Mrs.GREEN APPLE「点描の唄(feat.井上苑子)」歌詞の意味(解釈)とは?

Mrs. GREEN APPLE

Mrs.GREEN APPLEの「点描の唄(feat.井上苑子)」の歌詞の意味を考察していきます。

Mrs.GREEN APPLEの「点描の唄(feat.井上苑子)」はどのような曲なのでしょうか。

Mrs.GREEN APPLE「点描の唄(feat.井上苑子)」歌詞

あなたの声でほぐれていく
忘れたくないと心が言う
思い出ばっか増えていく
ずっとそばにいたい

泣き虫でもいいかな
強がらないでいいよ
限りある恋だとしても
出会えて幸せです

いつまでも いつまでも
続いて欲しいと願っている
手を取ることはできずとも
私はあなたを好いている

あなたの夢で心安らぐ
目覚めたくないと 僕は言う
思い出ばっか増えていく
明日もそばにいたい

どこまでも どこまでも
鈍感な僕を叱ってほしい
当たり前が壊れることに気づけないくらいに
子どもだけど ちゃんと僕はあなたを好いている
私の 僕の 時間が止まればいいのに

ほらまた期待をしてしまう
グッとこらえてみるからさ
もし溢れ出したら
瞳をちゃんと見てよ
見てよ 見て
あなたの影だけ伸びていく
消えてしまわないで ずっと ずっと
この想いは変わらない

いつまでも(いつまでも)いつまでも(いつまでも)
続いてほしいと願っている
手を取ることはできずとも
過ぎていく今に抱きしめられている
私の僕の 時間が止まればいいのに
今日を噛み締めていよう
終わるな
夏よ 終わるな

(リリースされたものを耳コピしたものです。)

Mrs.GREEN APPLE「点描の唄(feat.井上苑子)」歌詞の意味考察

とても良い曲です。

泣いてしまいます。

”あなたの声でほぐれていく
忘れたくないと心が言う
思い出ばっか増えていく
ずっとそばにいたい”

あなたが心をほぐしてくれるようです。

あなたが本当に大切なのです。

あなたが必要なのです。

”泣き虫でもいいかな
強がらないでいいよ
限りある恋だとしても
出会えて幸せです”

離れ離れになることはわかっていますが、今を幸せに生きたいのかもしれません。

会えなくなるのはわかっていますが、離れたくないのです。

それほど、あなたのことを愛してしまったのではないでしょうか。

”いつまでも いつまでも
続いて欲しいと願っている
手を取ることはできずとも
私はあなたを好いている”

会えなくなったとしても、私はあなたのことを好きだと言っています。

離れ離れになっても、好きだということを伝えたいのかもしれません。

これはあなたへのメッセージなのです。

私がいなくなっても、心配しなくていいという意味かもしれません。

私がいなくなった後のあなたを心配しているのです。

”あなたの夢で心安らぐ
目覚めたくないと 僕は言う
思い出ばっか増えていく
明日もそばにいたい”

あなたの夢とはあなたと一緒にいる状況のことを、言っているのではないかと思います。

あなたのいる場所からいなくなってしまわないといけないことを、知っているからこそ出てくる言葉ではないでしょうか。

もう離れるとわかっているけれど、明日もあなたと一緒にいたいのです。

”どこまでも どこまでも
鈍感な僕を叱ってほしい
当たり前が壊れることに気づけないくらいに
子どもだけど ちゃんと僕はあなたを好いている
私の 僕の 時間が止まればいいのに”

今はあなたと離れることに気づいていないくらい、鈍感になりたいのではないでしょうか。

将来のことをわからないくらいが幸せだと思えるのかもしれません。

あなたにきちんと想いを伝えられていないかもしれませんが、僕はきちんとあなたを愛しているのです。

それが伝わって欲しいのではないでしょうか。

もう何度も思ったのかもしれません。

時間が止まってくれればいいのにと。

離れ離れになるとわかっていなくても、片想いの人はいつも思っているのではないでしょうか。

次会えるかわからない状況の人は他にもたくさんいるのです。

”ほらまた期待をしてしまう
グッとこらえてみるからさ
もし溢れ出したら
瞳をちゃんと見てよ
見てよ 見て
あなたの影だけ伸びていく
消えてしまわないで ずっと ずっと
この想いは変わらない”

ずっと僕のことを見ていてほしいと言っている気がします。

ずっとあなたを見ていたいのかもしれません。

それなのに、あなたの影だけが伸びていきます。

あなたの影だけ離れていくのです。

遠くへ遠くへ伸びていくのです。

それでもあなたのことを愛していると言っています。

この想いは変わらないと伝えたいのです。

あなたがいなくなっても、私の心はずっと一緒なのです。

”いつまでも(いつまでも)いつまでも(いつまでも)
続いてほしいと願っている
手を取ることはできずとも
過ぎていく今に抱きしめられている
私の僕の 時間が止まればいいのに
今日を噛み締めていよう
終わるな
夏よ 終わるな”

続くことがないとわかっているからこそ、続いてほしいと願っているのかもしれません。

「過ぎていく今に抱きしめられている」という歌詞はとても素晴らしい歌詞だと思います。

今に抱きしめられています。

その今は過ぎていくのです。

流れていく今に抱きしめられていると言っています。

今はまだ幸せなのです。

でもその幸せも過ぎていくと言っているのです。

だからこそ止まってほしいと言っているのです。

だからこそ、今この瞬間を噛み締めているのです。

今が止まればいいのにと思ったことがあります。

ああ、今は本当に幸せだな。

この瞬間が止まればいいのにと。

大好きなアーティストのライブを見ている時でしょうか。

大好きな人と念願のデートができた時でしょうか。

そんな幸せな瞬間を思いださせてくれる歌詞です。

しかしそんな瞬間は後から考えれば、すぐに過ぎ去ってしまうのです。

今もしかしたらこんな恋をしている人が本当にいるかもしれません。

時間が止まって欲しいと思っている人がいるかもしれません。

もしももう会うことがなかったとしても、それはいい経験ではないでしょうか。

そしてこんなに好きなのであれば、 また会いにいくということもあるのではないでしょうか。

お金を貯めて、また会いにいけばいいのです。

二人が一緒にいれる可能性はいくらでもあります。

PR

タイトルの意味

点描(てんびょう)の唄とはどういう意味でしょうか。

点描とは絵画などにおいて線ではなく点の集合や非常に短いタッチで表現する技法だそうです。

点描とはその一点一点で、絵を描いていきます。

一点一点が絵になるのです。

一点一点に集中する必要があるのではないでしょうか。

一点一点が大きな意味のあるものになります。

その一瞬一瞬を大事にしなければならないということを、伝えているように思います。

この歌は離れ離れになるとわかっている二人の想いを描いています。

たとえ離れ離れになるとわかっていても、その一瞬一瞬を生きるのです。

未来ではなく、一瞬を大切に生きるのです。

そうすれば、もしも離れた時も、きちんと今を生きられるのではないでしょうか。

今に集中して生きることが、未来を豊かにしてくれるのだと思います。