MISIA「アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)」歌詞の意味ってみゆきちゃんの気持ち?

GReeeeN

MISIAさんの「アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)」はドラマ『義母と娘のブルース』の主題歌です。

MISIAさんの「アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)」の歌詞の意味を考察していきます。

MISIAさんの「アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)」はどのような曲なのでしょうか。

MISIA「アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)」歌詞

作詞:GReeeeN
作曲:GReeeeN

あのね いつの間にか 気づいたんだ
愛に もし カタチがあって
それがすでに わたしの胸に はまってたなら
きっとずっと 今日よりもっと あなたのことを知るたびに
そのカタチはもう あなたじゃなきゃ きっと隙間を作ってしまうね

あのね 大好きだよ
あなたが心の中で 広がってくたび
愛が 溢れ 涙こぼれるんだ

これから沢山の 泣き笑いを 知るたびに増えていくの
飛び出たとこ へこんだとこ 二人になってく
時にぶつかり すり減って そして また 埋めあっていけばいい

大好きなあなたが
そばにいないときに ほら 胸が痛くなって
あなたのカタチ 見える 気がしたんだ

あのね 大好きだよ
何万回も 伝えよう 温かく増えた想いは
全部 アイノカタチです

ずっと ずっと 大好きだよ
あなたが心の中で 広がってくたび
愛が 溢れ 涙こぼれるんだ
星の数ほどの中 ただ一人のあなたが 心にいるんだ
あのね あのね ずっと 大好きだよ
大好きだよ ああ ありがとう

MISIA「アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)」歌詞の意味考察

”あのね いつの間にか 気づいたんだ
愛に もし カタチがあって
それがすでに わたしの胸に はまってたなら
きっとずっと 今日よりもっと あなたのことを知るたびに
そのカタチはもう あなたじゃなきゃ きっと隙間を作ってしまうね”

あなたのことを知る度に、あなたの愛が私の心の中にどんどん詰まっていくと言っているのではないでしょうか。

始めはあなたのことを全然知らなかったけれど、あなたの愛を知る度にあなたが私の胸の中に入っていくのです。

始めはお節介で嫌だと思っていたことも、私の心の中に深く刻まれていくのかもしれません。

”あのね 大好きだよ
あなたが心の中で 広がってくたび
愛が 溢れ 涙こぼれるんだ”

あなたの愛に感謝すると、私の心の中にあなたの愛が広がっていきます。

その愛が大きければ大きいほど、抑えられなくなり涙となるのではないでしょうか。

”これから沢山の 泣き笑いを 知るたびに増えていくの
飛び出たとこ へこんだとこ 二人になってく
時にぶつかり すり減って そして また 埋めあっていけばいい”

これからもどんどんあなたの愛の形が変わっていくのかもしれません。

愛の形はあなたと喧嘩をして尖ったり、仲直りして丸まったりします。

そんなことを繰り返して、二人で作ったカタチになっていくのです。

愛は誰かと共に作っていくものなのではないでしょうか。

”大好きなあなたが
そばにいないときに ほら 胸が痛くなって
あなたのカタチ 見える 気がしたんだ”

あなたがいなくなると、胸がうずき、あなたの愛が出ていってしまいそうになるのかもしれません。

穴ができたときに、それがどんなカタチだったかわかるのです。

”あのね 大好きだよ
何万回も 伝えよう 温かく増えた想いは
全部 アイノカタチです”

私もあなたの胸に愛を作りたいのかもしれません。

大好きだという思いを伝える度に、あなたの胸に愛が形作られていけばいいのです。

”ずっと ずっと 大好きだよ
あなたが心の中で 広がってくたび
愛が 溢れ 涙こぼれるんだ
星の数ほどの中 ただ一人のあなたが 心にいるんだ
あのね あのね ずっと 大好きだよ
大好きだよ ああ ありがとう”

あなたが私に関わってくれたことに、感謝しているのかもしれません。

あなたがいたから、私の中に愛がどんどん形作られていったのです。

もしも本当の愛があれば、愛は人の中に広がっていくのかもしれません。

どんなに嫌がられたとしても、その愛はどんどん形を作っていきます。

この歌は愛の可能性を説いた、とても素晴らしい歌ではないでしょうか。

なぜこんなに心が熱くなり、涙が出てくるのでしょうか。

PR

義母と娘のブルース

ドラマ『義母と娘のブルース』は一生懸命すぎる女性・岩木亜希子(綾瀬はるか)が母親になるために、ただ一生懸命、娘を愛する10年間の話です。

娘のみゆきちゃんは両親を失うことになるかもしれません。

もしかしたら、みゆきちゃんは過酷な運命をたどるかもしれません。

他人である亜希子さんは、みゆきちゃんを幸せにすることができるのでしょうか。

MISIA「アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)」MV考察

MISIAさんの「アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)」のMusic Videoが公開されました。

