Aimer「Black Bird」歌詞の意味(解釈)とは?

Aimer

Aimerさんの「Black Bird」は映画『累-かさね-』の主題歌です。

9月5日に発売される予定のAimerさんの「Black Bird」の歌詞を考察していきます。

Aimerさんの「Black Bird」はどのような曲なのでしょうか。

Aimer「Black Bird」歌詞

小さな頃の小さな願いは
誰のためにどんどん大きくなった
Everyone never know
重ねつづけすぎた嘘に
もう  何もわからなくなるよ

You’re a Black Bird
すぐに落ちていきそうだ
まるで一人のステージ

真っ暗闇で
声を枯らすよ I cry
きっと空の飛び方なんて
誰も教えてくれなかったよ

真っ逆さまに
海の底へ I fall
愛されるような
誰かになりたかっただけ

(公開された部分を耳コピしたものです。)

Aimer「Black Bird」歌詞の意味考察

”小さな頃の小さな願いは
誰のためにどんどん大きくなった
Everyone never know
重ねつづけすぎた嘘に
もう  何もわからなくなるよ”

何かを隠しながら生きてきたのでしょうか。

夢など叶わないと、自暴自棄になっているのかもしれません。

私に夢があることなど、誰も気づいていないといっているのでしょうか。

自分は希望を持ってはいけないといっているのかもしれません。

自分でも自分のことがわからなくなっているのではないでしょうか。

”You’re a Black Bird
すぐに落ちていきそうだ
まるで一人のステージ”

君は黒い鳥だと言っています。

誰からも嫌われるカラスのことを言っているのでしょうか。

誰にも愛されず、一人で佇むのです。

”真っ暗闇で
声を枯らすよ I cry
きっと空の飛び方なんて
誰も教えてくれなかったよ”

自分が泣いていることなど、誰も気にも留めてくれません。

誰も私に興味はないのです。

誰も希望を教えてくれないのです。

”真っ逆さまに
海の底へ I fall
愛されるような
誰かになりたかっただけ”

愛される人になりたかったと言っています。

この歌の続きが気になります。

どんなに辛いことがあっても、希望を忘れないでほしいと思います。

PR

累-かさね-

この映画は優越感と劣等感を交差させた物語です。

人は顔が醜いだけで敬遠され、美しいだけでもてはやされます。

人は見た目が重要なようです。

醜い容姿で生まれてきた人は、始めから美しいものより劣っているのでしょうか。

そういった考えを否定できない自分がいます。

果たしてそんなことは正しいのでしょうか。

世界の醜さについて考えさせられる物語です。