SEKAI NO OWARI「スターライトパレード」歌詞の意味(解釈)とは?

SEKAI NO OWARI

SEKAINO OWARIの「スターライトパレード」の歌詞を考察していきます。

SEKAINO OWARIの「スターライトパレード」はどのような曲なのでしょうか。

SEKAI NO OWARI「スターライトパレード」歌詞

作詞:深瀬慧
作曲:中島真一

Welcome to the 「STARLIGHT PARADE」
星が降る眠れない夜に
もう一度連れて行ってあの世界へ

眠れない僕たちはいつも夢のなか
太陽が沈む頃僕らはまた一人だね
僕の一つの願いは綺麗な星空に
また消えていくんだ

Welcome to the 「STARLIGHT PARADE」
星が降る眠れない夜に
僕たちを連れて行ったあの世界
Please take me the 「STARLIGHT PARADE」
星が降る眠れない夜に
もう一度連れて行ってあの世界へ

時間が止まったようなあの夜も
笑ってた君はもうここにはいないんだね
聖なる夜に“world requiem”を謳うと
星に願うんだ

Welcome to the 「STARLIGHT PARADE」
星が降る眠れない夜に
僕たちを連れて行ったあの世界
Please take me the 「STARLIGHT PARADE」
星が降る眠れない夜に
もう一度連れて行ってあの世界へ

Welcome to the 「STARLIGHT PARADE」
星が降る眠れない夜に
僕たちを連れて行ったあの世界
僕たちは探していくんだ
夜空の星が射す方へ
もう君がいなくなったこの世界で

それはまるで僕たちの文明が奪った
夜空の光の様に

SEKAI NO OWARI「スターライトパレード」歌詞の意味考察

”Welcome to the 「STARLIGHT PARADE」
星が降る眠れない夜に
もう一度連れて行ってあの世界へ”

まだ星が輝いていた頃に連れていって欲しいと言っているのでしょうか。

綺麗だった空を思い出しているのかもしれません。

“眠れない僕たちはいつも夢のなか
太陽が沈む頃僕らはまた一人だね
僕の一つの願いは綺麗な星空に
また消えていくんだ”

一人の夜が寂しいのはなぜでしょうか。

寂しさを感じながら、綺麗な星空を眺めているのです。

寂しさが少しでも軽減すればいいと思いながら。

“Welcome to the 「STARLIGHT PARADE」
星が降る眠れない夜に
僕たちを連れて行ったあの世界
Please take me the 「STARLIGHT PARADE」
星が降る眠れない夜に
もう一度連れて行ってあの世界へ”

星が綺麗だった時は孤独も怖くなかったのかもしれません。

孤独な夜でも綺麗な星空が寂しさをなくしてくれたのです。

そんな満点の星空が輝く世界は、今や夢の中なのです。

“時間が止まったようなあの夜も
笑ってた君はもうここにはいないんだね
聖なる夜に“world requiem”を謳うと
星に願うんだ”

requiemは死者の霊をなぐさめるために作られた詩歌のことです。

静かな夜、死者のための夜に、願っているようです。

誰かを亡くした孤独なのかもしれません。

静寂は死者の悲しみが生み出したのでしょうか。

“Welcome to the 「STARLIGHT PARADE」
星が降る眠れない夜に
僕たちを連れて行ったあの世界
Please take me the 「STARLIGHT PARADE」
星が降る眠れない夜に
もう一度連れて行ってあの世界へ”

今は素敵な星空を思い浮かべたいのです。

綺麗な星空を心に抱きたいのです。

美しかったあの人のためにも。

“Welcome to the 「STARLIGHT PARADE」
星が降る眠れない夜に
僕たちを連れて行ったあの世界
僕たちは探していくんだ
夜空の星が射す方へ
もう君がいなくなったこの世界で”

亡くなったあなたの悲しみを拭うために、満点の星空を思い浮かべます。

星空はあなたを忘れることなく、僕の心を癒してくれるのかもしれません。

“それはまるで僕たちの文明が奪った
夜空の光の様に”

それは綺麗な星空だったのかもしれません。

星空があれば、まだ孤独を軽くできたのかもしれないのです。

星空を見れば、自分の小ささを思い出し、悩みを軽くできたのでしょうか。

僕たちの文明は悩みを軽くする光さえも奪ったのではないでしょうか。

PR

MV考察

暗闇の絶望の中に隠れた光のステージがあれば、誰かを救うかもしれません。

ひとりぼっちの君を一瞬で元気にする秘密の場所です。

幻なのか現実なのかわからないその輝きは、その時確かにあったのです。

ステージには僕が立っていました。

僕だって多くの人を感動させられていたのです。

そこに立っていたのは紛れもない僕だったのです。

隠れていないで出ていくのです。

みんなの前に立って、精一杯歌うのです。

そうすれば街がどよめき出すのですから。