イヤーズ&イヤーズ「If You’re Over Me」歌詞(和訳)の意味(解釈)とは?

イヤーズ&イヤーズの「If You’re Over Me」の歌詞の意味を考察していきます。

イヤーズ&イヤーズの「If You’re Over Me」はどのような曲なのでしょうか。

イヤーズ&イヤーズ「If You’re Over Me」歌詞

It’s like thunder and lightning
You hurt me without trying
A tempest, you was rising
And no I don’t like to be this way

それはまるで雷鳴と稲光のようだ

君は僕を傷つける

君は上昇していった嵐のようだ

僕はそんなふうにはなりたくない

 

And you’re Jekyll and Hydein’
Are you real or are you lying?
So stop with your crying
I can’t handle it now

君はジキルとハイドみたいだ

君は本当のことを言っているのかそれとも嘘をついているのか

泣かないでくれ

僕には何もできないよ

 

You tell everyone our love went cold
Going round, spreading the word, it’s over
If that’s how you feel then you should go
Don’t come around saying, “I still want you”

君は僕たちの愛は冷めてしまったと言った

噂は広まって終わってしまったんだ

もし君がそう感じたならそうなのだろう

「まだ君が欲しい」なんて言えないだろう

 

One minute you say we’re a team
Then you’re telling me you can’t breathe
Well you should set me free
Baby, if you’re over me

君は僕たちはチームだと言った

そのあとに君は呼吸ができないって言うんだ

もう僕を自由にするべきだよ

僕たちの関係が終わったなら

 

Yesterday you said I’m the one
But now you say you’re done
Stop telling me what I need
Baby, if you’re over me

昨日君は特別だって言った

だけど今はもう終わりだって言う

僕に何かが足りないなんて言わないで

もし僕たちの関係が終わったなら

 

There you go, there, I said it
Don’t look at me all offended
You played games and it ended
I’ve got to look out for me

そうだよ 僕が言ったじゃないか

こっちを見ないでくれ 腹が立っているんだ

君はゲームをしていたけどもう終わらせたんだ

僕は自分に気を配らないといけなかったんだ

 

I won’t say that it’s easy
Oh, I know I hate leaving
But you can’t keep deceiving
Does it make you feel good?

簡単だなんて言えないよ

ここで去るのは歯がゆいよ

だけど君は騙せないんだ

君もよく思わないだろう

 

You tell everyone our love went cold
Going round, spreading the word, it’s over
If that’s how you feel then you should go
Don’t come around saying, “I still want you”

君はみんなに言う 僕たちの愛は冷めてしまったって

それは瞬時に広まって 終わってしまったんだ

もし君がそう感じたなら そうしないといけないよ

もう後戻りはできないよ

 

One minute you say we’re a team
Then you’re telling me you can’t breathe
Well you should set me free
Baby, if you’re over me

君は僕たちはチームだと言った

そのあとに君は呼吸ができないって言うんだ

もう僕を自由にするべきだよ

僕たちの関係が終わったなら

 

Yesterday you said I’m the one
But now you say you’re done
Stop telling me what I need
Baby, if you’re over me

昨日君は特別だって言った

だけど今はもう終わりだって言う

僕に何かが足りないなんて言わないで

もし僕たちの関係が終わったなら

 

If you’re over me
If you’re over me
Stop telling me what I need
Baby, if you’re over me

もし僕たちの関係が終わったなら

僕に何かが足りないなんて言わないで

 

How long can a love remain?
Time never could heal this pain
I thought I believed in fate
Oh, it’s so cruel
No, nothing for us would change
Same story, the same mistake
This heart just wants to break

愛はどのくらい残っているんだ?

時間は癒してくれないよ

運命を信じていた

とても残酷だね

僕たちを変えることはできない

同じことを繰り返すだろう

そうなったらまた傷つくだろう

 

One minute you say we’re a team
Then you’re telling me you can’t breathe
Well you should set me free
Baby, if you’re over me

君は僕たちはチームだと言った

そのあとに君は呼吸ができないって言うんだ

もう僕を自由にするべきだよ

僕たちの関係が終わったなら

 

Yesterday you said I’m the one
But now you say you’re done
Stop telling me what I need
Baby, if you’re over me

昨日君は特別だって言った

だけど今はもう終わりだって言う

僕に何かが足りないなんて言わないで

もし僕たちの関係が終わったなら

 

