浦ちゃん(桐谷健太)「お家をつくろう」歌詞の意味(解釈)とは?

CM

auのCMで浦ちゃん(桐谷健太さん)が歌っている曲は「お家をつくろう」という曲です。

浦ちゃん(桐谷健太さん)が歌っている「お家をつくろう」は秦基博さんが作曲をされたようです。

浦ちゃん(桐谷健太さん)が歌っている「お家をつくろう」はどのような曲なのでしょうか。

浦ちゃん(桐谷健太)「お家をつくろう」歌詞

それでも やっと気づいたんだ
僕はひとりじゃない
家族じゃない 家族みたいな
愛する人がこんなにいるだろう

いつも誰かが待ってる
そんな場所になるといいな
いつも誰でも立ち寄る
そんな場所になるといいな

聞こえてくる 笑い声と
お家ができたよ

浦ちゃん(桐谷健太)「お家をつくろう」歌詞の意味考察

”それでも やっと気づいたんだ
僕はひとりじゃない
家族じゃない 家族みたいな
愛する人がこんなにいるだろう”

家族ではないのに、家族みたいな人がいることを嬉しく感じているのかもしれません。

人は一人では生きていけません。

誰かと一緒に生きていくのです。

それは家族ではなくてもいいと言っているのかもしれません。

一緒にいる人が家族でなければならないというわけではないのです。

浦ちゃんはずっと家族を妄想していました。

家族がずっと欲しかったのかもしれません。

でも、家族みたいな人がもうすでにいることに気づいたのではないでしょうか。

”いつも誰かが待ってる
そんな場所になるといいな
いつも誰でも立ち寄る
そんな場所になるといいな”

誰かが待ってくれていることが、とても幸せなことだと言っている気がします。

いつでも立ち寄れる場所があることが、幸せだと言っているのではないでしょうか。

どんなことがあっても、待ってくれている仲間がいることはとても幸せなことなのです。

”聞こえてくる 笑い声と
お家ができたよ”

そういう人がいる場所をお家と呼ぶのではないかと言っています。

そこには笑い声が溢れているのです。

auは素敵なCMを作られたのではないでしょうか。

PR

auの家族ナツ得

auの家族ナツ得は家族割を契約されている方が、iPhoneXなどの対象機種に機種を変更すると、7000円がキャッシュバックされるというプランです。

秦基博さんが作曲

浦ちゃん(桐谷健太)の「お家をつくろう」は秦基博さんが作曲されています。

最近は福耳のプロジェクトに参加されたり、パナソニックのCMソングを手がけたりと活動されていますが、ソロとしての活動はあまりされていなかったので、今回の作曲はとても嬉しい情報です。

ちなみに、秦さんの「花」という曲は2018年11月3日(土)にリリースされることが発表されました。