Bank Band with Salyu「 MESSAGE -メッセージ- 」歌詞の意味(解釈)とは?

Bank Band with Salyuの「 MESSAGE -メッセージ- 」の歌詞を考察していきます。

Bank Band with Salyuの「 MESSAGE -メッセージ- 」はどのような曲なのでしょうか。

Bank Band with Salyu「 MESSAGE -メッセージ- 」歌詞

作詞:櫻井和寿 / いしわたり淳治
作曲:小林武史 / 蔦谷好位置

あれから少しでも
変わってこれたでしょうか
誓いは立てたけれど
そこで何かが終わってた

目の前の机には
昨日までの宿題が
白紙に近いままで
また今日が覆い重なる

夕陽に影が伸びて
1日の終わりをかたちどる
両手を広げ十字架を作る
別に意味はない

「きっと上手くいく」とか「何か意味がある」とか
スケールの大きな嘘で
ただ忙しいだけのちっぽけな
暮らしを慰めて生きてる

だからもう一度 だからこそもう一度
夢見る時代(ころ)は去ったとしても
まだ自分さえ知らないような新しい自分になりたい

教室の隅張り出された子どもの頃の夢には
職業の種類だけが並んでた
でも本当は自分をちゃんと愛せる自分になることが何よりも大事だった

誰かと比較したり 他人(ひと)の視線が気になったり
想い出だけが綺麗に見える今の私だけど

自分と違う誰かの生き方とハモれずに
心がささくれ立つ日は
この世界に生まれた意味をぼんやり考えたりもする

もしかして性別とか人種とかの「違い」は
思いがけない可能性と
想像を超えた大きな意義をそこに忍ばせたメッセージかも

泣いたり笑ったりして
出来た皺に愛を注げば
今日までどんなふうに生きてきたかあなたに記す
心の地図

「何かの暗示」だとか「別の意味がある」とか
スケールの大きな嘘を冷めた顔で馬鹿にしながら
どこかで信じて暮らしてる

だけどもう一度
だからこそもう一度
望んでなれるものじゃなくても
まだ自分さえ知らないような
「幸せだよ」と真っ直ぐ言えるような
笑顔の自分になりたい

Bank Band with Salyu「 MESSAGE -メッセージ- 」歌詞の意味考察

“あれから少しでも
変わってこれたでしょうか
誓いは立てたけれど
そこで何かが終わってた”

変わろうと思ったけれど、正直変われていない自分を嘆いているのかもしれません。

“目の前の机には
昨日までの宿題が
白紙に近いままで
また今日が覆い重なる”

ずっとやろうとしていることが全然出来ていないのです。

夢や希望を叶えられずに、今日まできたのかもしれません。

“夕陽に影が伸びて
1日の終わりをかたちどる
両手を広げ十字架を作る
別に意味はない”

何かを成し遂げたいと思うけれど、今日もできずに1日が終わってしまいます。

テレビに映るあるの人のようになりたいと思うけれど、いつまで経ってもなれずじまいなのです。

“「きっと上手くいく」とか「何か意味がある」とか
スケールの大きな嘘で
ただ忙しいだけのちっぽけな
暮らしを慰めて生きてる”

いつか私にだって夢を叶えられると自分を励ましますが、そこに確証なんてありません。

希望じみた言葉で誤魔化してはみますが、いつまで経っても今までと変わらない暮らしをしているのです。

“だからもう一度 だからこそもう一度
夢見る時代(ころ)は去ったとしても
まだ自分さえ知らないような新しい自分になりたい”

夢をすぐに叶えられないのだとしたら、その前に今の自分から変わる努力をしようと言ってくれているのではないでしょうか。

夢にたどり着くわけではなくとも、今の自分を少しずつ変えていくことだけ頑張ればいいのです。

“教室の隅張り出された子どもの頃の夢には
職業の種類だけが並んでた
でも本当は自分をちゃんと愛せる自分になることが何よりも大事だった”

何かになるという夢の前に、自分を認めてあげることが大切だと言ってくれています。

今の自分に自信を持つこと、自分は生きていていいと思えることが何よりも大切なのです。

“誰かと比較したり 他人(ひと)の視線が気になったり
想い出だけが綺麗に見える今の私だけど”

他の人と比較して、自信をなくしてしまっている自分がいるのかもしれません。

“自分と違う誰かの生き方とハモれずに
心がささくれ立つ日は
この世界に生まれた意味をぼんやり考えたりもする”

ささくれ立つとは気持ちがすさんでとげとげしくなるという意味です。

自分に自信がなく、人と共鳴することもできなくなると、孤独になり生まれた意味さえなくなったように思う時があるのです。

でもそれは今の自分に自信がないだけなのかもしれません。

“もしかして性別とか人種とかの「違い」は
思いがけない可能性と
想像を超えた大きな意義をそこに忍ばせたメッセージかも”

何かが違うということは、何かのメッセージが隠されているのかもしれません。

違うから比較したり、違うから争ったりすることを乗り越えた先には、大きな可能性と気づきが隠れているかもしれません。

違いを共鳴することで、今の何かが変わるかもしれないのです。

“泣いたり笑ったりして
出来た皺に愛を注げば
今日までどんなふうに生きてきたかあなたに記す
心の地図”

生きている意味は今までのあなたの中にあるのかもしれません。

様々な想い出の中にあなたの生きた意味があるのです。

その物語は明日の自分へとつながっているのではないでしょうか。

何かを乗り越え今日まで成長してきたのです。

そこにはたくさんの意味がありました。

“「何かの暗示」だとか「別の意味がある」とか
スケールの大きな嘘を冷めた顔で馬鹿にしながら
どこかで信じて暮らしてる”

何か悪いことが起きた時には何かが起きる予兆だとか、きっと違う意味があるんだよと根拠のない嘘を馬鹿にしながら、不安がったりもしているのです。

“だけどもう一度
だからこそもう一度
望んでなれるものじゃなくても
まだ自分さえ知らないような
「幸せだよ」と真っ直ぐ言えるような
笑顔の自分になりたい”

そんな不安などいらないから、まずは自分を認めて、笑顔になることを目指そうと言ってくれています。

幸せを目指せばいいのです。

夢を叶えられないから自信がないとか、人より劣っているから生きる意味がないなど考えてしまいます。

そんなことを考えるのではなく、自分を幸せにすることを考えるのです。

自分に自信を持てるよう励むことが大切なのです。

自信が持てるようになると、大きく前に進むことができるようになるのですから。

動画考察

丸がどんどん小さくなって消えていきます。

また丸が大きくなって消えていくのです。

人生は同じことの繰り返しなのかもしれません。

悪いことがあっても必ず良いことがやってくるのです。

別に気にすることはないのかもしれません。

それでも少しずつ前より幸せになっているのではないでしょうか。

大きな家に住めるようになったり、前には想像もできなかったことができるようになったり。

またそれが当たり前になり、代わり映えのない日々になったとしても思い返してみれば少しずつ幸せになっているのではないでしょうか。

辛いことがあったとしても、周りの人もあなたと同じことを経験しているはずです。

それでも今笑っているあの人がいるのです。

今が人生の最悪の時期だとしても、またそこから上がっていけば、幸せな時は必ずやってくるのです。

今を生きれば、必ず良いことはまたやってくるのです。

ap bank fes ‘18

「ap bank fes ’18」が6年振りに、原点回帰となる静岡県掛川市・つま恋にて7月14日(土)前日祭も含め、15日(日)・16日(月・祝)3日間開催されます。

出演アーティストは高橋優さん、絢香さんなど豪華アーティストとなっています。

詳しくは公式HPでご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です