エルヴィス・プレスリー「ラヴ・ミー・テンダー」歌詞(和訳)の意味(解釈)とは?

ドラマ

エルヴィス・プレスリーさんの「Love Me Tender」がドラマ『高嶺の花』の主題歌になりました。


エルヴィス・プレスリーさんの「Love Me Tender」はどのような曲なのでしょうか。

エルヴィス・プレスリー「ラヴ・ミー・テンダー」歌詞

Love me tender
Love me sweet
Never let me go
You have made my life complete
And I love you so

やさしく愛して

甘く愛して

決して僕を放さないで

君は僕の人生を満たしてくれた

とても愛しているよ

 

Love me tender
Love me true
All my dreams fulfilled
For my darling I love you
And I always will

やさしく愛して

愛してほしい

僕の夢は全て叶ったんだ

ダーリン 君を愛している

いつも愛しているよ

 

Love me tender
Love me long
Take me to your heart
For it’s there that I belong
And we’ll never part

やさしく愛して

ずっと愛してほしい

君の心で受け止めてほしいんだ

僕の居場所は君の心なのだから

僕らは決して離れないよ

 

Love me tender
Love me dear
Tell me you are mine
I’ll be yours through all the years
Till the end of time

やさしく愛して

深く愛して

「あなたのものよ」と言ってくれ

僕はずっと君のものだよ

この世が終わるまで

 

Love me tender
Love me true
All my dreams fulfilled
For my darling I love you
And I always will

やさしく愛して

愛してほしい

僕の夢は全て叶ったんだ

ダーリン 君を愛している

いつも愛しているよ

エルヴィス・プレスリー「ラヴ・ミー・テンダー」歌詞の意味考察

“やさしく愛して
甘く愛して
決して僕を放さないで
君は僕の人生を満たしてくれた
とても愛しているよ”

やっと君の愛にたどり着けたのかもしれません。

もう離さないで欲しいのです。

君と一緒にいれることは、僕の最上の喜びなのかもしれません。

“やさしく愛して
愛してほしい
僕の夢は全て叶ったんだ
ダーリン 君を愛している
いつも愛しているよ”

君と結ばれることが僕の夢だったのかもしれません。

夢が叶い本当に嬉しく思っているようです。

“やさしく愛して
ずっと愛してほしい
君の心で受け止めてほしいんだ
僕の居場所は君の心なのだから
僕らは決して離れないよ”

僕の愛を君が受け止めてくれることを、とても嬉しく思っているのではないでしょうか。

ずっと愛して欲しいのです。

“やさしく愛して
深く愛して
「あなたのものよ」と言ってくれ
僕はずっと君のものだよ
この世が終わるまで”

僕は君に愛されることが本当に嬉しいのかもしれません。

君といつまでも一緒にいることを望んでいるのです。

PR

高嶺の花

ドラマ『高嶺の花』は恋愛格差を描いた怒涛の恋愛エンターテインメントです。

石原さとみさん演じる月島ももは美貌、財力、キャリア、家柄の全てを手に入れた女です。

そんなももには愛だけが足りなかったようです。

そんなももの前に現れたのは何も持っていない男。

彼とももはどのような関係になるのでしょうか。