耐力と精神力の勝負です。

下がっても折れない精神力があれば、成功します。