Just go if it’s over
Just go if it’s over
Just go if it’s over
Baby, if you’re over me

終わったら行こうか

終わったら行こうか

終わったら行こうか

もし僕に飽きたなら

 

Just go if it’s over
Just go if it’s over
Just go if it’s over
Baby, if you’re over me

Just go if it’s over
Just go if it’s over
Just go if it’s over
Baby, if you’re over me

イヤーズ&イヤーズ「If You’re Over Me」歌詞の意味考察

“それはまるで雷鳴と稲光のようだ
君は僕を傷つける
君は上昇していった嵐のようだ
僕はそんなふうにはなりたくない”

君は時折嵐のように怒るのかもしれません。

“君はジキルとハイドみたいだ
君は本当のことを言っているのかそれとも嘘をついているのか
泣かないでくれ
僕には何もできないよ”

君は言ってることがコロコロ変わるのです。

僕もどうしたらいいのかわからないようです。

“君は僕たちの愛は冷めてしまったと言った
噂は広まって終わってしまったんだ
もし君がそう感じたならそうなのだろう
「まだ君が欲しい」なんて言えないだろう”

君は本気ではないのに、もう僕たちの関係が冷めてしまったと言いふらしてしまうようです。

もう後には戻れなくなったのです。

君はいつも思いつきで大変なことを言ってしまうのかもしれません。

“君は僕たちはチームだと言った
そのあとに君は呼吸ができないって言うんだ
もう僕を自由にするべきだよ
僕たちの関係が終わったなら”

うまくいっていると思ったら、不機嫌になるのです。

そういうコロコロ変わることを、面倒に思っているのかもしれません。

“昨日君は特別だって言った
だけど今はもう終わりだって言う
僕に何かが足りないなんて言わないで
もし僕たちの関係が終わったなら”

関係が冷めたと言った日の前日には、僕を愛してくれたのです。

もう僕傷つけないで欲しいと思っています。

“そうだよ 僕が言ったじゃないか
こっちを見ないでくれ 腹が立っているんだ
君はゲームをしていたけどもう終わらせたんだ
僕は自分に気を配らないといけなかったんだ”

君は僕との関係を簡単に思っているかもしれませんが、僕は君のことを真剣に考えているのです。

君が僕を惑わすからもう、疲れてしまったのではないでしょうか。

“簡単だなんて言えないよ
ここで去るのは歯がゆいよ
だけど君は騙せないんだ
君もよく思わないだろう”

君のことにうんざりしてしまったのかもしれません。

もう本心を隠すことはできないと言っています。

“愛はどのくらい残っているんだ?
時間は癒してくれないよ
運命を信じていた
とても残酷だね
僕たちを変えることはできない
同じことを繰り返すだろう
そうなったらまた傷つくだろう”

君と一緒にいたら、互いに傷つけることになるのです。

だからもう別れた方がいいのではないかと思っているのかもしれません。

“終わったら行こうか
終わったら行こうか
終わったら行こうか
もし僕に飽きたなら”

この歌何度も別れたいと思うけれど、やっぱり好きだからなかなか離れられないのかもしれません。

大好きな人とは何度も喧嘩をするのです。

もうこんな人とは一緒にいたくないと思うのですが、なぜか一緒にいるのです。

また喧嘩になって、今度はもうないよと思いますが、まだ一緒にいるのです。

恋とはそういうものだと言っているのかもしれません。

どんなに嫌いになっても離れることができない相手が好きだということなのです。

PR

MV考察

冒頭英文:The human cabarets of palo santo are attended by androids, all hoping to experience real emotion.

Human performers can find themselves dancing the same routines for weeks…Months…years

訳:パロサントというキャバレー(夜間にダンスや音楽のショーを楽しめるレストラン)にはロボットが参列したようです。

彼らは本当の感情を体感したいと望んでいるのです。

人間のパフォーマー達は毎日ここでダンスを繰り広げるのです。

不安定な恋心を描いているのかもしれません。

好きな人の前では私の心は定まらないのです。

この歌は恋が人を狂わせることを説いているのかもしれません。

取り乱してしまうのはあなたが好きだからなのでしょう。

イヤーズ&イヤーズ

イヤーズ&イヤーズはロンドンで結成された3人組のエレクトロニカバンドです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です