菅田将暉「ロングホープ・フィリア」歌詞の意味(解釈)とは?

アニメ

菅田将暉さんの「ロングホープ・フィリア」の歌詞の意味を考察していきます。

菅田将暉さんの「ロングホープ・フィリア」はどのような曲なのでしょうか。

菅田将暉「ロングホープ・フィリア」歌詞

歩くほどに靴底が汚れてく そんな風に
僕らの魂も磨り減れば 影ってしまうよ
そんな時に思い出して 君が諦められない理由を
救ったはずが救われたっけ 握ったつもりが握られた手

遍く(あまねく)旅路に光あれ 強さや弱さでは語れないぜ
立ち向かうその一歩ずつが 君の勇敢さの勝利だった
叫ぶ為に息を吸うように 高く飛ぶ為に助走があって
笑う為に僕らは泣いた それを敗北とは言わない
ロングホープ・フィリア

時を経ては変わってく 街並みも友達も
大抵は離れて分かる 寄る辺(よるべ)なさは瞭然(りょうぜん)たる感傷(かんしょう)
ましてや自分 僕は僕を離れられぬやましさを背負って
だから友よ見届けてくれ 変わったのじゃなく変えたのだ

遍く挫折に光あれ 成功、失敗に意味はないぜ
最終話で笑った奴へ トロフィーとしてのハッピーエンド
願わなきゃ傷つかなかった 望まなきゃ失望もしなかった
それでも手を伸ばすからこその その傷跡を称え給え(たまえ)
ロングホープ・フィリア

諦めて疑って塞いで 期待外れって言われたっけ
でも失くしたことが武器になった それがどん底に咲いた花
遠き友よ 今ではもう蒼い星座 少なからず僕ら生きてる
荷物ならばそれで充分だ

遍く命に光あれ 生きる為に理由はいらないぜ
うなだれても踏み留まった そこをスタートラインと呼ぶんだ
今日の君が笑ったことで 敗北も無駄にはならなかった
故に咲くどん底の花 友よ、末永い希望を
ロングホープ・フィリア

菅田将暉「ロングホープ・フィリア」歌詞の意味考察

”歩くほどに靴底が汚れてく そんな風に
僕らの魂も磨り減れば 影ってしまうよ
そんな時に思い出して 君が諦められない理由を
救ったはずが救われたっけ 握ったつもりが握られた手”

辛いことがあっても、誰かと共に歩んでいれば、切り抜けられるのかもしれません。

辛いことがあり、諦めそうになった時は、自分がなぜそれをしているのか、思い出せば良いのです。

”遍く(あまねく)旅路に光あれ 強さや弱さでは語れないぜ
立ち向かうその一歩ずつが 君の勇敢さの勝利だった
叫ぶ為に息を吸うように 高く飛ぶ為に助走があって
笑う為に僕らは泣いた それを敗北とは言わない
ロングホープ・フィリア”

遍くとは広く一般にという意味です。

夢に挑み続けることがまさに成功なのかもしれません。

諦めずに追い求めている時点ですでに成功しているのです。

何があっても歩み続けさえすれば、それ自体が成功だと言っている気がします。

フィリアとはギリシャ語で愛という意味だそうです。

希望を持ち続けることが成功につながります。

今成功している人も必ず下積みを積んでいるのです。

すぐに結果が出なくとも、歩き続ければ良いのです。

成功するまで歩き続けるのです。

それが長く続く希望への愛なのかもしれません。

”時を経ては変わってく 街並みも友達も
大抵は離れて分かる 寄る辺(よるべ)なさは瞭然(りょうぜん)たる感傷(かんしょう)
ましてや自分 僕は僕を離れられぬやましさを背負って
だから友よ見届けてくれ 変わったのじゃなく変えたのだ”

寄る辺なさとは頼りにできる類縁の者がいないことをさします。

瞭然たるとは、はっきりしていて疑いのないさまのことです。

感傷とは心をいためることです。

やましさとは良心がとがめることです。

時が経ち友達と離れ離れになると、寂しくなり変わってしまうのかもしれません。

その変化は自分でも落ち着きませんが、今は仕方がないのです。

”遍く挫折に光あれ 成功、失敗に意味はないぜ
最終話で笑った奴へ トロフィーとしてのハッピーエンド
願わなきゃ傷つかなかった 望まなきゃ失望もしなかった
それでも手を伸ばすからこその その傷跡を称え給え(たまえ)
ロングホープ・フィリア”

成功や失敗には意味はないと言っています。

大事なことはそれに至るまでの経緯なのかもしれません。

成功するために何をしてきたか、どうして失敗したのかが重要なのです。

成功など意味はない。

つまり成功を目指して頑張っている今が一番重要だということかもしれません。

夢を負わなければ、挫折さえ味わえません。

傷つくことは素晴らしいことなのかもしれません。

何かを目指して頑張っているのですから。

”諦めて疑って塞いで 期待外れって言われたっけ
でも失くしたことが武器になった それがどん底に咲いた花
遠き友よ 今ではもう蒼い星座 少なからず僕ら生きてる
荷物ならばそれで充分だ”

自分の実力のなさに打ちひしがれて、落ち込んでしまうこともあるかもしれません。

人生のどん底を味わうから見えるものがあります。

辛いことが自分の糧になるのです。

そんな時自分を癒してくれるのが友情なのではないでしょうか。

”遍く命に光あれ 生きる為に理由はいらないぜ
うなだれても踏み留まった そこをスタートラインと呼ぶんだ
今日の君が笑ったことで 敗北も無駄にはならなかった
故に咲くどん底の花 友よ、末永い希望を
ロングホープ・フィリア”

うなだれるとは失望や悲しさ・恥ずかしさなどのために、うつむくことです。

悲しみや苦しみは新たなスタートを呼びます。

マイナスの感情はあなたの希望への近道なのです。

辛いことがあれば、その先に必ず希望があります。

希望を手にした時、あなたは笑うことができるのです。

何が起きても、挑み続けるのです。

そうすれば必ず成功が見えてきます。

PR

僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄~

菅田将暉さんの「ロングホープ・フィリア」は、映画『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄~』の主題歌です。

映画『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄~』には、世界中の科学者たちの英智が集まった島のセキュリティを押しのけて、ハッキングした敵(ヴィラン)に立ち向かうデクたちの活躍が描かれています。