BUMP OF CHICKEN「望遠マーチ」歌詞の意味(解釈)とは?

BUMP OF CHICKEN

BUMP OF CHICKENの「望遠マーチ」はスマホアプリ『妖怪ウォッチ ワールド』のCMで使用されています。

BUMP OF CHICKENの「望遠マーチ」はどのような曲なのでしょうか。

BUMP OF CHICKEN「望遠マーチ」歌詞

作詞・作曲:藤原基央

何を言おうとしたの その目の奥に何を隠したの
秒針はそこを示して止まってる
乾いた喉が震えて 聴こえない言葉を呟いてる
皆集まって全員ひとりぼっち

足音の隙間 何か落ちる音
聴こえた耳に触れた指先が熱い

いこうよ いこうよ
嵐の中をその羽根で飛んできたんだ
いこう いこうよ

嘘と本当に囲まれ
逃げ出す事もままならないまま
秒針にそこを指されて止まっている

失うものはないとか
かっこいい事言えたらいいよな
本気で迷って 必死にヘラヘラしている
夜を凌げば 太陽は昇るよ
そうしたら必ず また夜になるけど

希望 絶望
どれだけ待ったって
誰も迎えにこないじゃない
いこう いこうよ

心はいつだって 止まれないで歌ってる
死んだような今日だって死ねないで叫んでる

与えられた居場所が 苦しかったら
そんなの疑ったって かまわないんだ
体は信じているよ 君の全部を
叫びたい言葉が輝いている

いこうよ いこうよ
その声頼りに探すから
見つけて欲しい
いこう いこう
絶望 希望
羽根は折れないぜ
もともとついていないぜ
いこう いこうよ

心はいつだって止まれないで歌ってる
繰り返す今日だって 今日だって叫んでる
嵐の中をその羽根で飛んできたんだ
いこう いこうよ
いこうよ

BUMP OF CHICKEN「望遠マーチ」歌詞の意味考察

”何を言おうとしたの その目の奥に何を隠したの
秒針はそこを示して止まってる
乾いた喉が震えて 聴こえない言葉を呟いてる
皆集まって全員ひとりぼっち”

本当のことを言わない人を、もったいないと言っているのではないでしょうか。

本心を言えない人が多いと言っている気がします。

友達と集まって、孤独を消そうとするけれど、結局本心を言えないから、一人と一緒じゃないかと言っているのです。

それで何が起きるのでしょうか。

”足音の隙間 何か落ちる音
聴こえた耳に触れた指先が熱い”

皆本心を言えないけれど、何かが起きることを求めているのかもしれません。

ワクワクすることを求めているのです。

”いこうよ いこうよ
嵐の中をその羽根で飛んできたんだ
いこう いこうよ”

本当にやりたいことなら、なりふり構わず走り出すのではないかと言っている気がします。

本当にやらなければならないことを見つけたら、皆走り出すのです。

本気で生きられない人は、自分のやりたいことを見つけられていないだけではないでしょうか。

本当は皆一生懸命になれる日を探しているのです。

本当は生きて生きて生きたいのです。

”嘘と本当に囲まれ
逃げ出す事もままならないまま
秒針にそこを指されて止まっている”

時にどうしたらいいかわからない時があります。

何を信じたらいいかわからないのです。

嘘が存在するため、判断を鈍らせるのです。

”失うものはないとか
かっこいい事言えたらいいよな
本気で迷って 必死にヘラヘラしている
夜を凌げば 太陽は昇るよ
そうしたら必ず また夜になるけど”

世界がぐるぐる回っていると言っている気がします。

解けない難題は解けずに過ぎていくのです。

人生で成功する人になりたいけれど、そんな人にはいつまで経ってもなれないと焦っているのかもしれません。

”希望 絶望
どれだけ待ったって
誰も迎えにこないじゃない
いこう いこうよ”

たとえどんなに苦しんでも助けにきてくれる人はいません。

自分でなんとかするしかないのです。

”心はいつだって 止まれないで歌ってる
死んだような今日だって死ねないで叫んでる”

逃げても逃げても、同じことが起きるのです。

それなら逃げずに立ち向かうべきではないでしょうか。

”与えられた居場所が 苦しかったら
そんなの疑ったって かまわないんだ
体は信じているよ 君の全部を
叫びたい言葉が輝いている”

自分が行きたい場所へ行くのです。

自分がやりたいことをやるべきなのです。

”行こう 行こうよ
その声頼りに探すから
見つけて欲しい
行こう 行こうよ
絶望 希望
羽根は折れないぜ
もともとついていないぜ
行こう 行こうよ”

君に何か夢中になれるものができたら、すぐに輝き出すと言っている気がします。

打ち込めるものができたら、君はすぐに生まれ変わるのです。

一つでも夢中になれるものができたら、あとはがむしゃらに走るだけです。

羽根などついていないから、走るしかないのです。

真正面から現実に向けて走っていくのです。

”心はいつだって止まれないで歌ってる
繰り返す今日だって 今日だって叫んでる
嵐の中をその羽根で飛んできたんだ
行こう行こうよ”

君の本当の声を聞けばいいのです。

あなたは本当はどう生きたいのでしょうか。

一番楽しかった時はどんな時でしょうか。

そんな瞬間がもう一度現れたら、いつもと同じようにしていられるでしょうか。

夢中になれるものを探すのです。

そして見つけたら、走り続ければいいのです。

PR

BUMP OF CHICKEN「望遠マーチ」ジャケ写

MV考察

今日のときめき、昨日の高ぶり
幼き日の気持ち

かけがえのない想い

大切にしたい、心の記憶を大人になっても忘れないでほしい。

そういう想いが伝わってきます。

妖怪ウォッチ ワールド

『妖怪ウォッチ ワールド』は全国に散らばった妖怪たちを探して友達になるスマホアプリです。

ともだちになった妖怪たちと新しい妖怪とバトルするのです。

ポケモンGOの妖怪ウォッチ版のようなアプリです。

妖怪ウォッチ ワールドPV考察

つまらない日常かもしれませんが、どこかに変化があればその日常は変わり始めます。

このアプリはダウンロードした瞬間から、つまらない日常に変化を与えてくれるかもしれません。

妖怪たちがあなたの街に現れ始めるのです。

そんなありもしないことが現実になります。

失恋した傷も妖怪たちに会えば一気にどうでもよくなるかもしれません。

そうゲームがあなたの人生を変えるのです。

寂しさだって解放してくれるかもしれません。

妖怪ウォッチはいつでもあなたの味方なのです。

そうゲームが新たな出会いを生むかもしれないのです。