『グッド・ドクター』主題歌androp「Hikari」歌詞の意味(解釈)とは?

山崎賢人さん主演のドラマ『グッド・ドクター』の主題歌はandropの「hikari」です。


andropの「hikari」はどのような曲なのでしょうか。

androp「Hikari」歌詞

365日をあなたと過ごせたら
思い通りに行かない日があっても
それすら幸せと呼びたい

暗闇に慣れてしまわないで
悲しみにもおびえないで
長い夜を越えて
散らばった涙を集めて

光に変えてゆくよ どんな暗闇も
夢見た未来が途切れないように
生まれる明日がまぶしく光るよ
外から僕が連れて行く
いつだってあなたを連れていく

androp「Hikari」歌詞の意味考察

”365日をあなたと過ごせたら
思い通りに行かない日があっても
それすら幸せと呼びたい”

愛する人と一緒であれば、辛いことも幸せになるかもしれないと言っているのではないでしょうか。

好きな人と一緒であれば、困難も乗り越えていける気がします。

”暗闇に慣れてしまわないで
悲しみにもおびえないで
長い夜を越えて
散らばった涙を集めて”

辛いことがたくさんあるかもしれませんが、それに無抵抗ではいけないと言っているのではないでしょうか。

辛いことがあったとしても、立ち向かうのです。

たとえどんなに長い間辛いことが続いたとしても、悲しみをかき集めれば、辛さも吹き飛ばせるかもしれません。

”光に変えてゆくよ どんな暗闇も
夢見た未来が途切れないように
生まれる明日がまぶしく光るよ
外から僕が連れて行く
いつだってあなたを連れていく”

辛い日が続いているからといって、希望を忘れてはいけません。

自分の目標を見失ってはいけないのです。

どんなに辛いことがあっても、一緒に歩んでくれる人がいるのであれば、その未来は輝くと言っているのではないでしょうか。

そしてもしも周りにいる人が辛い目に遭っているのであれば、一緒に乗り越えてあげることが幸せに繋がるとも言っている気がします。

たとえどんなに辛いことがあっても、周りの人と一緒に取り組めば怖いものではないのです。

PR

グッド・ドクター

山崎賢人さんが主演を務めるドラマ『グッド・ドクター』はサバン症候群で、一度見たものは全て覚えてしまう自閉症の青年が子どもの命を懸命に救おうとする医療ドラマです。

山崎賢人さん演じる新堂 湊さんは人と違うことから、健常者に煙たがられます。

医学部を首席で卒業した湊さんは、一流医師にも引けをとらない実力を有していますが、危なっかしいという理由からいじめられます。

どんなに無下にされても、折れない心で子どもを救おうとする湊さんの活躍に涙します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です