人間は働かなくてよくなる

ライフハック

コンビニで売っていた、「日本の未来予測」という本がとても面白かったです。

PR

ここには2100年までの予測が事細かに書かれています。
VRの裸眼化やガンの克服、60万人が火星へ移住など、夢のような世界が描かれているのです。

もちろん、AIのシンギュラリティが2045年に訪れるなんてことは、馬鹿げていると言っている研究者もいますので、この本に載っていることが全て現実になるなんてことはないと思います。

しかし、デザイナーベイビーが誕生するということは本当に起きるはずです。

さらには2080年に実現できるとは思いませんが、本当に量子テレポーテーションが可能になる未来も訪れるかもしれないのです。

そうなれば、様々な常識が覆るのではないでしょうか。

2020年を越えて

今は節目の年である2020年に向けて、様々なことが動いているように見えます。
しかし2020年などあっという間に過ぎるのではないでしょうか。
2020年なんて単に2年後の世界なのです。
これからはもっと先に様々なことが起きます。

自動運転車が普通になったり、ドローンでの配達が当たり前になります。
その未来は夢物語ではなく、いよいよ現実になっていくのです。

そこに必ず登場するのが、自動というキーワードです。
これから私たちの生活には自動に動くものがどんどん増えていくのではないかと思います。

すでにロボット掃除機が一般化されつつあります。
この掃除機をかけている間、家主は他のことをすることができます。

誰も不安に思わないロボットによる掃除。
このような自動運転が様々なところで当たり前になるのではないでしょうか。

そうすることで、私たちの生活は大きく変わろうとしているのです。

2020年を越えた、これからの50年は今までに経験したことがないほどの変化が訪れるのではないでしょうか。

ロボットに仕事を取られていい

さて私は少し前まで、人工知能やロボットに仕事を取られてしまうのではないかと恐れていました。

もしロボットに仕事を取られてしまうのであれば、失業者が溢れるでしょうし、人間はもっと不幸になるのではないかと恐れたからです。
そうならば、このAIの開発は止めなければならないと思い、必死で調べました。

ですが、そんな必要はないと気づいたのです。

例えば、ロボットが人間の代わりに働けるようになるとどうなるでしょうか。

まず、ロボットはお金が必要でしょうか。
ロボットは電気代は必要ですが、給料は必要ありません。
旅行もしませんし、休息もいりません、食事は電気だけでいいのです。
そんな費用のかからないロボットが人間よりも優秀で、しかも電気がある限り動き続けるのです。

もしも今の仕事がどんどん自動化されていくと、多くの人間は働かなくてよくなります。

始めのうちは働かなくてよいではなく、働けないという状態になると思います。

そんな人がたくさん増えていくのです。
なぜならスーパーのレジ打ちも事務作業、高給取りの会計士ですらも、ロボットに仕事を奪われていく時代になるのです。

もっと発展すれば医師の仕事も少なくなるのではないかと言われています。
そうなると多くの人が、仕事を失うことになります。

仕事をすることができるのは、タレントや伝統工芸品を作る人や振付師、探偵など本当に極僅かな人々です。

そうなると本当に多くの人が仕事をなくすことになると思います。
これは普通の出来事ではありません。

人間は働かなくてよくなる

社会のルールは大きく変わり、次第に働かなくても生活することができるようになるのではないかと思います。

政府はロボットを取り扱う会社から多額の税金を徴収し、国民に最低限生活できるお金を支給することになるのではないでしょうか。
その額がいくらになるかわかりませんが、もしも一ヶ月に15万円収入が約束されるとなるとどうなるのでしょうか。

節約し一切働かない人も出てくるのではないでしょうか。
あるいは旅行に行きたい時だけ、求人に募集しお金を稼いで出かける人も出てくるかもしれません。

私ももしも働かなくてもお金がもらえるようになったら、働くのかどうかわかりません。
少しだけバイトに出かけてあとは好きなことをするようになるのではないかと思います。

こんなことは夢のようなことに思えるかしれませんが、現実にやってくる日はそう遠くないのです。

今でもレジ打ちのないスーパーは増えてきていますし、Amazon Goでは会計が不要になっています。
このようなお店はこれからどんどん当たり前になっていくのです。

そうなると、高校生や大学生はバイトすることができなくなりますし、主婦のパートや派遣の仕事もなくなっていくのです。

それでも社会は回ります。

働かなくても経済は回るようになるのです。

今までは人間が働かなければ、経済が回りませんでしたが、これからは回るようになるのです。

そんな社会が本当にやってくるのです。

そんな社会がやってきたとき、皆さんならば仕事をするでしょうか。
多くの人が仕事をするのをやめてしまうのではないかと思います。

しかし中には必ず仕事をする人が出てくると思います。

空いた時間にお金を儲けて、より裕福な生活を目指そうとする人がいるはずです。
あるいは更なる文明の進化を目指し研究する人もいるのです。

このように社会は進んでいくのではないでしょうか。

これは一見新しい社会のように見えますが、そうではないのではないかと思います。
今まで嫌々働いていた人たちがロボットに変わっただけで、それでも働く人は働きますし、それでも研究する人は研究するのです。

その人たちが一緒に働くパートナーがロボットになるだけなのかもしれません。

仕事がなくなっても心配することはない

私はつい最近まではロボットに仕事が取られることに恐怖感を抱いていましたが、そうではないと気づきました。

別にロボットに仕事を取られてもいいのです。

ロボットに仕事を取られたとしても、生活できなくなるわけではありません。

そういう人が増えれば増えるほど、生活はより良い方向へ向かっていくのです。

これからの10年は今までの10年とは全く違う変化をもたらします。

私たちはそんな変化の大きい時代に生きているのです。