KICK THE CAN CREW「住所 feat. 岡村靖幸」歌詞の意味(解釈)とは?

KICK THE CAN CREW

KICK THE CAN CREW の「住所 feat. 岡村靖幸」は8月29日にリリースされます。

KICK THE CAN CREW の「住所 feat. 岡村靖幸」の歌詞の意味を考察していきます。

KICK THE CAN CREW の「住所 feat. 岡村靖幸」はどのような曲なのでしょうか。

KICK THE CAN CREW「住所 feat. 岡村靖幸」歌詞

作詞:KREVA,LITTLE,MCU,岡村靖幸
サウンドプロデュース:蔦谷好位置,KREVA

さっと流れる風景 ギュッと重ねる Two place
ずっと時代は羽ばたいてく
君はまだまだ輝いていく
どっと押し寄せる荒波(あらなみ)の中 掴む愛の塊を
このハートに決してない 類似品
炎 燃える熱い道

ベイベべベイベベイベべベイベ
100万回でも無くならない この想い
愛と名付けよう 英語で言うとこのLOVEでしょ
全ての言葉 君のためにある
その笑顔 日々の糧になる
きっと果てしなく続くエターナル
君無しじゃ俺口ベタになる

あなたと向き合うと
変わらず好きだと
必ず言えるよ
耳をすませれば
からまる音 そしてダンスするみたいに
高まる鼓動はサンクチュアリ

寂しかった日常も
悲しかった表情も
無理してた現実も 君次第でしょ

そうさ住所 一緒んとこにしよう
約10畳くらいの部屋でどう

君が作った合言葉 忘れちゃったら愛を溶かす
その度またはじめから あの日以上にマジでかます
誰がなんと言おうと永遠(とわ)にLOVE
ずっと恋人 終わりなく
君に入れた熱い感触は 未だ変わらず満足

My baby in the house
その他大勢みんなカスと化す
文句あるやつひっぱたく
つかけつで踏んづける ヒップアタック
世界のみんなからディスられたって
君とともにいるいつまでだって
水かけられたっていいんだ
いいんだ これ洒落じゃねぇんだ

形が変わっても
その声を鼓膜を離れず
いまだにこの胸を焦がす
内緒話みたいなボリューム
でも愛を語り合えるならもう十分

投げ捨てた鉛筆も
激しかった口づけも
負けそうな連日も
自分次第でしょ

そうさ住所 一緒んとこにしよう
約10畳くらいの部屋でどう
そうさ住所 一緒んとこにしよう
約10畳くらいの部屋でどう

俺 in the house
そして君 in the house
まずは 1LDK 一緒住んでもいいんじゃない

俺 in the house
そして君 in the house
いつか 3LDK 一生でもいいんじゃない

俺 in the house(in the house in the house)
君 in the house(in the house in the house)
俺ら in the house(in the house in the house)
My baby in the house(in the house in the house)

俺 in the house(in the house in the house)
君 in the house(in the house in the house)
俺ら in the house(in the house in the house)
My baby in the house(in the house in the house)

KICK THE CAN CREW「住所 feat. 岡村靖幸」歌詞

”さっと流れる風景 ギュッと重ねる Two place
ずっと時代は羽ばたいてく
君はまだまだ輝いていく
どっと押し寄せる荒波(あらなみ)の中 掴む愛の塊を
このハートに決してない 類似品
炎 燃える熱い道”

いつの時代も同じなのかもしれません。

時代は変化するもので、その変化についていくことも難しいかもしれませんが、愛する人と一緒ならば、険しき道にも愛が溢れると言っているのではないでしょうか。

”ベイベべベイベベイベべベイベ
100万回でも無くならない この想い
愛と名付けよう 英語で言うとこのLOVEでしょ
全ての言葉 君のためにある
その笑顔 日々の糧になる
きっと果てしなく続くエターナル
君無しじゃ俺口ベタになる”

