HIROOMI TOSAKA(登坂広臣)「Not For Me」歌詞の意味(解釈)とは?

HIROOMI TOSAKA

HIROOMI TOSAKAさんの「Not For Me」のMVが公開されました。

HIROOMI TOSAKAさんの「Not For Me」の歌詞の意味を考察していきます。

HIROOMI TOSAKAさんの「Not For Me」はどのような曲なのでしょうか。

HIROOMI TOSAKA「Not For Me」歌詞

作詞:HIROOMI TOSAKA, kouta okochi

You are beautiful, so perfect
いつも見てるから
And you are kind to everybody, anytime
充分に分かってる

Maybe I know, patiently I wait to hear the words that you’ll never ever say
どんなに待ってもきっと… uh
You know it can get so hard sometimes but
I’m keeping everything inside
何にも知らないと思うけど

君はきまって僕に聞くんだ
You know, maybe I’m wrong, I feel like you’re pouting
僕はいつも笑いながら
Don’t mind at all
そう返すんだ
Ain’t the only one

You are popular, so perfect
話を聞くから
And you are trying really hard, anytime
そんなこと分かってる

Maybe I know, it’s only natural but, I waited
and nothing change at all
期待をしてみてもきっと… uh
You know I don’t regret any of it, so I don’t deserve like you
分かってると思うけど

君はきまって僕に言うんだ
You know, maybe I’m wrong, I feel like you’re jealous
僕は言葉遮る様に
Don’t mind at all
そう返すんだ
Ain’t the only one

君はきまって僕に聞くんだ
You know, maybe I’m wrong, I feel like
you’re pouting
僕はいつも笑いながら
Don’t mind at all
そう返すんだ
Ain’t the only one

君はきまって僕に言うんだ
You know, maybe I’m wrong, I feel like you’re jealous
僕は言葉遮る様に
Don’t mind at all
そう返すんだ
Ain’t the only one

HIROOMI TOSAKA「Not For Me」歌詞の意味考察

”You are beautiful, so perfect
いつも見てるから
And you are kind to everybody, anytime
充分に分かってる”

君は美しくて完璧だから、とてもきになるようです。

君はいつもどんな人にも親切なんだそうです。

そんな君が好きなのではないでしょうか。

”Maybe I know, patiently I wait to hear the words that you’ll never ever say
どんなに待ってもきっと… uh
You know it can get so hard sometimes but
I’m keeping everything inside
何にも知らないと思うけど”

Maybe I know, patiently I wait to hear the words that you’ll never ever sayは僕は君が言わないはずの言葉をじっと待っていると言っています。

君が僕に好きだと言ってくれるのは、ありえないと諦めているようです。

You know it can get so hard sometimes but I’m keeping everything insideは君は僕が内に秘めているものを聞き出すのが時々難しいと知っているという意味です。

僕がどうして思いつめているか、君は気づいていないと嘆いています。

僕は君が好きですが、君は僕の気持ちに気づいていないのかもしれません。

”君はきまって僕に聞くんだ
You know, maybe I’m wrong, I feel like you’re pouting
僕はいつも笑いながら
Don’t mind at all
そう返すんだ
Ain’t the only one”

You know, maybe I’m wrong, I feel like you’re poutingは私が悪いわ、君が怒っているんだものという意味です。

Don’t mind at allは全く気にしないでという意味です。

Ain’t the only oneは特別なものになんてなろうとしていないという意味です。

君は僕が怒ってると思っているようですが、僕は何もないと言うみたいです。

僕は諦めかけているのかもしれません。

君が自分の気持ちに気づいてくれないのです。

”You are popular, so perfect
話を聞くから
And you are trying really hard, anytime
そんなこと分かってる”

君は人気で、完璧だそうです。

And you are trying really hard, anytime君はとても頑張っているという意味です。

君のことはとても認めているようです。

頑張っていて、人気者で完璧なのです。

でも、悩んでいるようです。

”Maybe I know, it’s only natural but, I waited
and nothing change at all
期待をしてみてもきっと… uh
You know I don’t regret any of it, so I don’t deserve like you
分かってると思うけど”

Maybe I know, it’s only natural but, I waited and nothing change at allは恋することは自然なことだと知っている、けれど待ってても意味がないという意味です。

僕は全然自信がないようです。

You know I don’t regret any of it, so I don’t deserve like youは

全く後悔していない、僕には君を好きになる資格なんてないからという意味です。

僕は君を諦めなければならないようです。

君を好きになる資格などないのだからと言っています。

彼はなぜ、そんなに自信がないのでしょうか。

”君はきまって僕に言うんだ
You know, maybe I’m wrong, I feel like you’re jealous
僕は言葉遮る様に
Don’t mind at all
そう返すんだ
Ain’t the only one”

You know, maybe I’m wrong, I feel like you’re jealousとは私が悪いは君は嫉妬してるみたいという意味です。

君と僕は結構親しい関係のようです。

僕が君と距離を取っているように思います。

この歌はどういう意味なのでしょうか。

君が完璧すぎて、なかなか自信を持てない男の歌かもしれません。

タイトルのNot For Meは僕向けではないという意味です。

君がとても素敵すぎて、僕は自信がないようです。

でもこの歌はそういう自信のないことを、伝えたいのではないのではないかと思います。

僕は君の素晴らしさを伝えたいのではないでしょうか。

僕は君と少しは話せる関係のようです。

それに、君は結構僕を心配してくれています。

心をひらけば、一緒になれるのではないでしょうか。

そんな気がします。

PR

HIROOMI TOSAKA「Not For Me」MV考察

この歌は登坂さんが歌うことに意味があるように思います。

登坂さんのようにかっこいい男性が、自暴自棄になるほどの美しい人とはどういう人なのか、とても気になります。

登坂さんを苦しめる女性はとても魅力的な人なのではないでしょうか。

男は女に苦しめられています。

彼女を好きになることはとてもハードルが高いことなのです。

分かってはいるけれど、諦められないようです。

そういう自分を嘆いているのかもしれません。

ステージで人を勇気付けて、なんでもできるように見えるかもしれませんが、登坂さんも恋に悩んでいると想像すると、とても感慨深いものがあります。