あなたへの愛が溢れているのかもしれません。
あなたに耳元で愛を告げたいのです。
母と子、子どもと犬、様々な心の通いがあるのです。
人は様々なものと触れ合い、愛を感じるのかもしれません。
兄弟だってそうです。
他人同士でも愛を育むことができるかもしれません。

どんな人とだって愛は育むことができるのです。
家の賑やかさは愛の象徴かもしれません。

MISIA「アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)」歌詞の意味考察(4話まで見たあと)

この歌は良一さん(竹野内豊)、亜希子さん(綾瀬はるか)、みゆきちゃん(横溝菜帆)、そして母親である愛さんの心の中を代弁した曲ではないかと思います。

”あのね いつの間にか 気づいたんだ
愛に もし カタチがあって
それがすでに わたしの胸に はまってたなら
きっとずっと 今日よりもっと あなたのことを知るたびに
そのカタチはもう あなたじゃなきゃ きっと隙間を作ってしまうね”

この私の胸とはみゆきちゃんの胸のことを言っているように思います。

みゆきちゃんの胸にはお父さん・良一さんの愛がどんどん形成されているのです。

みゆきちゃんは良一さんの愛情で生きています。

いずれ死んでしまう良一さん、あなたの愛でなければ、生きられないと思うほど、みゆきちゃんは良一さんを恋しく思っているのかもしれません。

そしてあなたじゃなきゃ隙間を作ってしまうというその隙間には、亜希子さんの愛が重なっていくのではないでしょうか。

”あのね 大好きだよ
あなたが心の中で 広がってくたび
愛が 溢れ 涙こぼれるんだ”

みゆきちゃんは、お父さんに感謝の言葉を告げているのです。

お父さんの愛は私の心の中で広がっているよと、言っているのです。

だから心配いらないよと。

あなたの愛は私の中にきちんと広がっているから、心配しないでねと、言ってくれているのです。

それは良一さんが、亜希子さんという素敵な人を残してくれたからではないでしょうか。

”これから沢山の 泣き笑いを 知るたびに増えていくの
飛び出たとこ へこんだとこ 二人になってく
時にぶつかり すり減って そして また 埋めあっていけばいい”

この凸凹の愛は亜希子さんとみゆきちゃんの愛のことを言っているのではないかと思います。

良一さんが亡くなった後、様々な困難を乗り越え、良一さんが作ってくれた愛の隙間を埋めていくのです。

”大好きなあなたが
そばにいないときに ほら 胸が痛くなって
あなたのカタチ 見える 気がしたんだ”

良一さんが亡くなった時、みゆきちゃんは本当に愛されていたということを改めてわかるのです。

良一さんの愛がどんなに大きかったか気づくのです。

亜希子さんでは物足りないとは思いますが、亜希子さんはそんな穴を埋めるべく努力してくれるのです。

他人である亜希子さんは、みゆきちゃんの幸せのために奮闘するのです。

”あのね 大好きだよ
何万回も 伝えよう 温かく増えた想いは
全部 アイノカタチです”

そんな亜希子さんの愛に感謝の気持ちを伝えているのではないでしょうか。

それと同時に、もっともっと大きくなったお父さんへの感謝の気持ちを伝えているのです。

”ずっと ずっと 大好きだよ
あなたが心の中で 広がってくたび
愛が 溢れ 涙こぼれるんだ
星の数ほどの中 ただ一人のあなたが 心にいるんだ
あのね あのね ずっと 大好きだよ
大好きだよ ああ ありがとう”

みゆきちゃんは両親を失いました。

でも誰もみゆきちゃんを愛していなかったのではありません。

両親は無くなりましたが、両親の愛はみゆきちゃんの胸の中に形作られているのではないでしょうか。

他人である亜希子さんが形となって現れているのかもしれません。

たとえ消えて亡くなったとしても、両親の愛は、みゆきちゃんの胸の中で広がっているのです。

この歌はそんな愛を必死で伝えた、とても素晴らしい歌ではないでしょうか。

MisiaとGReeeeNのコラボ

MisiaさんとGReeeeNがコラボしており、作詞・作曲もGReeeeNだそうです。

GReeeeNさんの楽曲はとても個性を持っているので、GReeeeNぽくなることが多いと思うのですが、この歌はMisiaさんの歌に仕上がっています。

タイトルの「アイノカタチ」はGReeeeNさんぽいのですが、歌詞もメロディもMisiaさんぽいのです。

Misiaさんの歌声がそうさせるのかわかりませんが、どうしてもMisiaさんの音楽に聞こえます。

それにしてもこの楽曲は久しぶりに、素晴らしい音楽だなと思いました。

Misiaさんの歌らしい、名曲が仕上がったのではないでしょうか。

Misiaさんのパワーは凄まじいです。