何度想ってもなくならない君への想いを愛と呼ぶのではないかと言っている気がします。

エターナルとは永遠のという意味です。

君への愛はずっと続くものなのです。

一緒になるまでに、何度も君のことを想ったのですから。

なぜなら、君の笑顔が俺に元気をくれるからかもしれません。

君がいなければ、俺はやっていけないのです。

”あなたと向き合うと
変わらず好きだと
必ず言えるよ
耳をすませれば
からまる音 そしてダンスするみたいに
高まる鼓動はサンクチュアリ”

サンクチュアリは保護区のことです。

君といればそこは楽園に変わると言っているのではないでしょうか。

いつまでも君と一緒の幸せを味わいたいと思っているのかもしれません。

”寂しかった日常も
悲しかった表情も
無理してた現実も 君次第でしょ”

君がいれば、辛いことも全てなくなると言っている気がします。

君がいることで、困難に挑戦することもできるのです。

”そうさ住所 一緒んとこにしよう
約10畳くらいの部屋でどう”

別に十畳でもいいから、君と同じ部屋で住みたいと言っている気がします。

君と住む始まりの家なのです。

”君が作った合言葉 忘れちゃったら愛を溶かす
その度またはじめから あの日以上にマジでかます
誰がなんと言おうと永遠(とわ)にLOVE
ずっと恋人 終わりなく
君に入れた熱い感触は 未だ変わらず満足”

君との合言葉がなくなっても、また愛を溶かせばいいと言っているので、合言葉は元々愛からできたのかもしれません。

君との合言葉とは君と俺の中で育んだ愛なのかもしれません。

その愛は初めて感じた愛と変わらず、ずっとこの胸にあるのだと言っている気がします。

君への愛が変わることないことを伝えたいのです。

”My baby in the house
その他大勢みんなカスと化す
文句あるやつひっぱたく
つかけつで踏んづける ヒップアタック
世界のみんなからディスられたって
君とともにいるいつまでだって
水かけられたっていいんだ
いいんだ これ洒落じゃねぇんだ”

君と一緒ならば、どんなことがあっても、乗り越えていけます。

どんな敵が現れても、乗り越えていけるのです。

それがこの家から始まるのではないでしょうか。

”形が変わっても
その声を鼓膜を離れず
いまだにこの胸を焦がす
内緒話みたいなボリューム
でも愛を語り合えるならもう十分”

年老いたとしても、愛を語り合いたいと言っているのではないでしょうか。

いつまで経ってもあなたへの愛は変わりません。

”投げ捨てた鉛筆も
激しかった口づけも
負けそうな連日も
自分次第でしょ”

幸せを掴むのは自分の選択次第です。

自分が幸も不幸も掴み取るのです。

全ては自分次第です。

だから君との関係も。

”俺 in the house
そして君 in the house
まずは 1LDK 一緒住んでもいいんじゃない

俺 in the house
そして君 in the house
いつか 3LDK 一生でもいいんじゃない”

始めは1LDKでもだんだん大きくなればいいのではないかと言っている気がします。

二人で永遠に一緒、共に成長していきたいのです。

二人の愛はずっと続いていきます。

二人一緒に。

”俺 in the house(in the house in the house)
君 in the house(in the house in the house)
俺ら in the house(in the house in the house)
My baby in the house(in the house in the house)”

やがて家族が増えるのではないでしょうか。

そこには仲間とドラマが増えていくのです。

永遠の愛があれば、様々な出来事が起きます。

その部屋から全ては始まるのかもしれません。

PR

KICK THE CAN CREW「住所 feat. 岡村靖幸」MV考察

いろんなものが君たちを応援してくれているのかもしれません。

あらゆるものを武器にして戦うのです。

全てを味方にして、危機を乗り越えていきましょう。

二人の関係は様々なものに続けさせられているのかもしれません。

あらゆるものに感謝することが必要なのです。

関係のないものにも、力が宿っているかもしれません。

様々なものを味方にして、二人でこれからの日々を乗り越えていくのです。