『グッド・ドクター』主題歌androp「Hikari」歌詞の意味(解釈)とは?

ドラマ

山崎賢人さん主演のドラマ『グッド・ドクター』の主題歌はandropの「hikari」です。

andropの「hikari」はどのような曲なのでしょうか。

androp「Hikari」歌詞

作詞 Takahito Uchisawa
作曲 Takahito Uchisawa

365日をあなたと過ごせたら
思い通りにいかない日があっても
それすら「幸せ」と呼びたい

暗闇に慣れてしまわないで
悲しみにもう怯えないで
長い夜を越えて
散らばった涙を集めて

光に変えてゆくよ どんな暗闇も
夢見た未来が途切れないように
生まれる明日が眩しく光るよ
そこから僕が連れてゆく

あなたの歩幅に合わせて2人歩くだけで
愛おしさが溢れるよ
伸ばした手にあなたの温もり

流れ星 駆け出すペガサス
朝焼け 透明な空気
まわる時を越えて
重なったあなたとの毎日が
鮮やかに染まる

光の中で輝く七色の希望は
あなたが僕に教えてくれた
絶望の底に飲み込まれそうなら
いつだってあなたを連れてゆく

始まりと終わりが在る場所で
やっと巡り会えた
選んで 選ばれて あなたといる
一人じゃない

光に変えてゆくよ どんな暗闇も
夢見た未来が途切れないように
生まれる明日が眩しく光るよ
そこから僕が連れてゆく
いつだってあなたを連れてゆく

androp「Hikari」歌詞の意味考察

”365日をあなたと過ごせたら
思い通りにいかない日があっても
それすら「幸せ」と呼びたい”

愛する人と一緒であれば、辛いことも幸せになるかもしれないと言っているのではないでしょうか。

好きな人と一緒であれば、困難も乗り越えていける気がします。

”暗闇に慣れてしまわないで
悲しみにもう怯えないで
長い夜を越えて
散らばった涙を集めて”

辛いことがたくさんあるかもしれませんが、それに無抵抗ではいけないと言っているのではないでしょうか。

辛いことがあったとしても、立ち向かうのです。

たとえどんなに長い間辛いことが続いたとしても、悲しみをかき集めれば、辛さも吹き飛ばせるかもしれません。

”光に変えてゆくよ どんな暗闇も
夢見た未来が途切れないように
生まれる明日が眩しく光るよ
そこから僕が連れてゆく”

辛い日が続いているからといって、希望を忘れてはいけません。

自分の目標を見失ってはいけないのです。

どんなに辛いことがあっても、一緒に歩んでくれる人がいるのであれば、その未来は輝くと言っているのではないでしょうか。

そしてもしも周りにいる人が辛い目に遭っているのであれば、一緒に乗り越えてあげることが幸せに繋がるとも言っている気がします。

たとえどんなに辛いことがあっても、周りの人と一緒に取り組めば怖いものではないのです。

”あなたの歩幅に合わせて2人歩くだけで
愛おしさが溢れるよ
伸ばした手にあなたの温もり”

辛いことがあったとしても、誰かと一緒なら大丈夫だと言っている気がします。

あなたの温もりで相手を温めてあげればいいのです。

”流れ星 駆け出すペガサス
朝焼け 透明な空気
まわる時を越えて
重なったあなたとの毎日が
鮮やかに染まる”

空には燦然と輝く星たちがあります。

日の出だって毎日見れるのです。

綺麗な空気も吸うことができます。

そして愛する人がそこにいるのです。

辛いことがあっても、それが変わることはありません。

”光の中で輝く七色の希望は
あなたが僕に教えてくれた
絶望の底に飲み込まれそうなら
いつだってあなたを連れてゆく”

あなたが僕を救ってくれたから、僕もあなたを救うのです。

支えれ合えばいいのです。

辛いことがあれば、お互いを支えあえばいいのです。

そうすれば、辛いことも消えていくかもしれません。

”始まりと終わりが在る場所で
やっと巡り会えた
選んで 選ばれて あなたといる
一人じゃない”

何かが終わりまた始まる世界で、あなたとの関係は永遠なのかもしれません。

あなたがいるだけで、僕は一人ではないと思えるのです。

そう思えることがどんなに僕の支えになっているのでしょうか。

”光に変えてゆくよ どんな暗闇も
夢見た未来が途切れないように
生まれる明日が眩しく光るよ
そこから僕が連れてゆく
いつだってあなたを連れてゆく”

どんな辛いことがあっても、諦めてはいけません。

必ず光を導くことができます。

愛する人と共に目指すのです。

明日は誰にでも用意されているのですから。

見失ってはいけません。

希望の光を。

PR

グッド・ドクター

山崎賢人さんが主演を務めるドラマ『グッド・ドクター』はサバン症候群で、一度見たものは全て覚えてしまう自閉症の青年が子どもの命を懸命に救おうとする医療ドラマです。

山崎賢人さん演じる新堂 湊さんは人と違うことから、健常者に煙たがられます。

医学部を首席で卒業した湊さんは、一流医師にも引けをとらない実力を有していますが、危なっかしいという理由からいじめられます。

どんなに無下にされても、折れない心で子どもを救おうとする湊さんの活躍に涙します。