ゆず「夏色」歌詞の意味(解釈)とは?

ゆず

ゆずの「夏色」は何年も生き続ける名曲です。

ゆずの「夏色」の歌詞の意味を考察していきます。

ゆずの「夏色」はどういうことを歌った曲だったのでしょうか。

ゆず「夏色」歌詞

作詞:北川悠仁
作曲:北川悠仁

駐車場のネコはアクビをしながら
今日も一日を過ごしてゆく
何も変わらない 穏やかな街並み

みんな夏が来たって浮かれ気分なのに
君は一人さえない顔してるネ
そうだ君に見せたい物があるんだ

大きな五時半の夕やけ 子供の頃と同じように
海も空も雲も僕等でさえも 染めてゆくから…

この長い長い下り坂を 君を自転車の後ろに乗せて
ブレーキいっぱい握りしめて ゆっくりゆっくり下ってく

風鈴の音でウトウトしながら
夢見ごごちでヨダレをたらしてる
いつもと同じ網戸ごしの風の匂い

休日でみんなもゴロゴロしてるのに
君はずいぶん忙しい顔をしてるネ
そうだいつかのあの場所へ行こう

真夏の夜の波の音は不思議な程心静かになる
少しだけ全て忘れて波の音の中 包みこまれてゆく

この細い細いうら道を抜けて
誰もいない大きな夜の海見ながら
線香花火に二人で ゆっくりゆっくり火をつける

いつか君の泪がこぼれおちそうになったら
何もしてあげられないけど 少しでもそばにいるよ…

この長い長い下り坂を君を自転車の後ろに乗せて
ブレーキいっぱい握りしめて ゆっくりゆっくり下ってく

ゆっくりゆっくり下ってく
ゆっくりゆっくり下ってく

ゆず「夏色」歌詞の意味考察

”駐車場のネコはアクビをしながら
今日も一日を過ごしてゆく
何も変わらない 穏やかな街並み”

何も変わらない日常を演出しているようです。

とても平和な日常のようです。

”みんな夏が来たって浮かれ気分なのに
君は一人さえない顔してるネ
そうだ君に見せたい物があるんだ”

陽気な日常の中で君だけさえない顔をしているようです。

君だけが元気がないので、気になったのかもしれません。

”大きな五時半の夕やけ 子供の頃と同じように
海も空も雲も僕等でさえも 染めてゆくから…”

浮かない顔をしている君に見せたかったものは、大きな夕焼けの景色だったのかもしれません。

夕焼けを見たら、さえない顔も解けるのではないかと思ったのではないでしょうか。

きっと自分もそうだったからかもしれません。

”この長い長い下り坂を 君を自転車の後ろに乗せて
ブレーキいっぱい握りしめて ゆっくりゆっくり下ってく”

夕焼けが見える景色を君にたっぷり見せるために、僕は自転車でゆっくり坂道を下っていくのではないでしょうか。

早く行こうと思えば行ける坂道を、ゆっくりゆっくり下っていくのです。

君が元気を取り戻せるように。

”風鈴の音でウトウトしながら
夢見ごごちでヨダレをたらしてる
いつもと同じ網戸ごしの風の匂い”

いつもと同じ景色の中で、起きる出来事があるのかもしれません。

何も起きない平和な日々がいつまでも続くわけではないと、言っているのではないでしょうか。

”休日でみんなもゴロゴロしてるのに
君はずいぶん忙しい顔をしてるネ
そうだいつかのあの場所へ行こう”

みんなが休憩しているときに、1人忙しそうにしている君を心配しているのです。

今度はどこへ連れていくのでしょうか。

”真夏の夜の波の音は不思議な程心静かになる
少しだけ全て忘れて波の音の中 包みこまれてゆく”

夜の海の波の音は、全てを浄化してくれるような素敵な音なのかもしれません。

その音が君の辛さを軽くしてくれればいいのです。

”この細い細いうら道を抜けて
誰もいない大きな夜の海見ながら
線香花火に二人で ゆっくりゆっくり火をつける”

細い細い道は僕だけが見つけた秘密の道なのかもしれません。

僕は君にだけ、その秘密の場所を教えてあげたのです。

誰もこない2人だけの場所で、忙しさを忘れてくれればいいのです。

今は、幸せを感じて欲しいのではないでしょうか。

”いつか君の泪がこぼれおちそうになったら
何もしてあげられないけど 少しでもそばにいるよ…”

僕は君の苦しみを消すことはできないかもしれませんが、1人にはさせないと言っている気がします。

何もしてあげられることはないけれど、そばにいてあげたいのです。

それにどんな効果があるかわかりませんが、1人よりは少しは励みになるかもしれないのです。

”この長い長い下り坂を君を自転車の後ろに乗せて
ブレーキいっぱい握りしめて ゆっくりゆっくり下ってく”

僕は君にしてあげられることを精一杯したいのではないでしょうか。

辛いことがあった君に、何をしてあげられるかわかりませんが、僕にできることを精一杯してあげたいのではないでしょうか。

君を辛さから解放する方法はわかりませんが、とりあえず何かをしてあげたいのだと言っている気がします。

”ゆっくりゆっくり下ってく
ゆっくりゆっくり下ってく”

坂道をゆっくり下り、夕焼けをじっくり見せてあげることしか、僕にはできません。

だけど僕は君の味方なのです。

PR

夏色とは何か?

夏色とは夏を感じさせるものの事かもしれません。

ここに出てくる夕焼けは夏の海に沈む夕焼けなのかもしれません。

夏の線香花火、風鈴の音、網戸ごしの風の匂いは、辛い暑さを消し去るもののようです。

僕は夏特有の暑さを消し去る様々なもののように、君を辛さから解放したかったのかもしれません。